ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > モンキーターン

6.96点(レビュー数:33人)

作者河合克敏

巻数30巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1996年~ / 小学館

更新時刻 2010-08-15 11:38:39

あらすじ モンキーターンとは、競艇においてボートを全速で旋回させる華麗で高度なテクニック。主人公・波多野憲ニはそのモンキーターンに衝撃を受け、競艇選手になることを決意する。実在する競艇選手の研修所・全国のレース場を舞台に同期のライバル洞口雄大や女子レーサー青島優子とともに、超激しく鬼ガンコな師匠のもと、日本一のレーサーを目指し、様々な難関を乗り越えていく。

シェア
Check

モンキーターンのレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全33 件

8点 居酒屋さん

まず全編とおして高いレベルで安定していた 
そして競艇をここまでわかりやすく描いたことは尊敬できる
レースシーンは図を使い、選手の駆け引きなどが分かりやすいようにしていて助けになった
知らないことばかりだったので読みごたえはかなりあった
最後まで面白かった

安定していたので人によっては面白みに欠けるように感じるかもしれない  確かに熱量は高いわけではない


完成度の高さはトップクラスだと思います

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-12-29 22:24:02] [修正:2008-12-29 22:24:02] [このレビューのURL]

5点 yokatopiaさん

[ネタバレあり]

アリサが元同級生に大枚をかけ、車を買い、ついにはスポーツカーを手に入れる話。やはり大金を手に入れるには生きのいい若手を信じて(人気が出る前に)ズドンと賭けるしかない。
好みの問題かもしれないけど、競艇自体面白くありません。
6台しかないので、オッズは低い割に、水の上なので何が起こるかわかりません。しかもほぼ1周で勝負がつくのに、2周、3周と周回を重ねても見ていて面白くないです。
ただし、この作品は少年誌ということもありオッズの話はほとんどでてきません。それでいてここまで評価されるのは作家の力でしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-12-21 21:51:36] [修正:2008-12-21 21:51:36] [このレビューのURL]

8点 かはらさん

お手本みたいに面白い。めちゃくちゃな熱さはないけれど最初から最後まで楽しめた。競艇を少年誌にもちこんでここまで盛り上げるなんて……すごいと思う。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-12-13 18:25:12] [修正:2008-12-13 18:25:12] [このレビューのURL]

9点 しまうまさん

河合克敏先生てすごい。

それしか言いようがない。

ラブコメ展開が俺にはそこまで長くとらなくても…、と言いたいだけだ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-05 14:54:52] [修正:2008-10-05 14:54:52] [このレビューのURL]

8点 鋼鉄くらげさん

もっと評価されてもいい漫画家の一人、河合克敏先生の作品です。自分は、この作品に出会うまで、全く競艇というものを知らなかったのですが、この作品を通して、競艇という競技が、どういうものであるのかを深く知る事が出来ました。

この作品を一言で言うなら、正に、職人気質の豆腐屋さんです。作品中にも、主人公の実家として、豆腐屋さんと、そこで働く一切の妥協を許さない職人気質の親父さんが出てきますが、あれは正に、河合先生の作品に対する姿勢そのものではないかと、私は考えています。

そう感じるのも、この作品が、実に丁寧に作られていると感じるからです。河合先生ほどの画力と、熱意、作品に対する愛情がなければ、レースそのものや、施設館内などで、これほど緻密で、正確な描写は生まれなかったのではないかと私は思います。

ストーリーは明瞭かつシンプルで、それほど厚みのあるものではありませんが、河合克敏という漫画家の、プロとしての仕事ぶりを見るだけでも、一見の価値はある作品だと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-05-30 21:00:31] [修正:2008-05-30 21:00:31] [このレビューのURL]

PR


モンキーターンと同じ作者の漫画

河合克敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る