ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > みどりのマキバオー

7.63点(レビュー数:49人)

作者つの丸

巻数16巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1994年~ / 集英社

更新時刻 2012-05-15 20:17:47

あらすじ 借金だらけの牧場にうまれた突然変異の白い馬、ミドリマキバオーは犬なみの体に爆発的な力を秘めていた!ネズミのチュウ兵衛親分の助けを得て、競馬界に旋風を巻き起こす!

備考 続編に『たいようのマキバオー』がある。
1996年から1997年にかけてフジテレビ系列にてテレビアニメ化された。

シェア
Check

みどりのマキバオーのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全49 件

1点 Leonさん

こんなふざけた絵でシリアスやられても寒い。
下ネタも汚らしく見ていられない。
良い作画担当がいてくれたらまだマシだった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-21 16:17:56] [修正:2020-05-22 16:33:26] [このレビューのURL]

4点 gundam22vさん

内容以前に絵、表現が生理的に厳しいものが。リアルタイムでも敬遠していて、今改めて読んでも変わらないか、余計増した感じです。人を選ぶ作品。

内容は競馬漫画らしさやシリアスが増しますが、無茶なレース展開とか何より馬は賢い動物とはいえ着ぐるみ人間のような扱いは受け入れ難かったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-01-09 21:23:41] [修正:2018-01-09 21:23:41] [このレビューのURL]

10点 toukonさん

[ネタバレあり]

序盤の絵の雑さが良い方へ化ける。
絵柄なんぞどうでも良くなるくらい名作やと思う。
熱血スポ根とか成り上がっていく過程のストーリーが好きならハマる。
ラブコメ要素ゼロ。其々負けられない理由を持つ馬たちの熱すぎる群像劇。ドバイ編クソ扱いだが最終話は激烈に良すぎるので耐えて見ろ。
漫画は大人のビターテイストだ。終わったらアニメで恵まれたたれ蔵を観て和んで泣け!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-11-26 21:21:28] [修正:2016-11-26 21:24:15] [このレビューのURL]

10点 やじウマさん

最終回における「ノーザンダンサーの血の一滴は1カラットのダイヤモンドより価値があるという」から始まるナレーションは本当に美しい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-09-27 22:27:44] [修正:2016-09-27 22:27:44] [このレビューのURL]

7点 朔太さん

初見の際の印象は最悪だ。
一見馬には見えないうんこたれ蔵、ミドリマキバオーも駄馬だが、騎士もダメ
人間かつ、どちらも見た目も美しくない。何しろ、鼻を垂らしていて不潔感
一杯である。
しかし、持ち前の負けん気と努力と根性で競馬界を席巻するまでに成長する
ストーリーは、やはり少年誌の王道漫画である。カスケードやアマゴワクチンといった
ライバル達というより、エリート馬に対抗して、限界までレースを競り合う場面では、
しっかり応援させてもらった。
なかなかの一読の価値がある。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-06-05 23:06:21] [修正:2016-06-05 23:06:21] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

みどりのマキバオーと同じ作者の漫画

つの丸の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る