ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングマガジン > 行け!稲中卓球部

7.53点(レビュー数:54人)

作者古谷実

巻数13巻 (完結)

連載誌週刊ヤングマガジン:1993年~ / 講談社

更新時刻 2011-04-15 20:23:20

あらすじ 熱血少年・竹田が率いる卓球部には、妖怪たちが住むという――。
変態の前野、 「あしたのジョー」オタクの井沢、ハーフの毒ガス王子こと田辺、ド級のムッツリスケベ・田中。副部長の木之下だけが、稲中一のモテ男!
個性豊かな部員がそろうこのクラブは、まさに変人の園……。
濃厚ピンポン・ライフ、ギャグの渦巻く青春グラフィティーのはじまり!

シェア
Check

行け!稲中卓球部のレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全54 件

9点 kenkenさん

ギャグマンガを評価する一つの尺度として「古本屋で立ち読みできるか」というのを勝手に設けてます

これは無理。不審者扱い間違いなし

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-07-14 20:24:17] [修正:2008-07-14 20:24:17] [このレビューのURL]

9点 ぺりこさん

[ネタバレあり]

人生で一番笑ったマンガのひとつ。

最初の出会いはデルモの回でした。

完膚無きまでに直線一本道で自覚なきブスを非難
その爽やかな展開に大きなショックを受け、その後単行本を揃えた時、
この人の尋常ならざる描画力の向上に2度目のショックを受けました。

下品ネタが多いので人を選びますが、絶対にお勧めです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-05-15 01:18:10] [修正:2008-05-15 01:18:10] [このレビューのURL]

10点 assdさん

面白いギャグマンガ、ドラマ、お笑いはいっぱいあるけど、
心から爆笑する物は少ない。

内容は下品でくだらないギャグマンガだけど、
作り出したコントとか練りに練ったお笑い、
ドラマなんかでは生み出せない、
究極の笑い、
人間のあほさ、馬鹿さがここにある。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-04-05 22:19:00] [修正:2008-04-05 22:19:00] [このレビューのURL]

8点 ちょうあんさん

最初、読んだときの笑いのインパクトは凄かった
考え方を180度、表と裏、瞬時に切り替えれる
サマは「ファンキーモンキーティーチャー」の流れを汲む
のかもしれないけど、柔軟で強い精神力として魅せつけられました

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-03-31 17:42:36] [修正:2008-03-31 17:42:36] [このレビューのURL]

7点 Sealさん

個人的には4〜7巻辺りがピーク。
この辺の話には爆笑できるのが多い。
それ以降絵がうまくなるにつれてギャグの切れが悪くなった。
しかしギャグ漫画の中では間違いなく名作の部類だろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-12-18 20:18:50] [修正:2007-12-18 20:18:50] [このレビューのURL]

PR


行け!稲中卓球部と同じ作者の漫画

古谷実の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングマガジンの情報をもっと見る