ホーム > 青年漫画 > ヤングマガジンアッパーズ > SUGAR

7.68点(レビュー数:35人)

作者新井英樹

巻数8巻 (完結)

連載誌ヤングマガジンアッパーズ:2001年~ / 講談社

更新時刻 2010-03-10 19:23:51

あらすじ ボクシングの才を見出された主人公リン。その才能のみを武器に元天才ボクサーのジムに殴りこみをかける。板前修業をしながらチャンピオンを目指す紆余曲折成り上がり型ボクシングストーリー。

備考 「ヤングマガジンアッパーズ」の休刊によって一旦は完結したが、2005年10月より「週刊ヤングマガジン」にてタイトルを『RIN』に改題し再スタート。その後「別冊ヤングマガジン」に移籍した。

シェア
Check

SUGARのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全35 件

5点 LILwayneさん

今までの新井作品だと思って読むとちょっと肩透かしを食らうかも。
全体的にあっさりしたか。
ですがこの作品はこの作品でまた良さもある。
個人的な趣味では以前の作品が好み。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-12 19:11:26] [修正:2011-07-12 19:14:04] [このレビューのURL]

10点 ryo-ryoさん

すげ!この漫画。
独特な画風だけど、スピード感あって面白い。
ごちゃごちゃした画風だけど、なんかのめり込む。

リンのハチャメチャ振り、天才振りにどっぷり浸かってしまった。
あっとゆーまに読み終えた。

文句なく10点!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-08 12:42:35] [修正:2011-07-08 12:42:35] [このレビューのURL]

9点 tmさん

初めて読んだときは衝撃でした。
こんなに「努力」というものが描かれていないスポーツ漫画があっただろうか。
もちろん主人公リンは「努力」をしているのだが、それ以上に「天才」というキーワードが際立つ、それゆえ「努力」を感じない。
そういったスポ根漫画ではないところに非常に惹かれる作品。
天才ゆえ常人にはあいまみいれない価値観の描写や言葉選びのセンス、テンポ、皮肉。全てにおいて抜群に面白い。
新井氏の他の作品、「ワールドイズマイン」や「キーチ」、「宮本から君へ」などに比べるととても読み易く引き込まれ易い内容だと思います。
是非読んでみてほしい作品の一つ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-13 01:51:17] [修正:2011-01-13 01:51:17] [このレビューのURL]

9点 エッグ卵木さん

主人公の才能が段々認められていくのが自分の事のように嬉しい。
それがこの漫画の最大の魅力です。

決して万人受けしない、デザイン。
非常にわかりずらい台詞まわし。
ところどころに散りばめられた「はじめの一歩」への皮肉。
話がすすむにつれ、興奮して内容が頭に入ってこなくなります。
こんな心境で読める漫画にはそうそう巡り合えません!

やっぱこの作者好きですわ!

フェラ千代っ!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-13 01:02:05] [修正:2010-11-13 01:04:51] [このレビューのURL]

5点 rankyさん

天才。
ただただ天才。
友情・努力・正義をぶっ飛ばす圧倒的な才能。
それを描いたボクシングマンガです。

他の方のレビューを見ながら思ったのは、
このマンガは前半後半に分かれているかもしれません。
主人公の人間性を中心に描いた前半と
ボクシングを中心に描いた後半。

ザ・ワールドイズマインしか読んだことない状態/印象で読んだので
新井英樹ってこんなのも描くんだ、とか思っちゃいました。
前半に"らしさ"が出てるなー、と思ったからか、
後半に物足りなくなってしまったというのが個人的な印象。

好みの問題です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-07-22 18:41:56] [修正:2010-07-22 18:41:56] [このレビューのURL]

PR


SUGARと同じ作者の漫画

新井英樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングマガジンアッパーズの情報をもっと見る