ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 20世紀少年

5.85点(レビュー数:106人)

作者浦沢直樹

巻数22巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:1999年~ / 小学館

更新時刻 2012-11-05 16:40:46

あらすじ ケンヂ、オッチョ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ドンキー、ケロヨン、が少年時代に遊びで作った世紀末預言書「よげんのしょ」の内容が、成長した彼らに現実となって襲いかかる。ケンジは地球を救うため立ち上がり、数々の謎を解明していく。そして、謎のカリスマ”ともだち”の正体とは?

備考 『21世紀少年』に続く。

シェア
Check

20世紀少年のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全106 件

3点 そのばしのぎさん

初読の時はその展開にぐいぐいと引き付けられる。
でもあの結末に一度辿りついてしまうと、読み直す気は全くおきない。
気分的には読まなかった事になってしまっている。
「誰が犯人か」という話で引っ張られていただけで、登場人物の人間関係、
行動や心理描写などに魅力を一切感じなかったかもしれない。
ミステリ漫画ではないとするなら、逆に大失敗ではないだろうか。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-09-12 14:42:54] [修正:2010-09-12 14:42:54] [このレビューのURL]

6点 臼井健士さん

浦沢先生の「MOSTER」に次ぐ作品。近年に実写映画化もされた。
60年代を過ごした子供たちが大人になり現実の壁にぶつかり苦しんでいた90年代。
幼い頃の空想の世界の滅亡と立ち向かう仲間たち。

が、その空想の世界を滅ぼそうとする悪の首謀者は「自分たちの仲間の中から出てきた」
集団となり組織化された宗教集団は政界・財界をも巻き込み日本政府の中枢にまで食い込む。

主人公を中心としたかつての秘密基地の仲間たちは冴えない大人の日常を捨てて結集する。
だが、敵の策略によりメンバーは極悪人のレッテルを張られて四散。
近未来は世界を滅亡させようとした男が「人類の救世主」として祭り上げられる偽りの世界が構築される。

子供の頃は様々な夢を描きながらも、大人になったとき現実の壁の前に飲み込まれ、どうしようもなく日々を重ねていたかつての少年・少女たちが
「自分たちの播いた種」を刈り取らねばならなくなる。

そのとき彼等は多くの犠牲を払いながらも人類の滅亡を救う真の救世主として生まれ変わることになるのだ・・・・・・。

だが・・・・そうなった後に彼等は本当にこの結末を望んだだろうかと考える。
「否」。
自分たちが歴史の教科書に勇者として記されるよりも、たとえ冴えないサラリーマン生活であったとしても、平和で穏やかな日常を選んでいたことだろう。

夢を描いていた少年時代から大人になったとき、後悔の連なりかもしれない。
だが、それでも彼等の戦いの軌跡を目にすることで人類は再出発のラインに着いた。

終盤のグダグダと「後付けしたかのような」ともだちの正体が残念なのだが、引き込む力は流石だ。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-07-25 08:18:48] [修正:2010-07-25 08:18:48] [このレビューのURL]

7点 鋼鉄くらげさん

一応、21世紀少年が一連の物語としてのゴールなんですが、こちらに書く方が分かりやすいので、こちらに全体のレビューを書こうかと思います。

1 「ともだち」について

あんまり書くとネタバレになってしまうので、突っ込んだ表現はできませんが、この物語のオチについて、一言で言ってしまうと、「いじわる問題」。解答者に与えられる情報と、解答者が導き出す答の間に大きな不均衡が生じているため、解答者が不利な立場を強いられる問題が、この物語の結末にはあると思います。

では今回のこの作品で、読者は何が不利だったのかと言えば、それは“彼”の正体を知ってから改めて彼の足跡を辿った時に、あまりにも読者の想像に委ねられる部分が多い事にあると私は考えます。最初の“彼”の時にはまだ伏線という足跡があった。しかし次の“彼”の時には伏線というには、あまりにも霞のような朧気な記憶しか、その手がかりがない。

正直私は、次の“彼”は、あまりにも無理矢理な印象を受けました。「読者に予想させない人物」を考えすぎた結果、あまりにも突拍子も無い人物を選んでしまった。そう思えてならないのです。もし“彼”が “ともだち”として選ばれたのなら読者に説明しなければならない過程が山ほどある。しかし、それを置き去りにして「はい。“ともだち”は“彼”でした。」だけではやはり不完全だと言われても仕方ないと思います。

2 ストーリーについて

回りくどくて、まどろっこしくて、思わせぶりな事この上ないストーリー。引き付ける演出と言ってしまえばそれまでですが、正直自分の好みではなかったです。
終盤、読みながら思っていたのが「この話、元々はどの位の長さだったのだろう?」という事でした。

結論から言えば、“ともだち暦3年”は、当初の構想には無かった話なのではないか?という事です。本来なら、その3年前に“ともだち”の正体が暴かれ、ケンジやかつての仲間達は無事に再会を果たし、物語は大団円を迎えた。そういう話だったのではないか。そんな事を考えていました。


何と言うか、子供の遊びに振り回されたような読後感でした。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-09-02 20:35:24] [修正:2010-05-27 20:32:34] [このレビューのURL]

5点 はるきさん

浦沢直樹の作品の魅力のひとつが、一歩間違えば破綻しかねない大仰とも言えるストーリーと、数多の伏線を見事にまとめきる力だと思っていますが、こと20世紀少年に関しては少し失敗しているように思えました。

同じ作者のMONSTERはかなり終盤まで謎を多く残し、散りばめられた伏線それぞれを丁寧に回収し、ラストに収束していく流れが絶妙だった。
一方、20世紀少年は「ともだちが誰なのか」という謎以外は事務的に解き明かされてしまい、終盤は謎が明かされていく痛快さやテンションを保てないまま、ただただ「ともだちが誰なのか」を引っ張り続けてしまった。
よって解決に向かう過程が、何度も同じ流れを繰り返しているように見えてしまって終盤はいまいち話に入り込めない展開が続きます。

また諸事情あったのかもしれませんが、特に意味もなく内容がぶつ切りで2つのタイトルに分けられているのもなんとなく残念な気がします。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-05-08 02:40:42] [修正:2010-05-08 02:40:42] [このレビューのURL]

8点 鳩山さん

面白さは別としてともだちの正体についてよく「あんなチョイ役?が黒幕なんてつまらないし予想もできない」といった意見を目にするがそれは違う。

なぜなら、ともだちがあの惨劇を起こしたのは簡単に言うと誰からも
覚えてもらえない圧倒的な孤独感からだ。
誰からも覚えてもらえない、つまり読者が予想できる奴だと駄目なのだ。
作中何度か出てくるその名前…しかしご存じの通り読者はスルー。
正体が明かされ、分からない人は皆その名前を探すため再読したりネットで検索したりで「ああ、あいつか。忘れてたわ」となる。これが重要なのだ。
物語を矛盾なく締めるにはアイツじゃなきゃ駄目だったのだ。

最後に、
あの少年時代のノスタルジック溢れる雰囲気だけでも充分楽しめる。
たとえあの時代を知らなくても。確かに後半の失速は否めないが。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-01-19 03:36:16] [修正:2010-02-13 03:40:48] [このレビューのURL]

PR


20世紀少年と同じ作者の漫画

  • MONSTER

    総合点:7.1点

    レビュー数:90人

  • MASTERキートン

    総合点:7.85点

    レビュー数:61人

  • PLUTO

    総合点:6.64点

    レビュー数:59人

浦沢直樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る