ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ >


7.75点(レビュー数:48人)

作者曽田正人

巻数11巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 13:42:58

あらすじ すばると和馬は双子の小学3年生。すばるの誕生日、クラスメイトの真奈たち3人が、すばるにプレゼントを持ってきた。だが、彼女たちの本当の目当てはすばるではなく双子の弟・和馬。けれども和馬は入院していて状態が良くないため、すばるは会わせるのを渋る。それでも強引に病室へ行った真奈たちが見たのは、脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、言葉すらほとんど解さなくなってしまった和馬の姿だった。そんな和馬の意識をなんとか取り戻させたいすばるは、その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた。

備考 『MOON 昴 ソリチュード スタンディング』に続く。

シェア
Check

昴のレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全48 件

9点 matsuさん

このマンガほど鳥肌がたったマンガは他にない。
本当にその場にいるようなような錯覚さえ感じさせる。
これほどの臨場感を感じさせるのはすごい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-04-23 20:05:17] [修正:2009-04-23 20:05:17] [このレビューのURL]

10点 fasterさん

やっぱり曽田正人はすごい。
バレエ漫画でここまで凄いものを書くことができるなんて…。
昴のその常軌を逸した天才ぶりから目が離せなくなる。
読んでいて鳥肌が立つのを覚えた。久しぶりに読み終えた後しばらく放心状態になった。
素晴らしい漫画だと実感した…。

中盤もう限界かなと思っていたが終盤はもうほんとに面白かったしまだまだこの漫画はいけると思う。

そして、この漫画をより際立たせているものは『目』だと思う。これはあくまでも個人的な意見なのだが、この漫画に時々アップされる目だけのコマにすごく魅力を感じた。
その目(特にすばるの目)は何とも言い難くその人物の心情などが流れてくるように感じた。

capeta、め組の大吾、シャカリキ…曽田作品はどれも大好きだけど中でも最も面白いと思った。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-03-30 23:47:15] [修正:2009-03-30 23:47:15] [このレビューのURL]

5点 bugbugさん

主人公や作品が持つ熱量は十分伝わってくるのですが
ダンスという題材を生かしきれていない印象を受けます

難しい題材だとは思うのですが
絵の表現でダンスの魅力を伝えることができていない
なんか踊ってるなぁという感想しか持てず
作中とのギャップを感じてしまい、いまいちのめりこめませんでした

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-01 21:37:41] [修正:2009-02-01 21:44:39] [このレビューのURL]

5点 PONYOx2さん

MOON1巻まで読んでの感想ですが・・・限界かなと思います。

主人公がやたらちやほやされる割に、次々と強力なダンサーが現れて。ああ結局誰が本当にすごいの?って感じに。

ダンスって甲乙つけがたいものだと思うんです。
キャラクター増やせば増やすほど、ダンス漫画として破綻していく気がします。

主人公が辛さを乗り切って、さあこれから世界を舞台に頑張るんだ!って感じで、8冊くらいにまとめればもっと面白かったはず。

この先どんどん評価が下がっていく気がしてなりません。残念。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-25 17:31:56] [修正:2009-01-25 17:31:56] [このレビューのURL]

7点 トトさん

ブックオフで鳥肌たてながら夢中で読んだ覚えがあります。

どこまで取材してどこまでが演出かはわかりませんが、バレーというものの真髄がここにある!

人生の一部をバレーに捧げた者たちの踊りをとくと見よ!!

尻切れトンボで終わったかと思いきや、続編スタート!!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-12-17 18:24:34] [修正:2009-01-14 14:36:19] [このレビューのURL]

PR


昴と同じ作者の漫画

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る