ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングマガジン > シガテラ

6.69点(レビュー数:33人)

作者古谷実

巻数6巻 (完結)

連載誌週刊ヤングマガジン:2003年~ / 講談社

更新時刻 2010-03-10 19:25:26

あらすじ 未来永劫の約束なんてない!!

高校2年生にもなって純情で、
未来を少しだけ夢見ていて、
普通に女の子にあこがれを抱き、
自由も不自由もない日々の中、
少しずつ毒に冒されていく‥‥。

シェア
Check

シガテラのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全33 件

5点 bugbugさん

いかにも著者らしい作品ですが
だから何?っと読後に突っ込んでしまいました
ただ読むだけにはお勧めですが、心に残るものは何もない

どういう層をターゲットにしている漫画なのかよくわかりません

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-22 22:00:20] [修正:2009-01-22 22:00:20] [このレビューのURL]

6点 papico84さん

[ネタバレあり]

。コワイ場面もあってメリハリあります。
古谷実さんは、モテない男の子に美女の彼女って設定が好きですよね。
あれだけ南雲さんとの日々を描いておいて

「人生ってこんなもんだよなぁ〜んー」

って 最終回でした。

あーあー、そんなもんだなーって現実的すぎて心に残った。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-07-27 20:50:35] [修正:2008-12-16 00:16:36] [このレビューのURL]

5点 kenkenさん

男(特にモテナイ系)側の描写は卓越しているのにどうして女キャラを描くのがこんなに下手なのか
といっても画力は高いのでルックスは文句なし、仕草や性格なんかも可愛く描かれている
でもそれは「いいとこ取りしすぎ」だし、そのくせ男の描写がリアルすぎるためバランスがとれてません
男は現実にいくらでも良そうな造型なのにヒロインだけがアニメやゲームのキャラみたいな状況になってて読んでて非常に違和感を感じます

読みやすさは天下一品なので暇があればどうぞ
当時からあまり好きな作品ではなかったが、後年の作品を見ればこれでもまだ完成度は高かったようです
稲中〜グリーンヒルは大好きなんですけど…

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-11-13 13:49:12] [修正:2008-11-13 13:49:12] [このレビューのURL]

4点 右から左へ。さん


いじめられっ子が、かわいい女の子に出会う。彼女としてつきあっていくうちに人生が変わっていく。そういった境遇が本当に現実のものなのか、自分がこんなに幸福でいいのか、と悩む。そして、人としても、大人に成長していく。あらすじはこんな感じ。

うーん、ありえない。はじめは誰しもがそう思うだろう。だが、読んでいくうちに、徐々にだが話に入り込める。それは、南雲や高井、谷脇などの登場人物が充実しているためである。現実的ではないストーリーの中に、彼ら登場人物の現実的なストーリーが挟み込まれているからこそ、徐々にだが、こういった話に入り込んでいけるように設計されていると感じた。また、恵まれた環境の中でも悩み続ける主人公に、はじめはグジグジする男だなぁ、とイライラしながら読んでいたが、最終巻まで読み進めていくと何となく主人公の考えが理解できるようになっていった。

しかし、あくまでそこそこ面白いという程度であった。何と言うか、徐々に話に入り込めるんだけど、それでもどこかで突き放して話を眺めている自分がいた。こんなのありえないよ、と。それに加えて、ラストが微妙だった。あれだけ話を展開、進展させておいて、最後にあれはないだろう、と感じられた。また、他のレビュアーも述べるように、レゲエの同級生や胃がんの男の話は邪魔。話に関係してこないので、話の腰が折られている。

ダメ出しをすれば色々と出てくるが、全体的にみればそれなりにまとまっている漫画だ。エンターテイメントとしても、考えさえられる漫画としても、中途半端な印象だが、よく言えば軽く流しながら楽しむことができる。立ち読みが最適か。ちょっと微妙だが暇つぶし程度にはなる漫画。4点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-23 16:30:43] [修正:2008-10-23 16:30:43] [このレビューのURL]

8点 a6a6さん

[ネタバレあり]

面白い時と面白くない時の差が激しい。
胃ガンの男とかレゲエヘアーの女とか、
よく分からないキャラが突然出てきて、ストーリーの進行に何の影響も与えずに突然終了する。
こういうのは読むだけ無駄な感じ。

逆に面白いと思わせる部分はきちんとストーリーが進んでいる時や、南雲さんとか谷くんが何を考えてるのかよく分からない所。
全く先が読めないので気になる。
また5巻の初めや6巻の終わりあたりの主人公が悩んでる場面も良い。
南雲さんの行動は演技なのか疑って読んでいたのだが、ようやく特にそうではないのかなと思ってきたころにあの最終回。

時間がすっ飛ぶ最終回って夢が無くなった感じがして基本的に嫌いなんだけど、
この漫画においては時間の経過に意味を持たせてて、後腐れが全くないのもよかった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-04-28 19:19:15] [修正:2008-04-28 19:19:15] [このレビューのURL]

PR


シガテラと同じ作者の漫画

古谷実の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングマガジンの情報をもっと見る