ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングマガジン > 行け!稲中卓球部

7.53点(レビュー数:54人)

作者古谷実

巻数13巻 (完結)

連載誌週刊ヤングマガジン:1993年~ / 講談社

更新時刻 2011-04-15 20:23:20

あらすじ 熱血少年・竹田が率いる卓球部には、妖怪たちが住むという――。
変態の前野、 「あしたのジョー」オタクの井沢、ハーフの毒ガス王子こと田辺、ド級のムッツリスケベ・田中。副部長の木之下だけが、稲中一のモテ男!
個性豊かな部員がそろうこのクラブは、まさに変人の園……。
濃厚ピンポン・ライフ、ギャグの渦巻く青春グラフィティーのはじまり!

シェア
Check

行け!稲中卓球部のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全54 件

9点 拙僧若輩にてさん

 言わずと知れたギャグ漫画の頂点。

 連載終了後、十五年が経とうとしている今なおこの作品を越えるギャグ漫画は出ていないという、圧倒的な力を持った作品。
 
 私はこの作者については、新井英樹しかり、天才とXXXの紙一重の所に心を置く人間が突出した作品を生み出すことの典型であると捉えている。
 
 ヒメアノールなど後の作品を読めば、この作者がいかに常軌を逸した所で人間の深層を見ているかが分かり、また同時に、そんな人物だからこそ他人には決して真似できない笑いが生まれているということが分かる。
 
 思うに、人間の表現力というものはその人間の持つ感性に裏打ちされているが、この作者の感性の輪は私のような凡人のそれよりも一回りも二回りも大きく、それ故にどのように面白かったか説明はし辛いがただひたすら笑えるというギャグが多く見られる。
(この点においては松本人志に共通するものがある)

 1,2巻はバレーボーイズとあまり変わらない、ただ下品なだけで笑えない内容でありこそすれ、喉もと過ぎればなんとやらで、そこを堪えれば至上の笑いが私達を待ち受けている。
 1巻だけ読んで敬遠されている方がおられるならば是非もう一度読み直してみて頂きたい。
 
 ここからは個人的な感想で。
 
 この作品には悶絶するような笑いが多々ありましたが、その中でもイガグリ田中の「送れぇーーーーッ!!」は私にとってギャグ漫画史上屈指の名言であると思っています。これが私の「マイ稲中」です。
 あなたの「マイ稲中」はどの笑いだったでしょうか?
 浣腸ワールドカップ? 死ね死ね団? 竹田の「おっぱい」? 海での合宿? それとも……

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-06-17 05:09:53] [修正:2011-06-17 08:37:16] [このレビューのURL]

7点 即身仏さん

ギャグ漫画としては爆発力のあった漫画。

特に田中の黒さがたまらないんですよね。ある意味一番の大物(笑)とにかく馬鹿なんだけど馬鹿は馬鹿なりにじつにくだらなく楽しく生きていやがる、そんな漫画であります。

自分は凄く大好きな漫画でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-15 00:25:24] [修正:2011-02-15 00:25:24] [このレビューのURL]

3点 gomaさん

古谷実さんの作品の中で唯一受け付けられない作品。
ノリについていけないと言うか、なんとなく気分が悪くなる。
絵や雰囲気が下品。
完全な主観だけど、はっきり言ってまったく好みではない。

でも好きな人は好きなんだろう。
でなければこんなに有名であるはずがない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-05-10 17:01:33] [修正:2011-02-10 21:12:25] [このレビューのURL]

10点 エッグ卵木さん

まさしく人生に影響する作品ですわ!

心に残る名台詞の数々、主要キャラ・脇役のキャラクターデザイン、
すべて文句無しです。

この作者の凄い所は、おもしろいキャラとおもしろくないキャラの差別化の
表現だと思います。
この表現によって前野とゆう、とくに取り柄や特徴のないキャラクターが
主役として最高の魅力を解き放っています。

前半の成長過程の画力を差し引いてもこれは10点ですわ!

前半で脱落した方がおられるなら是非頑張って9巻ぐらいまで読んでください!
新しい人生が幕を開きまっせ!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-24 23:22:34] [修正:2010-11-13 01:03:48] [このレビューのURL]

8点 s-fateさん

当時友人から奨められて読んで問答無用で爆笑させられた作品です。ギャグマンガが好きな人にはオススメします。ただし、最初の頃の絵がまだ安定していないので、最初の絵で受け付けなくても3巻くらいまでは読んでみて下さい。
 今読むと普通記憶から無くなりがちな小学生から高校生ぐらいまでの男子のバカ話(と行動)的成分が全体の雰囲気を作っている気がします。その結果、懐かしさをともなって笑いのツボを容赦なく押してくる破壊的なギャグが笑いを呼ぶのだと思います。
 マンガとは関係ありませんが、当時「稲中Tシャツ」とか郊外型大型店とかで普通に売っていました。買いませんでしたが「そんなに流行っているんだ」と思いました。
 名作、というとちょっと違う気もしますが、何度も読んだので8点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-06 19:12:47] [修正:2010-11-06 19:12:47] [このレビューのURL]

PR


行け!稲中卓球部と同じ作者の漫画

古谷実の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングマガジンの情報をもっと見る