ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > モンキーターン

6.96点(レビュー数:33人)

作者河合克敏

巻数30巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1996年~ / 小学館

更新時刻 2010-08-15 11:38:39

あらすじ モンキーターンとは、競艇においてボートを全速で旋回させる華麗で高度なテクニック。主人公・波多野憲ニはそのモンキーターンに衝撃を受け、競艇選手になることを決意する。実在する競艇選手の研修所・全国のレース場を舞台に同期のライバル洞口雄大や女子レーサー青島優子とともに、超激しく鬼ガンコな師匠のもと、日本一のレーサーを目指し、様々な難関を乗り越えていく。

シェア
Check

モンキーターンのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全33 件

9点 わんずさん

競艇というものに対して、よくこれだけのことを詰め込めるなあ、と関心しました
波多野がスクリューで怪我するあたりでは、リアリティがあって、漫画でこんなことを現実に起きたように進めていくあたりはうまいなあと思います
作画、心理描写、たまに入るギャグなども作者独特の雰囲気が味わえます
好き嫌いは人によってあると思いますが、最初にも書いたとおり競艇というテーマを分かりやすく、楽しめるように書く作者に敬服です

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-03-20 19:33:13] [修正:2010-03-20 19:33:13] [このレビューのURL]

8点 canさん

おお、危ない危ない。青島さんのあまりの可愛さに、危うく12点をつけるところだったぜ・・・
冷静になってみて8点。3分の1カットです。30巻のうち3分の1は青島さんの分です。10巻分が青島さんです。そう考えるとなんだか幸せな気分になれますね。

さて。

内容についてですが、絵も話も非常に丁寧で、面白いです。作者の漫画に対する真摯な姿勢には脱帽ものです。この作品は本当に、漫画の教科書にしてもいいくらいじゃないでしょうか。
綿密な取材というものがどれだけ作品の面白さに関わってくるのか、この漫画を読んで思い知りました。
作者独特の空気感も好きなので、『とめはね!』も期待しています。


それにしても青島さんは、本当に反則級に可愛いなぁ・・・

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-01-21 02:11:01] [修正:2010-01-21 02:11:01] [このレビューのURL]

3点 covさん

完全に自分に合わなかったのでしょう。
時間つぶし以外では読まないと思う。

多分、画が淡白すぎたのかな・・・
後、主人公のキャラクターが嫌いなのかな。
とりあえずピンとこない作品でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-12-19 00:05:49] [修正:2009-12-19 00:05:49] [このレビューのURL]

9点 sak4dn1さん

作者他作同様、絵・話ともに、実に丁寧に書かれているので、飽きずに読めます。
閑話も本軸からさほど離れず展開されていくので、そこまで邪魔ではありません。

30巻の長きに渡り、湖面、川面、海面を描き続けたことは、作者、アシスタント陣に敬意を表します。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-08-11 13:12:03] [修正:2009-08-11 13:12:03] [このレビューのURL]

6点 bugbugさん

競艇という珍しいものを題材にしているほかは
いたって普通のスポ根漫画なんですが
作者の持つ世界観が独特なおかげで、新鮮な空気で読めます
行間の使い方が上手いんですね。文字で説明せずに、絵で見せる努力を怠らない作品です

後半の恋愛関係は、好き嫌いが分かれるところでしょうが
私は好きです
青島さんめちゃくちゃ可愛い

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-02 16:48:00] [修正:2009-02-02 16:48:00] [このレビューのURL]

PR


モンキーターンと同じ作者の漫画

河合克敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る