ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > モンキーターン

6.96点(レビュー数:33人)

作者河合克敏

巻数30巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1996年~ / 小学館

更新時刻 2010-08-15 11:38:39

あらすじ モンキーターンとは、競艇においてボートを全速で旋回させる華麗で高度なテクニック。主人公・波多野憲ニはそのモンキーターンに衝撃を受け、競艇選手になることを決意する。実在する競艇選手の研修所・全国のレース場を舞台に同期のライバル洞口雄大や女子レーサー青島優子とともに、超激しく鬼ガンコな師匠のもと、日本一のレーサーを目指し、様々な難関を乗り越えていく。

シェア
Check

モンキーターンのレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全33 件

8点 スケフサさん

いいですね。すごくいい。

競艇というわかりにくいマイナースポーツで、ここまで読者を熱くさせる作者の技量には敬意を表する。

競艇というスポーツが危険だという事、怖さ、ヒリヒリと伝わりました。
サブキャラクター達も作品の熱さを増してくれる。
恋愛ストーリーもいいキャラを出してきてドキドキさせてくれた。

良い漫画です。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-10-25 21:06:26] [修正:2010-10-25 21:06:26] [このレビューのURL]

6点 rさん

競艇に関する記述がしっかりしています。これだけでも競艇漫画として高ポイントをさしあげたい。
そしてストーリーも高得点。
恋愛パート等日常部分が本分の競艇にも干渉し、とってつけたように描いていないというのがその理由。
ラストは首を傾げるものがあるので減点1。

同じ競艇漫画である「競艇少女」の場合はレース中に会話するシーンが主で非常にわかりやすくその代償としてリアリティーがないのに比べ、本作品の場合はレース中の描写とレース後の述懐で成り立っていてリアリティーがあり純粋に楽しめる。
どちらが良いかはお好みで。


余談だけど最近はペラの規定が変わったので作中のような技は使えなくなってしまった。漫画的には残念。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-08-28 16:55:09] [修正:2010-08-28 16:55:09] [このレビューのURL]

7点 トトさん

毎号、毎巻安定しておもしろかったのに、ラストがグダグダだったのが悲しすぎる作品。

しかし競艇というマイナージャンルを少年誌でやって、30巻も続くんだから河合先生はすごいです。

個人的には主人公やその同期よりオヤジ連中が好きでした。
特に一般戦の鬼と愛知の巨人。彼らはサイコーです。




河合先生、青島を主人公に短期集中連載でも良いので第二部を書きませんか?

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-12-17 20:58:09] [修正:2010-07-23 12:34:10] [このレビューのURL]

9点 オカシューさん

マイブームで勝手にキャッチフレーズを付けるのが流行った事があった。マンガにも読んだイメージだけで付けていく。
モンキーターンに私が付けたキャッチフレーズは。

「静かに熱い」

河合作品をよく読んでいる方なら多少は賛同してもらえるんじゃあないかと思うのだがどうだろうか。
躍動感は少し足りないかなと思う絵柄ながら熱くなる場面の遭遇率がやけに高いのだ。

実は河合マンガを読みだして日は浅い。2年経っていない。
その読書遍歴は「とめはねっ!」で興味シンシン、「帯をギュッとね!」で自分の中の好きな作家リストに登録、そして今やっとこの「モンキーターン」にたどり着いた訳である。

この作品を先延ばしにしていたのにはわけがある。競艇に興味が無かったからだ。
もちろんそれは今までに何度も繰り返してきた過ちだ。思い込みと偏見。

でも。ああ、読んで良かった。そう思える作品であった。

河合作品には女性ファンも多いと思うがこの作品は主に男性に合っている。
特に20歳以上の方に強くお薦めしたい。

その理由としては。

一、大人のバトルだ。
他作品と比べバトル色が特に強い。競艇バトルの面白さは作家河合克敏だから描けた面白さ。
この徹底的取材の上に紡がれた物語は冨樫作品とはまた違った大人の楽しめるエンターテイメントとして仕上がっている。

二、臭っ!
キャラがとても人間臭い。単純に割り切れぬ人のこころ。そして恋愛も大人の味わい。
青島さんは悲しすぎるし超脇役小林さんのお話を解する事は小中学生じゃムリ。
才能の無い人間があがいてあがいてそれでも前に進もうとする姿に感動できるのは苦渋をなめまくった大人の特権。

三、ギャンブルだもの
もーれつに競艇場に行ってみたくなる。そんな時成人なら問題なし。
舟券を買えばさらにマンガが面白くなる(?)

その他御当地競艇場が出てくるの楽しみの一つ。(我が県にもあります)
またトリビアとして競艇という題材は編集者に薦められての事らしい。自分に無縁だったテーマをこれだけ面白く描ききるのはやっぱ凄い漫画家だよこの人。

まぁ、そんなこんなで最後に一言言わせてくれよ。

競艇は水上の格闘技。

「モンキーターン」は静かに熱い!










ナイスレビュー: 4

[投稿:2010-05-09 01:46:42] [修正:2010-05-09 02:30:33] [このレビューのURL]

8点 わすれなぐささん

競艇、どうでしょう、非常におもしろい


私は競艇のことをほとんど知らなかったが、この漫画を読んで以降、テレビで競艇を見ることが楽しみの一つとなっている。競艇を知らない人が競艇を見たらあっという間に終ってしまい、順位もあまり変わらないし、トップが独走してしまいつまらない、という感想を持ってしまうことがあると思う。実際に私もそうであったから分かる。だがこの漫画を読めば競艇の駆け引きの奥深さや戦略など、競艇の楽しさが分かる!

それだけでも価値のある漫画だが、もちろんこの漫画自体もおもしろい。実際には無理であろうが、私達素人でも「この状況だったらこの作戦が有効だ」というような感じで楽しみながら読むことができる。

ワクワクしながら読める良作である。オススメ

ナイスレビュー: 3

[投稿:2010-03-29 21:19:46] [修正:2010-03-29 21:19:46] [このレビューのURL]

PR


モンキーターンと同じ作者の漫画

河合克敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る