ホーム > 青年漫画 > 月刊IKKI > ぼくらの

6.96点(レビュー数:51人)

作者鬼頭莫宏

巻数11巻 (完結)

連載誌月刊IKKI:2003年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:28:37

あらすじ ぼくらの大切な地球に、異形の巨大ロボットが迫る!
迎え討つは15人の少年少女のみ! S
Fファンタジーの鬼才が贈るニュータイプ・アクションコミック。
(amazonより)

シェア
Check

ぼくらののレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全51 件

4点 ひらがなさん

一応友人に勧められて読みました。
人の死を確り重い物と捉えた上で描いているのが
この作品の評判を下げない理由だと思う。

作者なりに伝えたい事があるのであろう。

でも、自分はやっぱり人の(特に子供の)死を
描くのには賛同できない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-11-21 02:01:08] [修正:2009-11-21 02:01:08] [このレビューのURL]

7点 bkさん

この作品で面白いと思ったのは、作者が言いたいであろう主張をキャラクターに言わせているその内容である。

ともすれば、いわゆる厨二病ともいえそうな内容かもしれないが、個人的には「なるほどな、面白い」と思われるものが結構ある。

また、魂の理論(?)というか世界観も凝っているなあと思う。

なんというか、単に娯楽作品ではなく、何らかのテーマを立てて物語を作っているというスタンスを感じ取ることができるので、そこはとても好きだ。

ただ、残酷な方へ、不条理な方へとストーリーが流れていく傾向があり、
それが後の展開との関係で、読者にとって腑に落ちる内容かというとそうとは言えない場面が多い。
全く無意味な描写ともいえないが、そこさえ加減すればもっと多くの人に受け入れられる漫画になるのではないかと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-10 20:06:27] [修正:2009-07-10 20:06:27] [このレビューのURL]

4点 sak4dn1さん

アニメは未視聴。
作者の画風も影響してか、淡々と物語が進んでいく。
あまりにも人間の暗い側面に注描しすぎで、もう少しライトサイドの描写もあればバランスがとれたような気がする。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-06-24 12:11:56] [修正:2009-06-24 12:14:07] [このレビューのURL]

5点 Couchさん

[ネタバレあり]

先にアニメを観て、それから漫画を読み始めました。
漫画についてですが、確かに新鮮であると同時に評価の分かれる問題作です。

ただ僕はこの作品を素直に称賛できません。
大きな理由の一つは作者の表現力が低いこと。
特に表情についてはすごくうすっぺらな感じがしてなりません。
物語自体が淡々としているため、作者が意図してそうしてるようにも読めますが、テーマがこれほど重いだけに、話の節目節目でのキャラの表情には細かい描写が欠かせないと思います。
それが漫画では決定的に欠けてるように思えます。
特に怒りや悲しみの表情については、「おまえらその程度しか悲しくないのかよ」と思わずにはいられません。


あと畑飼のチズへの性的暴行やウシロのカナへの暴力に登場人物があまり抵抗感なくあっさりしてるのに、すごい違和感を感じます。
作者の畑飼への扱い次第では作品の評価が変わると思います…

それから戦闘シーンについては、僕はこの作品にそこまで求めてないからいいけど、あまり上手くはないと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-04-02 20:09:50] [修正:2009-04-02 20:09:50] [このレビューのURL]

7点 mujirusiさん

アニメを見て一目ぼれ。
漫画も一応出ているやつは全部買ったのですがやはり面白い。
漫画は人物の心境もきれいに書かれていてアニメよりも内容がよかったです。
さて最後はどうなるんでしょうね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-12-24 11:55:00] [修正:2008-12-24 11:55:00] [このレビューのURL]

PR


ぼくらのと同じ作者の漫画

鬼頭莫宏の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊IKKIの情報をもっと見る