ホーム > 青年漫画 > 月刊IKKI > ぼくらの

6.96点(レビュー数:51人)

作者鬼頭莫宏

巻数11巻 (完結)

連載誌月刊IKKI:2003年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:28:37

あらすじ ぼくらの大切な地球に、異形の巨大ロボットが迫る!
迎え討つは15人の少年少女のみ! S
Fファンタジーの鬼才が贈るニュータイプ・アクションコミック。
(amazonより)

シェア
Check

ぼくらののレビュー

点数別:
26件~ 30件を表示/全51 件

9点 spprさん

この作品は、鬱になるとか言われていますが、作者の伝えたい思いがとてもたくさん詰められていていい作品だと思います。ただ子供が死んでいくので少し抵抗のある人はいると思いますが。人が生きる意味を考える上でとても面白い作品になっているので、そこを意識して読んでほしいと思います。

作者の伝えたい事を受けて、そこから考察していくことで自分なりの答えを出していけばとても楽しむことのできる作品だと思います。

個人的には、マコのお母さんがかっこよくて好きです。感動できる話なのでぜひ読んでみてください。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-08 14:51:40] [修正:2011-02-08 14:51:40] [このレビューのURL]

8点 あおはなさん

この作品は「2度」読むことを半ば「強要」しているという意味で「深くて傲慢な漫画」だと思います。

この漫画の主人公は子供全員と言えばいえなくもありませんが、実は明確に「中核」になる子がいます。
そしてその中核の子が誰かを認識した上でないと途中で戦っていく子供たちのうち少なくとも10人を通して語られる主張哲学が明確にならないという意味で2回読まないと理解できないつくりになっている(この点はすごいと思う反面立腹)。

タイトルが「ぼくらの」。「ぼく」とは誰かということです。

これ11巻の圧巻の表現技法からなる最後のあの子のラストシーンでさりげなくもはっきりとカミングアウトされています。
1巻の衝撃のラストに加担するのが何故かれでなければならなかったのかという時点で本作を描いている段階であの子をラストにしようなどというやっつけ仕事でもないのは明らかで、本作はなるたるに比べて非常に完成度が高く洗練されています。
いや洗練されすぎていてそっけなく味気なく感じるほどに。

細かいところに気がつかないと「またガキが死んでいくあの展開か?」でおわってしまうので残念。

それを考慮してかアニメでは上記で述べたことに気がつかなくても良いようにまさにこの部分に関連していくところのみに大幅な「改変」が行われまして、「二人の妹」に関する話が完全に飛んでしまいました。

この漫画で表現上最も評価すべき11巻のあのラストシーンがなくなってしまったわけで、漫画で読まないと意味が無い作品の筆頭に上がります。

アニメ化にあたってアニメ監督の森田宏幸さんは「子供を助けたい」と鬼頭さんに「改変」許可をもらうにあたって鬼頭氏は「魔法を使わないならばOK」と答えたそうです。
この回答にも深い意味あります。「死んで生き返る展開はやめてくれ」と暗にいっているわけですから。

それにしても最近、読解力を求める漫画増えました。漫画を読む年齢層にあわせると必然的にこうなってしまうのかわからないですが、IKKI、エロティックF、アフタヌーン、イブニング、スピリッツとモーニングの半分以上はこの傾向が強い。漫画は日々色んな意味で進化していると感じる反面、単純な娯楽性は逓減していくわけで複雑でもあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-05 16:50:53] [修正:2011-02-02 19:28:56] [このレビューのURL]

「なるたる」同様、作者の趣味(ロリータ、ミリタリ、etc)全開です。陰鬱なストーリーや秀逸な伏線も健在ですし、相変わらず登場人物たちが作者の思想などを代弁しています。全てに賛同はできませんが、考えさせられるものが多くあります。ウシロ父の死の授業やキリエの命の価値、畑飼教師の選択の話などが特に印象に残りました。なるたるの鶴丸も同じようなことを言っていましたが、自分の中でこの畑飼は、気分が悪くなるというか、より恐ろしいキャラクタでした。

主人公がいない、もしくは全員が主人公という、17人のパイロット達に順にスポットを当てていくストーリー進行は、珍しく、新鮮に感じました。このおかげで、テンポよく進みダレなかったと思うし、新たな疑問の提示や伏線の回収がスムーズでした。これもぜひ複数回読んで欲しい作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-06-11 19:41:17] [修正:2010-06-11 19:41:17] [このレビューのURL]

9点 クロモフさん

人は死を目前にしたとき、いったいどうするのか。どうなるのか。
それを考えされられた作品でした。

少なくとも、僕自身、今すぐに死ぬとは思っていないし、これから先も生きていけると勝手に思っています。
そんな僕だからこそ、子供たちがどうゆう答えや決断をくだすのか興味を持ちました。

ぐっとくる場面もいくつかあり、こんな世界をつくりだしちゃう鬼頭先生は鬼才です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-26 10:58:46] [修正:2010-03-26 10:58:46] [このレビューのURL]

7点 ショーンさん

なるたるよりは断然面白いと思うが、子供達がどんどん亡くなっていくのはやはりつらい。ですが、毎回一人一人に焦点を当てるので、子供達の現状や内面を深く知る事が出来る。でも気分が沈んでいく漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-01-30 02:47:18] [修正:2010-01-30 02:47:18] [このレビューのURL]

PR


ぼくらのと同じ作者の漫画

鬼頭莫宏の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊IKKIの情報をもっと見る