ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ >


7.75点(レビュー数:48人)

作者曽田正人

巻数11巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 13:42:58

あらすじ すばると和馬は双子の小学3年生。すばるの誕生日、クラスメイトの真奈たち3人が、すばるにプレゼントを持ってきた。だが、彼女たちの本当の目当てはすばるではなく双子の弟・和馬。けれども和馬は入院していて状態が良くないため、すばるは会わせるのを渋る。それでも強引に病室へ行った真奈たちが見たのは、脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、言葉すらほとんど解さなくなってしまった和馬の姿だった。そんな和馬の意識をなんとか取り戻させたいすばるは、その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた。

備考 『MOON 昴 ソリチュード スタンディング』に続く。

シェア
Check

昴のレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全48 件

8点 brobro61さん

バレリーナの世界はまったく知らなかったので、すごく新鮮でした。
作者の超人系?天才系?主人公が頂点を目指すって感じの漫画は好きですね。
とても楽しみました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-01-14 10:55:12] [修正:2008-01-14 10:55:12] [このレビューのURL]

9点 マンガずきさん

かなり良い。
天才を描かせたら曽田さんは日本一だと思う。何度鳥肌が立ったかわからない。あのまま終わって欲しくない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-12 13:41:54] [修正:2007-07-12 13:41:54] [このレビューのURL]

5点 DEIMOSさん

スピリッツ連載ということで、仕方ないかもしれないけど、作品通しての一貫性が弱い。その場その場のノリで描いてるような箇所が、相当数散見される。リアルタイムで読めてれば、もっと高得点をつけただろう。

主人公の特徴としては
・何を考えてるのかわからない
・とにかくワガママ
・夢に向かってまっしぐら
・見てる分には楽しいけど、実際には関わりたくないタイプ
・人間関係に無頓着

↑コレって、どうにも、個人的には、すっきりしない読後感。

また、この作者の漫画らしく、絵の「力」がハンパないのは言うまでもない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-12 03:29:09] [修正:2007-07-12 03:29:09] [このレビューのURL]

4点 ytさん

高評価で揃えましたが、普通の漫画でしたね。
熱い何かは感じましたが。
個人的な人生経験から意見させてもらうと、主人公の家庭の破綻があっさりすぎるのが気になった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-09 02:49:01] [修正:2007-07-09 02:49:01] [このレビューのURL]

この人の描く漫画は、どれももの凄い熱を持ってこちらに迫ってくる。
その中でも、『昴』は特に素晴らしかった。
主人公の昴の踊り、表情、台詞の全てに鳥肌の立つ事多数。
自分が読者というより、実際に目の前でその公演の観客になったような気分を味わいました。
続きが出るのかわかりませんが、復活を強く希望する作品です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-07-01 06:07:15] [修正:2007-07-01 06:07:15] [このレビューのURL]

PR


昴と同じ作者の漫画

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る