ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > バクマン。

5.31点(レビュー数:102人)

作者小畑健

原作大場つぐみ

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:2008年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-24 18:22:14

あらすじ 一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!!

シェア
Check

バクマン。のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全102 件

7点 片桐安十郎さん

面白かったし個人的には好きな漫画ですがとても青春だなとはあまり感じず客観的に読んでいました。
しかし最後のラストシーンは作中出てきた漫画REVERSIのようにだらだらと続けず区切りの良い所で終わらせた。という感じなのでしょうが流石に急すぎたしラスト1話に詰め込みすぎじゃない?という印象です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-04-02 10:38:14] [修正:2014-04-02 10:38:14] [このレビューのURL]

3点 テムさん

話はそこそこ読めなくはないけど、個人的に気に食わないことこの上ない漫画。

デスノートでもちょっと感じてたけど、このマンガで確信した。
大場つぐみの描くキャラが鼻についてしょうがない。俺には合わないと。

ほんと見事なまでに友達になりたい登場人物が存在しない。

キャラ云々というより、この作者の価値観、理想論を主人公を通して押し付けてくる作風が嫌というべきかも知れないけど。
なんか、たった一つの価値観しか認めないような窮屈さを感じる。

それから恋愛パートは完全に不必要。
あとなぜ中井さんを成長させず、ダメなやつのままにしておいたのか?
そこが違っていれば1、2点はプラスできたんだけどなぁ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-26 18:14:38] [修正:2014-03-26 18:14:38] [このレビューのURL]

2点 gundam22vさん

画力は高いんだけど最初の意味不明で不愉快な価値観(眼鏡相棒が語る頭良い奴論理、ついでに女性蔑視)と恋愛のために漫画家で成功するという動機とかで途中で読む気なくしてしまいました。

全然頭良いとも思えない主人公同士が「お前頭良いな。他の奴とは違うよ」と互いに持ち上げ合うのが気持ち悪くて。
こういうのが合う人には相性良い作品かもしれませんが。
自分には合わなかったですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-21 01:47:04] [修正:2014-03-21 01:47:04] [このレビューのURL]

3点 三助さん

主人公達やヒロインの恋愛観が気持ち悪すぎてすっきり読めませんでした。

また、少年漫画業界のことを色々と知ることができるのですが、
それを描いている作者が少年漫画界にどっぷり浸かっている人達なので
どうしてもバイアスがかかってしまうと思います。
原稿にOKを出しているのも編集部そのものなので、
全てを描ききれているのかということに関しては少し懐疑的になります。

主人公達に違和感や嫌悪感を覚えないのであれば
そこそこ楽しく読めるのではないでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-11-04 19:13:09] [修正:2013-11-21 20:43:15] [このレビューのURL]

7点 fasterさん

キャラが良いし、パロディもあり普通に楽しめる。
ただ、多少イラッとする場面(主人公たちの考えとか)があり残念。

あと、さすがに絵は上手い。
良い意味で小畑さんらしくない画風だなと思った。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-05 11:47:16] [修正:2013-07-24 23:24:23] [このレビューのURL]

PR


バクマン。と同じ作者の漫画

小畑健の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る