ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > SIDOOH 士道

5.8点(レビュー数:20人)

作者高橋ツトム

巻数25巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2005年~ / 集英社

更新時刻 2009-11-25 06:29:50

あらすじ ニッポンが「幕末」と呼ばれる少し前、動乱の世に放たれた二人の兄弟がいた。
兄は雪村翔太郎14歳、弟は源太郎10歳――たった二人で生きることを誓った幼き侍に、時代の混沌、修羅の世界が容赦なく降りかかる!

シェア
Check

SIDOOH 士道のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全20 件

8点 dc46188020さん

すごく面白いです。
ストーリーが格闘技系の良くある強いやつが出てきて、それを倒してという単調なものではなく25巻にわたって完璧です。
ワンピースが人気ですが、あれは通り一辺倒な漫画ですので、全然ワンピースよりおもしろい

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-06-03 19:10:02] [修正:2013-06-03 19:10:02] [このレビューのURL]

5点 朔太さん

高橋ツトムというだけで相当期待したが、結果的に残念な作品。

”士道”というテーマと幕末動乱期にミスマッチがないか?

幕末の革命児たちにフォーカスしているように見える分だけ、主人公兄弟の

とにかく生き残り這い上がる飢餓感とが整合せず、何がストーリの中心なのか、

何が起こってくれるのか、期待させるほど何も起こらないということで失敗。

9巻まで読んで撤退。



ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-06 17:25:48] [修正:2013-01-06 17:25:48] [このレビューのURL]

6点 blackbirdさん

絵が上手い。
百舌さん綺麗。
翔さんがいつの間にだんだん恰好良ってる。
時代の雰囲気がよく表れていて、時折はっとするような見開きの絵に目を奪われた。

でも人物のかき分けがつかない。
正直、「あんた誰だったけ?」という人が散見されて、誰かが名前を呼んでくれないとすぐには分からないことが・・・
また、歴史上の人物はあまりに顔を変えすぎると違和感ありでした。
特に高杉さん、格好良すぎでしょう・・・いいキャラなんですが。

話はやはり史実とリンクし始めてから、面白みとしては微妙に。そこにあれだけの架空の人物を詰め込んだら、ラストはあんな感じにならざるを得ないかなあ。途中で読めちゃった感じがあります。

それにしても瑠儀を何とか処理するためには、勝海舟をあそこまで悪者にしないといけなかったのか。結局勝はしてやったりってことでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-05-01 19:38:19] [修正:2011-05-01 19:38:19] [このレビューのURL]

4点 torinokidさん

史実を絡めた幕末ものは難しいですね。
歴史的な流れは概ね皆さんわかっている訳だし。

フィクションに寄りすぎるとトンデモ感が溢れるが、
ノンフィクションに寄りすぎるとダイナミズムが欠落するし。
そう考えればよく頑張ってる方だと思うけどなあ。

上手に終わらせられれば評価は上がるかも。

・完結後追記
なんかイマイチな終わらせ方だったなあ。無難ではあるけど。
残念ながら評価は下げざるを得ない。残念です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-04 10:34:27] [修正:2011-04-24 22:25:18] [このレビューのURL]

2点 kogumataroさん

最初はおもしろかったんだけどなー。途中からの盛り下がりが残念すぎます
途中から歴史漫画にしたのが大失敗の上にまだダラダラと続けている体たらくは見ていられません。

絵はさすが高橋ツトムなだけにかっこいいですが、完全に駄作でしょう

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-29 03:13:03] [修正:2010-10-29 03:13:03] [このレビューのURL]

PR


SIDOOH 士道と同じ作者の漫画

高橋ツトムの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る