ホーム > 青年漫画 > ヤングマガジンアッパーズ > SUGAR

7.68点(レビュー数:35人)

作者新井英樹

巻数8巻 (完結)

連載誌ヤングマガジンアッパーズ:2001年~ / 講談社

更新時刻 2010-03-10 19:23:51

あらすじ ボクシングの才を見出された主人公リン。その才能のみを武器に元天才ボクサーのジムに殴りこみをかける。板前修業をしながらチャンピオンを目指す紆余曲折成り上がり型ボクシングストーリー。

備考 「ヤングマガジンアッパーズ」の休刊によって一旦は完結したが、2005年10月より「週刊ヤングマガジン」にてタイトルを『RIN』に改題し再スタート。その後「別冊ヤングマガジン」に移籍した。

シェア
Check

SUGARのレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全35 件

8点 polojoさん

[ネタバレあり]

新井英樹流スポーツマンガ

作品としての完成度は新井作品の中で間違いなくトップ。
あらすじはお調子者の石川凛がボクシングの世界でその天才的才能を
いかんなく発揮する作品。

この作品に限らず新井英樹の作品は「スポーツマンガ」「学園マンガ」といった分類分けが非常にしにくい作品が多い。それは作品の主人公の人生すべてを書きだそうとするからだと思う。

例えばこのシュガーにいたっては、凛の上京までのエピソード、料亭での生活、恋愛や周りの人たちとの交流を書き出しているので、肝心のボクシングの練習や試合をしている場面は他のボクシングマンガと比べて、驚くほど少ない。

つまりこのマンガは、石川凛という「天才観察物語」なのである。
「ボクシングの天才の仕事風景は?周りとのコミュニケーションは?幼馴染との恋模様は?」ということをこれでもかというぐらい綿密に描き出している。もちろん、ボクシングなどのアクションシーンの迫力は素晴らしい。こちらの痛覚さえも刺激しているのではと思ってしまうほどだ。

新井英樹の癖のある絵と、セリフという壁をクリアできたら間違いなくはまれる作品だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-11 23:45:40] [修正:2013-05-11 23:45:40] [このレビューのURL]

5点 ぴかちゅうさん

他の新井作品とはちょっと違います。
主人公が毎回キチガイというのには変わりませんが^^

天才ゆえの常人離れしたところが見ていて気持ちいいです。
ただ努力型スポーツマンガとは対極にあるまんがで
かなり人を選ぶ漫画だと思います^^

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-03-18 16:57:23] [修正:2013-03-18 16:57:23] [このレビューのURL]

9点 やじウマさん

 「昴」読んでいてすっごい物足りなかったんだけどおそらく先にこの「シュガー」、続編の「リン」を読んでたためだと思う。
 曽田正人は根が少年漫画にあるから主人公は「天才」でも周りには理解者や師匠がちゃんといるんだけどこのシリーズの主人公石川リンには全くない。歪んだ形ながら「友達」はいるのだけど「理解者」はいない。
 見えてる視点が違うので。
 だから理解されること自体拒否して周囲に悪態をつきまくる。自分は予定調和な漫画が嫌いだからこういう「天才」の方が好きだ。

 「シュガー」も素晴らしいですけど続編の「RIN」はもっとすばらしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-03-19 19:26:53] [修正:2012-08-23 17:37:45] [このレビューのURL]

4点 studycalnu60さん

まず絵がうけつけなく、最後までなれなかった。
あと主人公の笑い方がものすごく気分を悪くさせる。
ストーリーも面白みがなく、高評価なのは疑問。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-10-20 01:12:09] [修正:2011-10-20 01:12:09] [このレビューのURL]

7点 yiconさん

主人公が努力知らずだとかそもそもこいつの言動うぜえwとか厨二全開じゃねえかとか天才の生き様見せつけられてそれでどうしろと?とかそう思うこともあるのだけれど、

とにかく読後の清涼感が半端ないですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-11 06:24:01] [修正:2011-08-11 06:31:34] [このレビューのURL]

PR


SUGARと同じ作者の漫画

新井英樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングマガジンアッパーズの情報をもっと見る