ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > 帯をギュッとね!

7.75点(レビュー数:44人)

作者河合克敏

巻数30巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1989年~ / 小学館

更新時刻 2011-04-04 21:51:42

あらすじ 中学時代はライバルだった柔道少年・粉川巧、杉清修、斉藤浩司、三溝幸宏、宮崎茂。この5人が浜校に集結した。なんと全員が黒帯所持者。さっそく柔道部を結成し、高校生活がスタートするが…!?

シェア
Check

帯をギュッとね!のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全44 件

6点 torinokidさん

汗臭くない柔道漫画。
発表当時はかなり画期的だった。

とは言え、本筋はサクセスストーリーなので
スポーツ漫画としては王道的作品と言っても良いだろう。
ラブコメ要素はちょっと鬱陶しい感が無きにしも非ずだが。

個人的な一押しキャラは杉。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-11-03 22:56:07] [修正:2012-12-17 17:26:07] [このレビューのURL]

7点 s-fateさん

 週刊少年サンデーのアッサリサッパリ路線で柔道やったらこうなりました、という感じの作品です。ただし、線がシンプルで綺麗な絵に飲まれがちですが、結構キツいことやってます。メインキャラたちは柔道経験はあるものの創部から初めて強豪校と合同練習したり、自ら警察へ指導されに行ったり。ゲロ吐いても練習続けたりします。個人的にこの辺の出稽古は剣道で経験があり、キツかったことを思い出します。現職警官の方に指導を受けたこともあるので特に。
 でもうまいことラブコメ要素とか女子柔道とかも取り入れて、またアツイことやっていても爽やかに見える絵柄も手伝って高度にバランスの取れた作品でした。ただ今はちょっとコメの要素に時代を感じさせるところはあります。
 絵が白いというのは褒め言葉で使われないことが多いと思いますが、河合さんの場合はムダがない白さだと思います。達人の得意技が背負い投げとか正拳突きとか意外とありふれてるけど避けられない一撃であるのと同じ感じです。
 

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-11-04 01:16:35] [修正:2012-11-04 01:16:35] [このレビューのURL]

8点 sin00さん

 例外はあるが普通の学生による普通っぽい部活動の雰囲気が魅力.必殺技とかなしの.試合よりも試合に至る過程やそこまでの練習風景や人情劇に魅力を感じる.

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-18 07:32:30] [修正:2012-02-18 07:32:30] [このレビューのURL]

8点 nonbiriさん

未だに読み返しているし、今読んでも十分面白い漫画です。
僕の生まれた年に連載開始された漫画で、最初にこの漫画を読んだのは僕が高校生の頃です。
今さら三つ編みキャラの出る漫画を読む人は少ないかもしれませんが、とめはねやモンキーターンが好きな人や柔道をやっている人には十分お勧め出来ます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-10-20 03:27:30] [修正:2011-10-20 03:27:30] [このレビューのURL]

10点 長男さん

爽やか系柔道漫画。
全てのキャラがしっかり立っていて、好感が持てます。
主人公に最初から彼女がいるという設定はちょっと面白いなと思いました。
連載が比較的長かった割には、途中で中だるみもせず完走したのも好印象。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-07 07:52:49] [修正:2011-09-07 07:52:49] [このレビューのURL]

PR


帯をギュッとね!と同じ作者の漫画

河合克敏の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る