ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ >


7.75点(レビュー数:48人)

作者曽田正人

巻数11巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 13:42:58

あらすじ すばると和馬は双子の小学3年生。すばるの誕生日、クラスメイトの真奈たち3人が、すばるにプレゼントを持ってきた。だが、彼女たちの本当の目当てはすばるではなく双子の弟・和馬。けれども和馬は入院していて状態が良くないため、すばるは会わせるのを渋る。それでも強引に病室へ行った真奈たちが見たのは、脳腫瘍が原因で記憶障害を起こし、言葉すらほとんど解さなくなってしまった和馬の姿だった。そんな和馬の意識をなんとか取り戻させたいすばるは、その日の出来事を躍りで伝えようと、毎日病室で懸命に舞い踊っていた。

備考 『MOON 昴 ソリチュード スタンディング』に続く。

シェア
Check

昴のレビュー

点数別:
36件~ 40件を表示/全48 件

8点 souldriverさん

バレエという珍しい題材を扱った作品ながら、素晴らしい出来。

ただ単に主人公が天才という訳ではなく、その特異な才能の背景、生い立ちが丁寧に描かれているので説得力がある。
心理描写が上手く、様々な人物の思惑や信念がしっかり表現できている一方で、未知の世界の存在も無理なく描けている。盛り上げるところは最高に盛り上げてくれるし、見せ場への持って行き方も良い。読んでいて鳥肌を立たせられる場面が何度も。
非常に思い切った場面転換や構成の上手さも随所に感じられ、普段全く踊りなどに興味の無い僕にもバレエという世界の奥の深さが伝わってきた。

第二部へのつながりに少し無理があったり、人物像のところどころに破綻があるなど粗も見られるが、それを補って余りある魅力を放っている。第三部に期待。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-25 18:49:22] [修正:2007-06-25 18:49:22] [このレビューのURL]

8点 wowwow66さん

 天才のキャラクターが主人公である漫画というのは私が劣等感を感じるからなのであろうか、あまり今まで面白いとは感じなかった。
 でもこれは違かった。作者の圧倒的な演出力に感服するしかできない内容となっている。ただ主人公が変人過ぎて少しだけだが引いてしまうこともあった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-19 21:56:49] [修正:2007-06-19 22:06:51] [このレビューのURL]

9点 littleさん

この作者の漫画は、どれも熱くなれるもので
熱い漫画が大好きな自分にとっては最高です。

この先の展開に期待を込めて-1

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-05-16 18:27:36] [修正:2007-05-16 18:27:36] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

終わり方は納得しないが
昴がバレエを踊るシーンを見てるだけで
僕の心も躍りだしました。
特に刑務所でのイベントシーンは神。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-01-10 02:08:35] [修正:2007-01-10 02:08:35] [このレビューのURL]

9点 カルマさん

読みながら鳥肌立ちまくりでした。
昴が踊り狂う姿は凄まじい。
引き込まれます。
これは曽田正人の演出力によるものなんだろうなぁ。
ホントに脱帽です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-12-03 22:37:52] [修正:2006-12-03 22:37:52] [このレビューのURL]

PR


昴と同じ作者の漫画

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る