ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > うしおととら

8.1点(レビュー数:165人)

作者藤田和日郎

巻数33巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1990年~ / 小学館

更新時刻 2012-10-15 02:25:06

あらすじ 主人公の「蒼月潮(あおつきうしお)」はとある事情により封印されていた妖怪「とら」を解き放ってしまい、妖怪を滅ぼす力を持つ不思議な槍を手に入れる。

「悪い妖怪なら退治する。」
「いつか喰ってやる。」

奇妙な最強コンビがここに誕生した。
その出会いはこれから始まる「旅」の序章だった・・・。

備考 文庫版全19巻、ワイド版全18巻。
第37回(平成3年度)小学館漫画賞(少年部門)受賞。
1997年星雲賞コミック部門賞受賞。
日本のメディア芸術100選マンガ部門選出(週刊少年サンデー連載作品で唯一の受賞)。

シェア
Check

うしおととらのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全165 件

10点 canさん

少年漫画の最高傑作。
誰が何と言おうと、私の中でこれを超える少年漫画は存在しません。
『ドラゴンボール』も『スラムダンク』もついでに『ジョジョ』やその他もろもろの名作たちも、『うしおととら』には敵わないです。もちろん異論は受付中。

さて。本作のレビューとは無関係ですが、私はこのサイトで他の方のレビューを見るとき、その人が10点をつけた作品に注目するようにしています。
なぜなら10点はその人が「最高評価」を下した作品であり、その人のひとつの評価基準となっていて、その人の感性や趣味趣向が一番色濃く表れていると思うからです。
そして10点がつけられた作品を眺めながら、「この人とは趣味が似てそうだな、参考にしよう」とか、「これが10点か、うーん・・・」とか、好き勝手な感想を抱いたりしているわけです。
私の10点は『うしおととら』です。胸を張って言うことができます。自分の中で絶対の評価基準となるべき漫画は、この作品しかありえません。


『うしおととら』の何が素晴らしいのか。語りつくすことは不可能でしょうが、時間が許す限り列挙していきたいと思います。

まずはタイトル。何を置いてもタイトル。覚えやすい、響きがいい、本編に合う、最終回後はタイトルを見ただけで感動できる。

次に主人公。蒼月潮、中学2年生。イケメンとは言い難い丸顔に太い眉毛に短髪という顔の造形。しかしどこまでもまっすぐな瞳。
性格は一本気で嘘が嫌いで涙もろい。少年漫画の主人公とはまさにかくあるべき。行く先々でモテモテなのも納得。・・・いや、やっぱりちょっとだけ納得いかない。半分くらいは俺によこせ。真由子と小夜だけでもいいから。

さらにもう一人の主人公。雷獣とら。500年間獣の槍に封じられていた大妖。いつか潮を食うために潮にとりつく。そのくせ成り行きで潮を助けたり、現代の文明に翻弄されっぱなしなので憎めない。香水でくしゃみが止まらなくなるところとかガムを踏んでるところとかが超かわいい。ハンバーガーを食べてるところも最高。でも決めるときは決める憎いあんちくしょう。真由子がベタ惚れなのも納得。・・・いや、だから真由子は俺によこせよ。

そして何より最終決戦。33巻に渡る作品のピークがラストにあるというのはそれだけで驚嘆に値する。今までのエピソードひとつひとつが思い出され、読んでる方も潮たちとシンクロして「お前たちの旅は無駄ではなかった」状態。脳からアドレナリンや変な汁が出っぱなし。白面の最後も切ないんだよなぁ・・・。本当にいいラスボスでした。
とらのあのセリフには、何度泣かされたことかわからない。

それからついでにおまけ漫画。読者を少しでも楽しませようという藤田先生の心意気に脱帽。てゆーか藤田先生の方が楽しんでますよね。そうですね。
超難解クイズではいつも頭を悩ませていました。
1 真由子に変身
2 木に変身
3 ほふく前進
3番のギャグがわからんようではまだまだだな!
「秋葉流!」の登場シーン3連発とかも最高。


・・・勢いだけで挙げてみるとこんな感じです。書いてるだけでテンションが上がってきて、『うしおととら』を再読したくなったので一旦終了。登場人物の生き様とか死に様とか、他にも見所はたくさんあります。ネタばれになるので名前は伏せますが、あの人とかあの人の最後はもう・・・
「今帰ったよ、あけとくれ・・・」
「ああなんだ、風がやんだじゃねぇか・・・」
涙なしには語れないですね。あ、凶羅は最高のツンデレキャラだと思います。


少年漫画の金字塔『うしおととら』。
連載終了から10年以上経った今でも色褪せることのない、文句なしに不朽の名作です。

ナイスレビュー: 5

[投稿:2008-08-28 20:05:39] [修正:2010-04-09 22:01:19] [このレビューのURL]

10点 y@m@d@さん

・絵が見づらい
・こまかい矛盾がある
・話が古臭い
・残虐なシーンがある
・ご都合主義

まあ概ね上述の通りです。
-5点ですか。

で?
本質ではないよね。
細かい能書きはいいんだわ。マジで。

このマンガには熱いハートが込められてるよ。
生きていく力を与えてくれる作品だよ。
+1000点でしょ?
(MAXは10点?しかたねぇから、990点は切捨てで10点にしといてやるよ!)

ナイスレビュー: 4

[投稿:2010-09-13 20:55:28] [修正:2010-09-13 22:10:52] [このレビューのURL]

5点 ボルゾーさん

まずうしおのキャラがうざい。
正義感の押し売りみたいで、暑苦しい。

また、話ごとに出てくる女キャラがみんなうしおに惚れる展開がだるい。
この作者の萌え的な表現は自分にはきつい。

その他にも、寒気がするほどくっさいセリフやシーンが多く、痛々しく感じてしまう。

それでもとらや、しぐれなど好きなキャラもいたし、終盤の伏線を回収しながらの話の盛り上げ方は、秀逸だと思う。

全体的な作風は苦手だけど、物語の盛り上げ方やたたみ方は非常に良かったのでこの点数。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2012-01-28 21:07:52] [修正:2012-01-28 21:07:52] [このレビューのURL]

1点 mangaさん

子供向けの内容ですね。絵もひどかった。
レビューの評判を期待して全巻買いましたが落胆が大きすぎました。
特にくどくど続くうしおととらのお寒いやりとりが
(「いつか食ってやる」みたいな)
駄作に拍車をかけました。
ただ伏線をばらまいて回収すればいいってもんじゃない。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2009-03-16 22:06:48] [修正:2009-12-30 16:46:50] [このレビューのURL]

9点 たにやんさん

うしおととら、
いいコンビですね。

うしおととら、
このタイトルも秀逸。

ラスト周辺の怒涛の展開は圧巻。

僕は物語が進むにつれての、とらの心理的な変化が一番興味深かったです。


2008年6月追記
「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。」

これは、のびたとうしおの為に存在するセリフです。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2008-01-25 13:13:55] [修正:2008-06-12 01:13:42] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

うしおととらと同じ作者の漫画

藤田和日郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る