ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスペリオール > サンクチュアリ

8.1点(レビュー数:40人)

作者池上遼一

原作史村翔

巻数12巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスペリオール:1990年~ / 小学館

更新時刻 2012-07-13 12:38:14

あらすじ 表社会での頂点を目指し、国会議員秘書から政治家を目指す浅見千秋、裏社会での頂点をめざし、六本木暴力団組長から関東相楽連合トップを目指す北条彰、この2人の漢が理想郷「サンクチュアリ」を作り上げようとする物語である。

備考 1995年に映画化。

シェア
Check

サンクチュアリのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全40 件

7点 朔太さん

ここでのレビューでは、相当な高得点なので、期待して
読みました。なるほどスケールの大きな展開と主人公
2人の男気が魅力たっぷりでした。
ラストもなかなかのまとめでした。

世界は表の政治と裏の暴力の2つの権力で構成されている、
という視点で見れば、それぞれの分野で権力闘争で
勝ち得て頂点を目指せば、世界を変えられる。
確かにそれはそうなんですが、世界帝国ができた後の
権力闘争がなくなれば、独裁世界です。
北朝鮮やキューバやロシアは理想世界なのか、
というところに行きつくはずなのですが、
そこまでの深堀はなかったです。
それを証明するには人生は短いということでしょうか。

池上遼一氏の作品はほとんど読んでいますが、
その中でも出色の作品ですね。
史村翔氏とのコンビで良い作品がたくさんありますが、どれも面白いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-05-24 07:07:23] [修正:2020-05-24 07:07:23] [このレビューのURL]

7点 わたなべさん

女子には向かないかもしれない作品。

男の世界が描かれている。男なら一度は読むべし。

紛れもない名作だが何度も読み返す必要もないマンガ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-07-16 22:34:51] [修正:2015-07-16 22:34:51] [このレビューのURL]

9点 デビルチョコさん

政治、極道、警察という世界を見事に描いていた。

これらの世界は一見、相反するように感じるが切っても切れない繋がり。
誰をモデルにしたか妄想してしまった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-15 12:58:33] [修正:2015-02-15 12:58:33] [このレビューのURL]

政治と極道の世界から日本を変えていく話。

ビジョンのために障害を乗り越えながら、命をかける男たちの生き様はカッコイイです。

自己啓発、自分を高めたい人にお勧めです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-06 17:52:40] [修正:2014-11-06 17:52:40] [このレビューのURL]

10点 paranaさん

作画が池上遼一先生、そして原作は北斗の拳の武論尊先生(本作は別ペンネーム史村翔名義)です。

作品に込められたメッセージに熱い漢たちのオデッセイ。
読後にずっしり重たい物が残りました。
こんな読後感は初めてです。

少年時代カンボジア難民として地獄を見て来た2人が、
一人は表(政治)の世界、もう一人は裏(極道)の世界から日本を変えていく。
そんな壮大なストーリーが、急速なテンポで繰り広げられる。
ストーリーがこの上なく濃い。
政治も極道も古くからの権力が跋扈する世界。
そんな世界に若い2人が切りこんで改革していく様は本当に読んでいて気持ちがよい。
脇役のキャラクターもそれぞれ十分に強く一人一人が魅力的。
表の世界の話も裏の世界の話もそれぞれ面白く、
今になって読めば20年前のこのマンガがいかに時代を
先取りしていたかが良くわかる。

自分にも古い構造を変えれるんじゃないかと夢を見れるような作品でした。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-04-12 10:56:42] [修正:2014-04-12 10:56:42] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345678

サンクチュアリと同じ作者の漫画

池上遼一の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスペリオールの情報をもっと見る