ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 愛しのアイリーン

6.9点(レビュー数:11人)

作者新井英樹

巻数6巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:1995年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:25:57

あらすじ 宍戸岩男、42歳、独身。山を越えた街のパチンコ店勤務。年老いて痴呆の進む父親と、一人息子の岩男を溺愛する頑迷な母親との3人暮らし。岩男の人生は波瀾もなかったが、悩むべきひとつの恋もなかったが、パチンコ店の同僚・吉岡愛子から誕生日プレゼントをもらい、岩男の心の中に、恋心が芽生えたのだが、その後見事な敗北を喫す。

母・ツルの岩男への激しい愛情にも追いつめられ、国際結婚相談所を最後の頼りに、女を求め、フィリピンへ見合い旅行に行くのだが・・・。

シェア
Check

愛しのアイリーンのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全11 件

7点 kikiさん

魂が削られる作品。
田舎の山奥に両親と住むパチンコ屋勤めの42歳の主人公岩男は妻も彼女もいないパッとしない人生を歩んでいて、職場でのほのかな恋愛をキッカケに嫁を求めてフィリピンに見合いに飛び立つ。そして連れて帰ってきた若いフィリピーナ、アイリーンとの間にはもちろん愛なんてなく…。

約20年前の作品だけど今でもこんな世界ありますよね。
現実にありそうな設定をデフォルメされた強烈なキャラクター達によってすごい展開になっていく、一度読んだだけでも忘れられない物語。
やっぱすごいわ新井英樹。
それぞれのエゴがどんどんぶつかって、皆が不幸になっていき読んでて胸が痛くなるけど引き込まれて最後まで一気に読んでしまいました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-03 21:52:46] [修正:2013-09-03 21:52:46] [このレビューのURL]

7点 cheBさん

できれば漫画でも見たくない展開。
人生で一番自分が避けてきた展開。
読めない展開。

のオンパレードでね??笑うしかありませんでした
オーバーすぎる描写だけど、岩男の家みたいな家族、結構いそうだし。
絶対関わり合いになりたくないけどwww

でもラストが好きです。女ってたくましいっていう真実。
それが現実。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-20 14:48:47] [修正:2012-02-20 14:48:47] [このレビューのURL]

7点 DEIMOSさん

愛という言葉を借りて、人間のダークサイドを描き出した欲望丸出し漫画。

もうなんかね、とりあえず汚い。えげつない。勢いだけ。
読んでいてとにかく疲れる。心地悪い。

しかし、読み続けてしまう。のめり込んでしまう。
これが、新井英樹の力。もはや麻薬。計算というよりは暴走で描かれた故の愛おしさ。

不必要な性描写は、同人誌か、と思えるほど。
しかも、キャラクターがみんな不細工なのは新井作品の共通点。
かわいい萌えキャラなんて描いているけど、鏡を見てみなよ、現実のお前の顔なんて所詮こんなもんだよ、と言わんがばかり。
汚さを描き続けることで、かえって、その中に光る「愛」の美しさが強調されるというコントラストの妙。

岩男の人生を誰が否定できるというのだろう?
20年後、自分が岩男になっていないという保証がどこにあるのだろう?
本当は決して笑えない内容なのだ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-21 20:30:02] [修正:2011-03-21 20:30:02] [このレビューのURL]

8点 kazuさん

このままでは一生結婚できなさそうなどド田舎の農家の息子と
その男に金で買われて結婚するフィリピーナの恋愛物語。

恋愛物語?
違うかも。訂正。

ロマンスの欠片も無い、ド田舎で繰り広げられる泥臭い人間模様を描いた話。

結婚したいからってフィリピーナを金で買う主人公、家族のために金目当てで結婚する花嫁、金のために娘を遥か遠くの国に送る母親、田舎の世間体とシガラミに縛られた挙句、娘を殺そうとすらする姑、日々痴呆が進んでいく父親、etc・・・。

出てくるキャラみんな、どいつもこいつも
最高にエゴイスティックなんだけど、どうしても憎めない。

それは、現実には到底いなさそいうなキャラクターなのに
でも、みんなどうしようもなく人間らしいからだと思う。

新井英樹は、人間をデフォルメするのが天才的に上手い。
それでいて、登場人物たちはみんな紙面からはみ出すほどの
生命力とかエネルギーで溢れてる。

最高に愛すべき最低のエゴイストたちが繰り広げる、珠玉のラブ・ストーリー。

岩男とアイリーンの間に愛は無いけれど、
物語自体は人間愛に満ちてる。はず。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-01-27 22:40:21] [修正:2010-09-23 11:48:43] [このレビューのURL]

7点 kenkenさん

新井漫画の中でも最も「性」を前面に押し出した作品
ドギツイなんてもんじゃない

プロレスのような色気の欠片もない動物じみたSEXがこれでもかと描かれる。どいつもこいつも情欲むき出し。でもすごく人間らしい

血反吐ゲロ下痢糞をぶちまけたような漫画。読んでて胸焼けした
壮絶の一言

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-07-16 11:35:30] [修正:2008-07-16 11:35:30] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

愛しのアイリーンと同じ作者の漫画

新井英樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る