ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 20世紀少年

5.85点(レビュー数:106人)

作者浦沢直樹

巻数22巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:1999年~ / 小学館

更新時刻 2012-11-05 16:40:46

あらすじ ケンヂ、オッチョ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ドンキー、ケロヨン、が少年時代に遊びで作った世紀末預言書「よげんのしょ」の内容が、成長した彼らに現実となって襲いかかる。ケンジは地球を救うため立ち上がり、数々の謎を解明していく。そして、謎のカリスマ”ともだち”の正体とは?

備考 『21世紀少年』に続く。

シェア
Check

20世紀少年のレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全106 件

5点 tamajiroさん

他のレビューの方々も仰る通り伏線に次ぐ伏線のいわゆる「伏線漫画」となっています。
伏線マニアにはたまらんですなw

まあ、こういった伏線漫画というのは二度三度読み込むとまた違った味が出て一度目とは違った楽しみ方ができると思うんですけど、
今回に関しては僕は「もういいやw」ってなっちゃいましたw

その大きな理由としては
「ギャグが弱い」のと「キャラが弱い」ことですかね。
ギャグが弱いから作品自体が重くどんよりしている
キャラが弱いからこの作品を全部読んでも特に「好きなキャラ」とかいないんですよね・・・。まあ主人公は最後の方とかはカッコいいんですけど・・やっぱりいないですね。それが痛恨です。
しかもそんな影の薄いキャラ達が伏線要因でポンポコポンポコ出てくるんで、一回読んでも全然名前を覚えられないというorz
読んでる途中で「こいつは誰だっけ」って前の巻を引っ張り出して読む。
この行為自体は漫画を読むうえでは良くあることなんですが
この漫画は少しそういった機会が他の漫画より多くなると思います。
相当多くのキャラがこの作品に登場するのですが、この漫画が映画化されたときに僕が覚えてたのは「ケンヂ」と「カンナ」と「トモダチ」だけでした。(あれ?黒幕は?ww)

「伏線マニア」にはハマるだろうけれど「キャラの魅力」を大事にしている人にはイマイチだろうなぁ。
という感じで点数も辛目につけさせて頂きました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-08-09 15:24:30] [修正:2012-08-09 15:27:12] [このレビューのURL]

8点 ドルバッキーさん

伏線好きにはたまらない作品となっています。

謎がまた謎を呼ぶという感じで物語が展開されていきます。


ともだちの正体は誰だろうと考えながら読んでしまいますね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-04-03 14:57:07] [修正:2012-04-03 14:57:07] [このレビューのURL]

6点 sin00さん

 「21世紀少年」を含めた評価.青年と中年の境目の年齢向け.郷愁という感覚を喚起させられれば楽しめる.物語として面白いかどうかは別だが再読性の高い構成は興味深いものがある.

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-18 18:55:46] [修正:2012-02-18 18:55:46] [このレビューのURL]

7点 ルカさん

伏線マンガ。
最初はグイグイと物語に引き込まれていくが、
1つ伏線を回収している間に 伏線が2個…3個…4個…
と、爆裂的に増えていき、途中からついていけなくなる。
ストーリーは浦沢らしくていいのだが、こちらも後半あたりから
すこし複雑になり、読んだ時の気持ちよさが半減されている。
もう少しシンプルにしてほしかった。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-17 01:58:15] [修正:2012-02-17 01:58:15] [このレビューのURL]

4点 utunomiyaboyさん

ラストの大どんでん返しを期待しつつ読んでいたが、
結局尻つぼみの印象だった。

ベタだが、ともだちはケンジ自身であるなど、あっと言わせるラストを期待していた。



ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-24 15:26:48] [修正:2011-12-01 13:52:00] [このレビューのURL]

PR


20世紀少年と同じ作者の漫画

  • MONSTER

    総合点:7.08点

    レビュー数:90人

  • MASTERキートン

    総合点:7.85点

    レビュー数:61人

  • PLUTO

    総合点:6.64点

    レビュー数:59人

浦沢直樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る