ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ >


7.75点(レビュー数:48人)

作者曽田正人

巻数11巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 13:42:58

あらすじ すばると和馬は双子の小学3年生。すばるの誕生日、クラスメイトの真奈たち3人が、すばるにプレゼントを持ってきた。だが、彼女たちの本当の目当てはすばるではなく双子の弟・和馬。けれども和馬は入院していて状態が良くないため、すばるは会わせるのを渋る。それでも強引に病室へ行った真奈たちが見たのは、脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、言葉すらほとんど解さなくなってしまった和馬の姿だった。そんな和馬の意識をなんとか取り戻させたいすばるは、その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた。

備考 『MOON 昴 ソリチュード スタンディング』に続く。

シェア
Check

昴のレビュー

点数別:
26件~ 30件を表示/全48 件

8点 腹ペコKUMAさん

主人公は、

現実にいたらかなりイライラするであろう

わがままさですね。

しかし、僕はめぐみの大吾とかcapetaの勝平太

のような真直ぐさにはうんざりしてしまうのですが、

この主人公の傍若無人さは

なぜか心地いいんですよ。

バレエのことはよく知りませんが、

これから昴が

どれほどの才能を見せてくれるのか

非常にたのしみです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-11-11 08:26:21] [修正:2008-11-11 08:26:21] [このレビューのURL]

9点 カメオさん

熱、汗、狂気、そして驚喜。
バレエの漫画からそんなものを受け取るとは思ってもみなかった。
心躍るとはこのことか、と初めて確実に思い知った作品です。
天才の生きる疾走感みたいなものは実際に主人公が走る、同じ曽田先生のcapetaやシャカリキよりも強く感じました。

間違いなく胸をはってオススメできる作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-26 00:09:57] [修正:2008-10-16 14:52:38] [このレビューのURL]

8点 そうすけさん

主人公がやや自己中心的であるにもかかわらず、凄くいい漫画。
ダンスの凄さをここまで表現した漫画をほかに知らない。この作者さんは表現力という点ではもはや神業の域。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-09-10 13:44:49] [修正:2008-09-10 13:44:49] [このレビューのURL]

8点 きじろうさん

ちょっと無理やりな感じがあるところもあるが、読んでいて物語に引き込まれる。バレエの知識はほとんどないけど読んでいて鳥肌がたった。知識がないほうが楽しめるのだろうか?

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-03-29 14:34:25] [修正:2008-03-29 14:34:25] [このレビューのURL]

7点 たにやんさん

昴のキャラがイマイチよく分からないし、
脇役のキャラもイマイチ弱い気がする。

なのにここまで熱く展開出来るのは
間や表情、ここぞという時の台詞回しが秀逸な事他ならない。

この作者は安定して熱い!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-01-25 13:28:31] [修正:2008-01-25 13:28:31] [このレビューのURL]

PR


昴と同じ作者の漫画

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る