「Leon」さんのページ

総レビュー数: 2518レビュー(全て表示) 最終投稿: 2015年09月19日

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-19 15:08:31] [修正:2020-08-19 15:08:31] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-19 15:06:48] [修正:2020-08-19 15:06:48] [このレビューのURL]

5点 Waqwaq

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-19 15:06:18] [修正:2020-08-19 15:06:18] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-19 15:05:51] [修正:2020-08-19 15:05:51] [このレビューのURL]

5点 ぶぅ

うなぎの次は身近な豚だけど、ネタの純度が前作と比べて
高くないのがもったいない。身近さもあってそれほど驚きが
なかったです。ユーモアは十分冴えていたが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-06-17 15:08:16] [修正:2020-08-16 18:09:33] [このレビューのURL]

ラズウェル細木の代表作だけど自分には合わなかった。
ゆるゆるとしてて軽妙な雰囲気だけどそれだけなのがどうも退屈に感じる。
ラズウェル作品は「う」や歴史ものといった蘊蓄に自分は惹かれているという事を実感した。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-06-13 09:51:36] [修正:2020-08-16 17:36:44] [このレビューのURL]

ギャンブル依存症の恐ろしさを上手くオブラートに包んだ怪作。
ほのぼのとした絵柄で主人公達のエグい行いを描いているので、
やってることは本当に胸糞悪いのにサラリと読めてしまう。
弁当屋の主人をパチンカスにして滅茶苦茶にする話が特にヤバい。
テンポも良く読者の感情をあらゆる方向から刺激できる作者の力量は相当のものだ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-07-30 10:13:58] [修正:2020-08-16 17:29:28] [このレビューのURL]

改蔵の社会風刺・ブラック箇条書き路線を更に深化していった名作。
レトロな世界観にギャグ漫画としてトップクラスの画力、ギャグのキレと
色々な面でレベルアップが見られるのが凄い。ラストの伏線回収も
非常に上手く物語を締めることが出来たのは高ポイント。
「せっかち〜」が残念だったけど、「かくしごと」でまたヒットしたあたり
作者の実力は相当高い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-24 23:14:58] [修正:2020-08-16 17:20:10] [このレビューのURL]

久米田先生のカラーがこの作品で変わったと思う。

初期は下ネタが多かったけど、話が進むにつれて社会風刺やパロディ、
具体例の羅列といった作風に変化していったのが特徴。
それに伴い羽美の壊れっぷりや地丹の下っ端ぶりも加速していて面白い。

最終回も南国や絶望とはまた違った感じで好き。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-11-02 23:20:38] [修正:2020-08-16 17:08:48] [このレビューのURL]

キレはともかく下ネタと時事ネタがあったり今までの作風のごった煮感がある。
ストーリーがやたらとごちゃごちゃしていたのは残念。
もう少し煮詰めて欲しかったかなぁ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-29 21:36:40] [修正:2020-08-16 17:01:46] [このレビューのURL]