ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ >


7.75点(レビュー数:48人)

作者曽田正人

巻数11巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 13:42:58

あらすじ すばると和馬は双子の小学3年生。すばるの誕生日、クラスメイトの真奈たち3人が、すばるにプレゼントを持ってきた。だが、彼女たちの本当の目当てはすばるではなく双子の弟・和馬。けれども和馬は入院していて状態が良くないため、すばるは会わせるのを渋る。それでも強引に病室へ行った真奈たちが見たのは、脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、言葉すらほとんど解さなくなってしまった和馬の姿だった。そんな和馬の意識をなんとか取り戻させたいすばるは、その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた。

備考 『MOON 昴 ソリチュード スタンディング』に続く。

シェア
Check

昴のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全48 件

8点 朔太さん

天賦の才があれば、凡人には見えない生き方が見えてくるのだなあ。

これは漫画だけの虚構の世界ではなく、スポーツだけの世界(イチロー

なんか別世界を見ていると凡人でも想像している)だけでなく、

一般の天才ビジネスマンや科学者や漫画家でも実感しているのだろうな。

これを知っているのだろうか、曽田正人は?

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-07-10 09:47:08] [修正:2010-07-10 09:47:08] [このレビューのURL]

9点 harearaさん

これはもう芸術作品なんじゃないかと思える程の作品
今作も曽田さんの熱さ全開ですが、実際に踊るシーンは読んでるこっち側までも息を飲む位の迫力
バレエという日本ではマイナーなテーマながら、自分のバレエへの価値観を見事に変えてくれました
お見事!

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-05-26 00:25:27] [修正:2010-05-26 01:00:01] [このレビューのURL]

9点 はるきさん

踊っているとき以外はどうしようもなく我儘で感情的な昴が、ダンスをしている時だけ別人になる、それが読んでいてビシビシ伝わってくる。
昴が作中でダンスで周りの人を魅了し、惹きこんでいくのとまさに同じ様に、踊りの部分では昴のダンスに夢中になってしまいます。

また昴が単に練習して上達していくのではなく、自分に降りかかる様々な出来事や思いをダンスにぶつけることで成長していく、というのがより昴を魅力的にしているひとつの要因なのかな、と思いました。

それだけに続編が出ているとはいえ、ひとつの作品として中途半端に終わってしまったのが残念です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-05-06 23:56:29] [修正:2010-05-06 23:56:29] [このレビューのURL]

9点 ラリクさん

間違いなく、今までで一番面白かった漫画です。
漫画でここまで表現出来るんだ・・・とある意味感動しました。
昴が踊るシーンは、まるで自分が会場にいるかのような感覚になり、鳥肌が立ちました。

漫画に対する考え方が変わった作品です。

続くMOONも非常に面白い。
これからも期待。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-04-01 13:56:11] [修正:2010-04-01 13:56:11] [このレビューのURL]

8点 フクポルさん

<所持歴:全巻>

天才を描く天才、曽田先生ならではの作品。
すばるの性格にはちょっと引くところもあるけど、まぁそんな所が「天才」なんでしょう。

バレエに興味もないし関する知識もないのにこれだけ引き込まれるのは作者の力量。
第3部もタイトルを「MOON」に変えて再開したし、今後が楽しみです。

ただ、自分としては題材に興味と少なからず知識もある「capeta」の方が好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-02-21 13:52:50] [修正:2010-02-07 21:43:09] [このレビューのURL]

PR


昴と同じ作者の漫画

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る