ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > SLAM DUNK

8.7点(レビュー数:284人)

作者井上雄彦

巻数31巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:1990年~ / 集英社

更新時刻 2012-07-26 21:18:02

あらすじ 中学3年間で50人もの女性にフラれた高校1年の不良少年・桜木花道は背の高さと体格からバスケットボール部の主将の妹、赤木晴子にバスケット部に入部を薦められる。彼女に一目惚れした「超初心者」花道は彼女目当てに入部するも、練習・試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚めていき、才能を開花させていく。(Wikipedia)

シェア
Check

SLAM DUNKのレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全284 件

10点 CHIEROさん

全巻既読です

バスケを知らない人でも惹きつけられる魅力のある漫画です
実際自分がそうでした
始まりから終わりまで疾走感が止まりません
特に最後の試合描写が素晴らしいです
他の人に自信を持っておすすめできる漫画です

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-22 03:46:00] [修正:2013-09-22 03:46:00] [このレビューのURL]

10点 cottinさん

やはり神漫画。スポーツ漫画だとか少年漫画だとかそういう垣根を超える。やっぱり山王戦、目が離せないスピード感、今までのチームへの感情移入も相まって号泣した。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-22 19:02:39] [修正:2013-08-22 19:02:39] [このレビューのURL]

10点 gazetterさん

まさに神漫画と呼べる作品でしょう。
自分もこの作品が1番好きです。
特に山王戦は10回以上は読みました。
それに木暮や安田のようなベンチキャラの活躍も描かれており、そこも好評価でした。
他の翔陽、海南、陵南、豊玉戦もすべて面白く全く飽きることのない作品でした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-14 18:08:46] [修正:2013-08-14 18:08:46] [このレビューのURL]

10点 fasterさん

名作。バスケ漫画の最高峰。
最終巻は本当に感動した。

湘北バスケ部のレギュラー全員のキャラが良い。
さらに、監督、マネージャー、ベンチ陣、ライバル校…見事に描き分けられている。

個性的で魅力的なキャラたちだと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-04-01 23:05:05] [修正:2013-07-25 01:58:50] [このレビューのURL]

10点 さん

漫画でここまで心を動かせられるものなのかと感心しました。

キャラ一人一人が
「今こんな気持ちなのか」とすぐ予想できるくらい確立しており
今まで読んできた漫画の中で自分は一番感情移入できました。

特に負けず嫌いな主人公桜木があそこまで確立したキャラだったからこそ
ラストの試合の終盤の色んな出来事は最高なんだなと思います。
読みながら興奮して頭の中で叫びまくってました(笑)

主人公がバスケ初心者な所から始まるのも良かったです。
バスケを知らない人でも抵抗無く読めます。
ふとした瞬間入るギャグも笑えます。

良いポイントでささっと終わってくれたので、良い読後感が残りました。
読んでいない人には絶対読んでいただきたいですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-31 18:40:54] [修正:2013-05-31 18:40:54] [このレビューのURL]

PR


SLAM DUNKと同じ作者の漫画

井上雄彦の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る