ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスペリオール > サンクチュアリ

8.16点(レビュー数:36人)

作者池上遼一

原作史村翔

巻数12巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスペリオール:1990年~ / 小学館

更新時刻 2012-07-13 12:38:14

あらすじ 表社会での頂点を目指し、国会議員秘書から政治家を目指す浅見千秋、裏社会での頂点をめざし、六本木暴力団組長から関東相楽連合トップを目指す北条彰、この2人の漢が理想郷「サンクチュアリ」を作り上げようとする物語である。

シェア
Check

サンクチュアリのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全36 件

10点 paranaさん

作画が池上遼一先生、そして原作は北斗の拳の武論尊先生(本作は別ペンネーム史村翔名義)です。

作品に込められたメッセージに熱い漢たちのオデッセイ。
読後にずっしり重たい物が残りました。
こんな読後感は初めてです。

少年時代カンボジア難民として地獄を見て来た2人が、
一人は表(政治)の世界、もう一人は裏(極道)の世界から日本を変えていく。
そんな壮大なストーリーが、急速なテンポで繰り広げられる。
ストーリーがこの上なく濃い。
政治も極道も古くからの権力が跋扈する世界。
そんな世界に若い2人が切りこんで改革していく様は本当に読んでいて気持ちがよい。
脇役のキャラクターもそれぞれ十分に強く一人一人が魅力的。
表の世界の話も裏の世界の話もそれぞれ面白く、
今になって読めば20年前のこのマンガがいかに時代を
先取りしていたかが良くわかる。

自分にも古い構造を変えれるんじゃないかと夢を見れるような作品でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-04-12 10:56:42] [修正:2014-04-12 10:56:42] [このレビューのURL]

9点 Masakiさん

劇画として政治面、暗黒面と両面からきっちり起承転結を描き切った正に傑作です。

ストーリーについては省略しますがヤクザ側での出てくる敵役や味方側のメンツがどれもインパクト抜群、個性的で素晴らしいです。
特に渡海さんの破天荒ぶり、主人公への一途な傾倒ぶりは清く正しい?ヤクザでとても好きでした。
また政治面では伊佐岡幹事長のインパクトが強く、この悪党をどうやって議員の椅子から引きずり下ろすか・・・と思わせてくれます。

本来このような壮大な話は中だるみが起きやすいのですが、ご都合主義な面もあるものの全12巻と絶妙な長さでまとまっており、一気読みできる量ですし、ふとした時に読みなおすのにも最適です。

この作品を読めば政治に興味が湧くこと請け合いです、劇画なので絵柄は人は選びますがちょっとでもピンときたらまず手にとって見てください、一気に引きこまれます!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-15 10:50:39] [修正:2013-09-15 10:50:39] [このレビューのURL]

7点 ヒョウマさん

[ネタバレあり]

機能的な面から見れば、自己の信念を貫く政治の裏側には、裏社会(ヤクザ)からの利益供与があるという現代社会に存在する闇の装置を描き、情緒的な面から見れば、男として社会での大義に身を投じていくという生き方を描いた作品。

若さ故の清廉潔白さで日本の改革を決意し政治の世界に身を投じながらも、自己実現を図る過程で、清廉の対極にある裏社会との関係を持たざるを得ない政治家としての自己矛盾が描かれている。

優秀な政治家とそれを支える裏の権力者という2人組の体制は主人公らだけではなく随所に描かれており、その2人の結びつきの堅牢さは別として社会改革の一装置として存在していることには、なるほどと思った。

物語後半で登場する首相公選制の導入と国民投票など、1996年時点としては先見の明であり、2013年現在の政治と比較しても某政党の風は止んでしまったものの、具体的かつインパクトのある政策を主張して日本の改革を志す政治家の出現を予期する作品としても面白く読むことができた。

漫画全体を通して考えれば、自己の信念に基づき構想を描き、忍耐強く実行することで初めて、自分の城が築かれるという男の生き方の真理が書かれている。
個人レベルで言えば、この真理でもある権利を自己として行使するか、しないかという生き方に対する選択肢をつきつけられた作品であった。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-09-15 07:15:15] [修正:2013-09-15 07:15:15] [このレビューのURL]

6点 pazzoさん

冷静になって読めばオイオイ・・・、ってなるんでしょうが、テンポが良いのであまり気にならない。
リアリティ云々は作者もある程度割り切ってるかな?
予想通りの展開から予想通りの結末まで、安定感十分に突っ走ってくれます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-29 08:37:29] [修正:2013-08-29 08:37:29] [このレビューのURL]

9点 cottinさん

取り扱っている題材が政治と難しいネタなのにもかかわらず、書ききったなあと思った。読者が思っているような政治の闇を描き出し、それを修正する二人の若者。すごくわかりやすい構造でよかった。政治について考えさせられるきっかけになった。みんなに読んでほしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-22 19:08:20] [修正:2013-08-22 19:08:20] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345678

サンクチュアリと同じ作者の漫画

  • 男組

    総合点:6.5点

    レビュー数:2人

  • 覇 -LORD-

    総合点:5点

    レビュー数:2人

  • 信長

    総合点:8点

    レビュー数:2人

池上遼一の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスペリオールの情報をもっと見る