ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > モンキーターン

6.96点(レビュー数:33人)

作者河合克敏

巻数30巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1996年~ / 小学館

更新時刻 2010-08-15 11:38:39

あらすじ モンキーターンとは、競艇においてボートを全速で旋回させる華麗で高度なテクニック。主人公・波多野憲ニはそのモンキーターンに衝撃を受け、競艇選手になることを決意する。実在する競艇選手の研修所・全国のレース場を舞台に同期のライバル洞口雄大や女子レーサー青島優子とともに、超激しく鬼ガンコな師匠のもと、日本一のレーサーを目指し、様々な難関を乗り越えていく。

シェア
Check

モンキーターンのレビュー

点数別:
31件~ 33件を表示/全33 件

6点 maroonさん

↓の方にすごく同意
何故染めるのか。何故染めるとつまらなく感じるのか。

まぁそれはそうと中々面白かったです。
自分では集めてませんでしたけど読ませてもらいました。
他の競艇漫画は知りませんが安定した面白さだったと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-01-08 18:11:48] [修正:2007-01-08 18:11:48] [このレビューのURL]

6点 ムキッキーさん

[ネタバレあり]

実は毎週、結構楽しみに読んでいた漫画。
少年誌で、しかもサンデーで競艇漫画。
サンデー連載のスポーツ漫画、なぜか野球ものが多すぎです。
おかげで野球ものに食傷気味だったのですが、そこに競艇という
まったく少年達には未知のジャンルをもってきたのは凄いと思う。
それで30巻も続いているからこりゃまた凄いです。

人間関係もドライで、読みやすいなと思っていたですが
最後あたりの中途半端なラブコメはすさまじかったなと。

澄ちゃんが途中で黒髪から茶髪になったのがいかんかった。
なんでなぎさ(Me公認のヒロイン)といい、途中で髪染めるんですか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-08-09 18:02:39] [修正:2006-08-09 18:02:39] [このレビューのURL]

7点 鹿太郎さん

少年誌では極まれな競艇漫画。

『帯ギュ』の頃からそうでしたが、よく取材されているのが伝わってきて好感が持てます。競艇という自分にはあまり縁のない世界での話だったのにもかかわらず、細かく丁寧に描写されているのですんなりと物語に入っていけました。
新しい知識もたっぷり補完できましたし。
キャラクターも魅力的で、特に青島のカワイさったら無いです。

残念なのはキャラクターの配置が『帯ギュ』と割と近かったところ。
全く新しいパターンも観てみたかったな。

ラストが多少駆け足になったかと思いますが、物語の落としどころとしては悪くなかったかなと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-07-21 00:26:45] [修正:2006-07-21 00:26:45] [このレビューのURL]


1234567
次の10件>>

モンキーターンと同じ作者の漫画

河合克敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る