ホーム > 少年漫画 > 月刊少年マガジン > capeta

8.04点(レビュー数:47人)

作者曽田正人

巻数32巻 (完結)

連載誌月刊少年マガジン:2003年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-12 12:49:15

あらすじ 幼い時に母を亡くした平 勝平太(かっぺいた・通称カペタ)は、仕事が忙しい父に対して気丈にふるまうものの、退屈な日々を過ごす小学4年生。カペタの唯一のあこがれといえばかっこいいクルマ……。そんなある日、父が仕事先から持ち帰った“ある物”がカペタの運命を大きく変えることになる!!

備考 単行本はKCDXから発売。

シェア
Check

capetaのレビュー

点数別:
41件~ 45件を表示/全47 件

8点 weaselさん

ホントにこの人って普通の漫画を書かない人ですね。
それでいて「天才」「苦悩」「熱血」「友情」というポイントは絶対外さない!
まさに血潮(?)漫画だと思います。
恵まれているけど恵まれていない。こんな話が大好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-04-30 16:06:07] [修正:2007-04-30 16:06:07] [このレビューのURL]

8点 カルマさん

この作者の漫画はハズレがないなぁ。
過去の作品と比べると突き抜けた感じがあまりないので、一番とっつきやすいと思います。
まぁ熱さは相変わらずなんで、しっかり引き込まれますけどね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-02-03 01:26:21] [修正:2007-02-03 01:26:21] [このレビューのURL]

9点 パンダマンさん

 母親は死んでて、家は貧乏だけど、子供に楽しませる為にカートモドキを子供にプレゼントする父親と息子の友情みたいのから始まる話
 あぁ、なんだ。オレ、こういうの無条件で弱い
もうだめだ
なんだ? 年だからか

 貧乏ゆえにカペタの才能だけでカートレースを走るという作りは、コテコテのはずが、すごいみせる
 シャカリキの時のほうが熱かったって周りはいうけど、曽田正人が昔よりも話の作り方がうまくなってるからそう感じるんだと思う。計算された話の作りは安心して楽しめる

 キャラクターの表情にやどる熱は昔よりも熱いと感じることのほうが多くて、すげー嬉しいです

 玉之浦草之助さん
 私は鼻からもでますよ

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-12-04 07:37:24] [修正:2006-12-04 07:37:24] [このレビューのURL]

8点 彩香さん

シャカリキは呼んだことないからわからないけど、
個人的に、昴と大吾の良さを受け継いで改善を加えられたと思われて読みやすい。
主人公カペタ→昴と大吾の特徴を引き継いでるっぽい。
       サーキットをしてるときは一目置かれるすごい奴。
       でも普段は泣き虫なあたりとか。
   モナミ→昴のわがままを引き継いでる感じ。
   ノブ・源→大吾の甘粕と昴のマナちゃんの主人公をサポートしてる役目をノブが引き継いで、ライバルの役目を源が受け継いだような気がする。
曽田正人の公式ページを見てみるとわかると思うが、初めて共同原作者(冨山氏)を迎えたこともあり、共同原作者に頼りきりなところも見られ、今までの主人公に比べ神がかり的要素やすごさとかがいまいち伝わらない気もする。
でも、今までよりキャラクターもストーリーも読みやすいというか、入り込みやすい。
あまり知られていないけどわりと誰でもなじみやすい作品。月刊誌でなく週刊誌で小学生が読んでも馴染みやすいんじゃないかと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-11-27 17:31:17] [修正:2006-11-27 17:34:32] [このレビューのURL]

10点 えびりんさん

◆アツい、アツいぞ!曽田正人!!自身が愛してやまないレーシングもの。つまらないワケがない。この調子でガンガン行ってくれ!
◆モナミちゃんカワイイ。ナナコさんイロっぺー。昴ですら作者が避けていた”萌え”描写が、なにか吹っ切れたようにこの作品では炸裂している。やれば出来る子だと思っていたんですよ。オジさんは。
◆まさに魂のレーシングマンガ。ぶるっ.....。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-05-07 14:55:15] [修正:2006-05-07 14:55:15] [このレビューのURL]

PR


capetaと同じ作者の漫画

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊少年マガジンの情報をもっと見る