ホーム > 青年漫画 > 月刊IKKI > G戦場ヘヴンズドア

7.74点(レビュー数:74人)

作者日本橋ヨヲコ

巻数3巻 (完結)

連載誌月刊IKKI:2000年~ / 小学館

更新時刻 2012-10-08 12:23:41

あらすじ 有名漫画家の息子・町蔵と漫画好きな少年・鉄男。
互いに共鳴しあった二人は、やがてプロ漫画界へ飛び込んでゆく…

備考 NHK-FMのラジオ番組『青春アドベンチャー』にて、2005年3月にラジオドラマ化された。

シェア
Check

G戦場ヘヴンズドアのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全74 件

8点 polojoさん

もう作者が、好きな構図、好きな登場人物、好きなセリフをこれでもかというぐらいに書き込んでいます。

日本橋先生は本作品以前の連載はすべて打ち切りだったそうで、打ち切りられる前に思い切り自分の表現したい描写を描きまくったのでしょうか。

なので内容が濃い。セリフが極端に多いとかではないのですが、なぜか1巻を読むのに膨大なエネルギーを消費します。

絵は、非常に上手だと思うのですが、かなり実験的なデザインにしているコマも所々に見受けられます。

説教臭さは人によっては鼻につくかもしれませんが、それは読者に伝えたいことがはっきりとある、芯のある漫画である証拠なのかなと思いました。

漫画家だけでなく、ものづくりに従事している人には、是非とも読んでほしい漫画だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-12 21:22:53] [修正:2013-05-12 21:22:53] [このレビューのURL]

10点 とこまさん

とにかく熱い漫画!セリフに鳥肌、キャラの表情に鳥肌、もう夜に1人で感極まってしまいました。この漫画は好みが別れますが、初めは僕も「この漫画集めて損したわー」と思っていましたが、ふと暇だったので読み返すと涙ボロボロでした。何でかわかんないですが多分立ち読みとか流し読みではこの漫画の良いところが見落とされていたのではないかと思いました。名シーンがありすぎて選べないですが強いて選べば最初と最後の鉄男の「ぼくにはできない」ですかねー。あれでこの作品ヤバイ!ってなりました。漫画を作る題材としてはバクマンに似てますが、中身は全然違いますのでバクマン嫌いの人も十分好きになる可能性があると思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-10-28 22:09:47] [修正:2012-10-28 22:09:47] [このレビューのURL]

9点 まあささん


なんだろうね、この漫画って

一言一言が名言に見えるんだよね

「俺を震えさせてくれるのなら、この世界で一緒に汚れてやる」
「セックスより面白いことを知ってしまいました。俺はもうそっちには戻れません」
「本当に俺になりたい?しんどいよ?」
「漫画は練習するものじゃない。覚醒するものだ。」

他にもまだいっぱいあるんですけど、上のは好きなセリフなんですが。

この漫画の作者のメッセージって「中途半端な気持ちで漫画家になるなよ」みたいなを読み取ったような気がします。

漫画家に必要なものは人格ってこれに書いてありますしね。

日本橋ヨヲコから考えたの漫画道なんでしょうね、これは。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-02 02:06:46] [修正:2012-09-02 02:06:46] [このレビューのURL]

1点 勾玉さん

大嫌いな漫画、まず主人公のモジャ男がどうしようもなく嫌い
情緒不安定で超自己中、事あるごとにすぐ泣きだし、全て悟りましたみたいな顔して
勝手に打ちひしがれてる様が溜まらなくイライラする。
そして碌に鉄男の悩みすら聞かなかったくせに、鉄男の進路変更を聞いていきなり殴る有り様、
「オレを巻き込んどいて」と言いながら自己中全開で殴りまくるモジャ男さんにドン引きさせられた。
終いには、鉄男の彼女と分かっていながら久美子をデートに誘い
挙句、何の自制も無いまま抱こうとする始末、とんだ発情野郎だ。

まあ、モジャ男は別格としても、その他のキャラも8割方嫌い。
特に主人公2人とその身内、「不器用」と言えばまだ聞こえはいいけど
要するに「メンヘラ」集団、まともな奴は一人としていない。
何しろ、鉄男親子と彼女の久美子で作中にリスカが3人もいるんだから、
読んでて頭も痛くなってくるというもの。

というか、全員が全員、他人を振り回しすぎでしょ
親父2人は、まず息子ともう少し話し合えば?
漫画ばっか描いて、碌に息子と会話もしてなかっただろうに
モジャ父がモジャ男のために漫画描いてたとか言われてもね…
美談にするには無理ありすぎるわ
モジャ男は例のごとく何か感動して泣いてたけど。

鉄男の親父の行動原理も何が何だか…、お前は息子をどうしたいのかと
妻の葬式に来て「ネームは?」じゃねえよ、そりゃ鉄男の精神もおかしくなるわ
久美子も鉄男に依存してたくせに、鉄男が一番弱ってる時期に、他の男のとこに行くとか言い出すし…
こいつら、どういう精神してんの?鬼畜かっ
かなり鉄男目線になったけど、このキャラも親父同様何考えてるかよく分からないので好きじゃない。

こんなに読んでてストレス溜まる漫画は初めてだったので驚いた。
世間での評価の高さが嘘みたいな内容。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-05-24 13:57:20] [修正:2012-06-06 17:18:35] [このレビューのURL]

10点 FAZZさん

本当に熱い熱すぎる、間違いなく心に残る漫画。
強いて悪い点を上げるとすれば説教臭いところですかね。
だけど一度は読んでほしい作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-28 10:35:46] [修正:2012-03-28 10:35:46] [このレビューのURL]

PR


G戦場ヘヴンズドアと同じ作者の漫画

日本橋ヨヲコの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊IKKIの情報をもっと見る