ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > モンキーターン

6.96点(レビュー数:33人)

作者河合克敏

巻数30巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1996年~ / 小学館

更新時刻 2010-08-15 11:38:39

あらすじ モンキーターンとは、競艇においてボートを全速で旋回させる華麗で高度なテクニック。主人公・波多野憲ニはそのモンキーターンに衝撃を受け、競艇選手になることを決意する。実在する競艇選手の研修所・全国のレース場を舞台に同期のライバル洞口雄大や女子レーサー青島優子とともに、超激しく鬼ガンコな師匠のもと、日本一のレーサーを目指し、様々な難関を乗り越えていく。

シェア
Check

モンキーターンのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全33 件

5点 さみーそーささん

10巻までが
引き込まれ
20巻くらいで
完結で
よかったかな
30巻までいって
垂れたし、急に恋愛が
前面に出て
別マンガに

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-06-04 10:00:29] [修正:2014-06-04 10:00:29] [このレビューのURL]

6点 pazzoさん

競艇をやっている部分、物語の大部分はとても楽しめた。

で、恋愛部分いる?
作者お気に入りのキャラクターと主人公をくっつけようとしたんだけど、連載中に読者から抗議の手紙届きまくって軌道修正元鞘に。こんなかんじなんだろうなぁ。
って作者もそんなようなことを言ってたし。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-08-29 10:17:36] [修正:2013-08-29 10:17:36] [このレビューのURL]

7点 シドさん

競艇に対する敷居が下がって、いろいろな競艇の知識を得られた作品です。
師匠やライバルたちの個性もしっかり描写され、レース中の躍動感もよく伝わってきました。

全然興味がなかったジャンルなのに、ぐいぐいと引き込まれてしまいました。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2012-08-25 05:32:39] [修正:2012-08-25 05:32:39] [このレビューのURL]

7点 100gさん

少年誌的な主人公が困難に立ち向かっていくストーリー展開は競艇のギャンブルという面を打ち消して、イメージをかなり高めたんじゃないかなぁ?と思います。
しかし、いざリアルで競艇を見てみようとするとチンピラ?ホスト?ヤクザ?みたいな外見な選手が多くてなんとも言えなくなるんですが(笑)

競艇部分のストーリーは面白いんですけど主人公の恋愛部分がどうもねぇー
この漫画家は女のキャラクターの作り方に問題が有るんじゃないの?とちょっと思ってしまいます。
波多野のキャラの軽さと、幼馴染の恋人っていう要素で、少年誌の基本的には真面目な展開では、恋愛方面はお約束的なはずなのに、そこに出す女キャラが真面目で健気な・・・どうするのこれ・・・?って思いました。
で、やっぱりグダグダになって、うりゃぁって終わって・・最後はうーん?な展開です。
そこが残念です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-11-17 19:40:20] [修正:2011-11-17 19:40:20] [このレビューのURL]

7点 funkanimeさん

これも夢中になりました。競艇に全く興味が無かったのに、「へ〜、そうなんだ」の連続。漫画でHow to 競艇 が出来ているだけでも充分賞賛に値すると思います。
再読性は低いかもしれません。でも競艇を全く知らない方はぜひ。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2010-11-23 03:35:30] [修正:2010-11-23 03:35:30] [このレビューのURL]

PR


モンキーターンと同じ作者の漫画

河合克敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る