ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > SLAM DUNK

8.69点(レビュー数:288人)

作者井上雄彦

巻数31巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1990年~ / 集英社

更新時刻 2012-07-26 21:18:02

あらすじ 中学3年間で50人もの女性にフラれた高校1年の不良少年・桜木花道は背の高さと体格からバスケットボール部の主将の妹、赤木晴子にバスケット部に入部を薦められる。彼女に一目惚れした「超初心者」花道は彼女目当てに入部するも、練習・試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚めていき、才能を開花させていく。(Wikipedia)

シェア
Check

SLAM DUNKのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全288 件

10点 つなさん

瞬間最大風速はダントツ1位だと思う。
ページをめくる手が止まらなすぎて、読み終わった後あんまり細かいとこ覚えてなかった。そんくらい面白い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-05-31 23:13:11] [修正:2015-05-31 23:13:11] [このレビューのURL]

10点 デビルチョコさん

何よりも凄いのは31巻で約7試合という内容なのに、中身が非常に濃い。

ストーリーは勿論良かったし、キャラも際立っていた。
この作品を超えるバスケット漫画を私は知りません。

またバスケットのルールを知らない人でも、ストーリーの中で「ドクターTのバスケット講座」というコマが出て来て詳しく説明してくれるので、十分楽しめる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-12 19:36:32] [修正:2015-04-13 07:22:08] [このレビューのURL]

10点 afro_hedgehogさん

井上先生、本当にスラムダンクを描いてくれてありがとう。
バスケに出会えたのも、漫画にどっぷりハマったのも井上先生のお陰です。

スラムダンク奨学金で現実の桜木花道を期待してます。

漫画のレビューになってないですね(笑

とにかく読んでみろ!素晴らしい作品です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-04-05 07:59:49] [修正:2015-04-05 07:59:49] [このレビューのURL]

10点 さん

<コミック版31巻所持>
記念すべきレビュー1つ目は最も大好きな漫画にします。
私の世代はこの漫画を読んで、バスケを始めた!という人も多いのではないでしょうか。かく言う私も中学のときにバスケ部に入りました。
残念ながら花道のような才能は開花しませんでしたが(笑)

この漫画はストーリー、キャラクター設定、絵柄、コマ割りなど全てに満点をつけたいくらい大好きで、何度も何度も読み返しました。最後の終わり方も秀逸で、ここ近年のジャンプ作品(人気があるがゆえ、ダラダラ連載が続いて鮮度が落ちてしまった)とは違うところも何度も読みたくなる理由だと思います。

作者のバスケに対する愛も伝わりますし(だからバスケをやりたくなる)、コミック版のおまけページもクスっと出来て好きです。
当時マイナーだったバスケを取り上げ、今は数多く存在するバスケ漫画の金字塔だと思います。

キャラクターみんなのそれぞれの想いもグダグダ説明していないのに、スっと入ってきて、愛おしくなります。
連載当時はフクちゃんだけは大嫌いでしたが、今は彼も大好きです。大人になったなぁ(笑)

31巻という巻数も読むにはちょうどよく、人に自信をもって勧めたい漫画です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-03-17 11:24:43] [修正:2015-03-17 11:24:43] [このレビューのURL]

8点 masaroさん

エンタメ系のスポーツ漫画としては最高峰に位置する作品。

キャラクターは非常に生き生きとしていて魅力があり、
ストーリーも単純ながら王道的な見せ方を
しっかりと見せられており完璧に近いです。

そして言うまでもなく作者の持ち味は画力で
おそらく作者本人も好きなのでしょう
バスケという分野を最大限に魅せてくれます。

文句のつけどころはないですが、
あえて8点をつけたのは少年スポーツ漫画の限界だからです。

ここを起点にさらにストーリーを深められたら
10点の作品が出来ると思います。
作者の次作『バガボンド』はそれを狙ったものなのでしょうが、
残念ながら本作を超えているとは言えません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-22 11:36:44] [修正:2015-01-22 11:36:44] [このレビューのURL]

PR


SLAM DUNKと同じ作者の漫画

井上雄彦の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る