「Leon」さんのページ

総レビュー数: 2444レビュー(全て表示) 最終投稿: 2015年09月19日

黄金期のボンボンにおいてひときわ異彩を放っていた傑作。
凄まじく上達していった絵とシビれる台詞回しが何より魅力的。
オマージュやパロディの仕上げ方、奇抜な発想の数々に
何度読んでも驚かされた。他の方と仰ることが被るがまさにアートと
呼ぶに値するだろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-20 22:15:50] [修正:2020-05-22 18:59:34] [このレビューのURL]

言いたいことは王ドロボウの時と同じです。
ストーリー構成こそそこまで秀でていないが、やはり絵と
台詞、奇抜な発想の連続で何度も読ませる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-20 22:15:43] [修正:2020-05-22 18:59:20] [このレビューのURL]

本当にガツンとくるシーンがこれでもかと入っていて、
変なイデオロギーがなく、戦争中の兵士の極限状態が生々しく描かれている。
読み終わった後は、まるで1本の凄まじい戦争映画を観たような感覚を味わった。
個人的には小林よしのりの最高傑作。ゴーマニズム特有の押し付けがましさが
ないのも良い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-04-21 19:49:14] [修正:2020-05-22 18:58:40] [このレビューのURL]

伏線が回収されなかったりとかで全体の完成度は高くないがそんなことはどうでもいい。
テロリストの挽歌と滅美の故郷・サイレントボマーは時間作ってでも読むべし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-24 23:17:36] [修正:2020-05-22 18:57:52] [このレビューのURL]

劇画調の画風と貧乏ネタ、ブラックジョークが特徴な傑作。
キャラの個性もニートの父や鯱に育てられたり、女子プロレスなどの
職を転々とした母など強烈でした。
1ページごとに4コマ漫画みたいにギャグを出しているのも自分に
合っていて良かった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-03-19 12:48:25] [修正:2020-05-22 18:57:46] [このレビューのURL]

細部にわたる世界観の構築と終盤のどんでん返しが凄かった。
上巻で作品世界の説明で引き込まれていって、下巻では
怒涛の展開に強い衝撃を感じた。絵も上手く、オチの付け方も美しい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-20 22:15:03] [修正:2020-05-22 18:57:39] [このレビューのURL]

圧倒的な熱量が感じられる傑作。エネルギッシュな
主人公と人情にあふれたストーリーが良い。
主人公の夫と息子も悪党に立ち向かったりと
カッコいい所も見せていたのが印象に残っている。
絵柄と合わせて強烈な下ネタや変なコスプレがなければ満点付けられた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-09-16 16:11:22] [修正:2020-05-22 18:56:47] [このレビューのURL]

底辺中学生が主人公のギャグ漫画。
だけど、どこかバカっぷりが羨ましい。
こうも思いっきりバカやれると毎日が楽しいだろうな。
あとは女の子の妙な可愛さと表情の描き方が良い感じで
非常に良かった。もっと見ていたかったなあ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-22 18:20:04] [修正:2020-05-22 18:56:41] [このレビューのURL]

大学受験を題材にした傑作ギャグ漫画。
主人公とその師匠が織りなすギャグに何度も笑わされた。
後半から主人公と師匠は敵対するも、そこから
一気に盛り上がり、小論文の問題の締め方も見事!
あと、何気に女の子が可愛いのも良い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-24 23:14:33] [修正:2020-05-22 18:56:22] [このレビューのURL]

QEDも良かったけど、個人的にこちらが作者の最高傑作だと思う。
伏線貼りと回収が上手いし、アクションシーンも読みやすい。
キャラはQEDと被りが見られるけど、主人公の成長も描かれているし、
他のキャラも魅力的。全10巻と丁度いい巻数なので
加藤元浩作品の入門として最適。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-24 23:05:47] [修正:2020-05-22 18:56:04] [このレビューのURL]