ホーム > 青年漫画 > ヤングマガジンアッパーズ > SUGAR

7.68点(レビュー数:35人)

作者新井英樹

巻数8巻 (完結)

連載誌ヤングマガジンアッパーズ:2001年~ / 講談社

更新時刻 2010-03-10 19:23:51

あらすじ ボクシングの才を見出された主人公リン。その才能のみを武器に元天才ボクサーのジムに殴りこみをかける。板前修業をしながらチャンピオンを目指す紆余曲折成り上がり型ボクシングストーリー。

備考 「ヤングマガジンアッパーズ」の休刊によって一旦は完結したが、2005年10月より「週刊ヤングマガジン」にてタイトルを『RIN』に改題し再スタート。その後「別冊ヤングマガジン」に移籍した。

シェア
Check

SUGARのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全35 件

7点 kazuさん

この漫画、テーマにボクシングを扱ったものなんだけど、さすがは新井英樹。普通のスポーツ漫画とは一味も二味も違ったものとなっている。

この漫画の主人公・リンが持ってるのは、ジョーのようなハングリーさでも、一歩のようなひたむきさ・謙虚心でもない。彼が持っているのは、「才能」だ。それも、努力という言葉を形骸化するほどの圧倒的な才能。

そんなリンが、努力する凡人たちを嘲笑うかのように(というか嘲笑ってるけど)その才を誇示してゆく姿は、まさに爽快!痛快!新井英樹の漫画なのでもちろん、脇役の濃さ、台詞回しのセンスも折り紙付きだ。

いつもの新井漫画のような嫌悪感を抱かせるようなシーンもないので、新井英樹の漫画を読んだことがないって人にもオススメできる。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2005-10-11 20:50:22] [修正:2005-10-11 20:52:57] [このレビューのURL]

7点 noriさん

新井英樹がボクシングを「天才」からみた視点で描く。
なんにでも努力では到達できない領域がある。
新井英樹はそこからの視点を痛快に書いてくれてる。

主人公リンのめちゃくちゃばっかりやってるけど憎めないキャラがいいし
言いたいことずばずば言ってくれるんで爽快!
(たまに憎たらしいけど)

新井英樹の脇役クラスの人物までも丁寧に書くところも健在で良い味だしてる脇役たちが多数。
中でも火の玉欣二とレイラのカップルが一番のお気に入り
「これが出たら俺超200%火の玉サイヤ人」
「笑え…果てしなく、それが一番だ」
欽二かっこよすぎ!
あと会長のイカレっぷりもナイス。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2005-03-13 22:09:48] [修正:2005-03-13 22:09:48] [このレビューのURL]

8点 punpeeさん

センスと才能に溢れたボクシング漫画。
スロースターターなのは相変わらずですが、才能の片鱗が見え始めてから最後までは、怒涛の面白さです。

天才の天才による天才語を理解・体現した天才の孤独で歪なボクシング半生。
初期の主人公と、才能覚醒後の主人公の人格があまりにも違うのが、唯一の違和感。


「おそらく早いよ 登りつめるの!」

「すべての罪の犯人はオレの才能だから」

「アメリカ 南米 オセアニアの連中 アジア アフリカ ヨーロッパな輩の
オレを追う努力の空しさを世界に見せつけちゃうのオレ!」

「なんだこれ?人柄の良さに才能の無さ付けた実演販売なの?「宛て先」どこの誰?」

「じゃあ伝えてよ!パンチも思いも少しは真面目にやれってさ オレの様な繊細な人間には届かねえんだよ ってな」 

セリフのセンスが最早、異次元です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-07-31 20:09:24] [修正:2017-07-31 20:09:24] [このレビューのURL]

ボクシング漫画というより、主人公の破天荒な人生に焦点をあてた作品です。

ボクシング描写より日常描写の方が比率が多いです。
日常描写を深く掘り下げるので、人物描写が生々しいです。
ボクシングの描写の迫力もかなりのもので、五感全部が刺激される感じです。

主人公が凡人を嘲るセリフ回しも秀逸です。

孤高であるが故に社会に適応できない哀しさや皮肉も込められてるように感じました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-19 19:54:30] [修正:2016-09-04 14:13:47] [このレビューのURL]

7点 pazzoさん

ハチャメチャなマンガ。
とにかくキャラクターが破天荒。まともな人があまり出てこない。

漫画的な予定調和を嫌う展開で、天才リンの生き様を描く。

しかしアクの強いマンガである。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-05 04:08:50] [修正:2014-05-05 04:08:50] [このレビューのURL]

PR


SUGARと同じ作者の漫画

新井英樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングマガジンアッパーズの情報をもっと見る