ホーム > 青年漫画 > 月刊IKKI > ぼくらの

6.96点(レビュー数:51人)

作者鬼頭莫宏

巻数11巻 (完結)

連載誌月刊IKKI:2003年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:28:37

あらすじ ぼくらの大切な地球に、異形の巨大ロボットが迫る!
迎え討つは15人の少年少女のみ! S
Fファンタジーの鬼才が贈るニュータイプ・アクションコミック。
(amazonより)

シェア
Check

ぼくらののレビュー

点数別:
41件~ 45件を表示/全51 件

10点 ムーさんさん

人によって好き嫌いが分かれやすい作品だと思いますが、私はこの漫画は好きです。
理不尽な死に方や主人公たちの言動や考え、これがメインなのかと思ったりします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-05-15 21:10:51] [修正:2008-05-15 21:10:51] [このレビューのURL]

6点 たにやんさん

戦闘が分かりにくいなぁ。

そして救いが無いけど、
こういう作品はこの作者にしか描けないね。

締め方も気になる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-01-26 12:29:13] [修正:2008-01-26 12:29:13] [このレビューのURL]

3点 leoさん

友人に勧められて読みましたが、正直、展開についていけませんでした。心理描写の薄い淡々としたストーリー展開、リアリティのなさなど、いろいろ理由はありますが、一番大きなのは無意味に人が死にすぎる点ですね。

まぁあのストーリー展開じゃしょうがない気もするけど、もっと登場人物について掘り下げてから死んでもわらないと、したくても感情移入できない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-09-12 14:46:51] [修正:2007-09-12 14:46:51] [このレビューのURL]

無知な子供達が遊び半分で契約を交わした事によって、地球の運命を背負って戦わされる羽目に、、、。勝とうが負けようが戦闘が終わると操縦士は死ぬ。その狭間で子供たちは「人生」「生まれた意味」「生と死」等に向き合い答えを模索していく、そんな無慈悲で絶望的な漫画。
さらにガキのくせにやけに冷静だったり、物事を客観的に見れたり、ボキャブラリーが豊富すぎたり、思考が深すぎたりで感情移入も出来ないため、鬱になるといったような感動も自分は感じなかった。本当に紙の上での出来事。

それでも読み続けているのはそれなりにエンターテイメント性が高いからか、それとも半年に一冊程度の刊行ペース故に出費が少ないからか、とにかく今はこの点数かな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-25 14:41:00] [修正:2007-08-25 14:41:00] [このレビューのURL]

9点 htさん

[ネタバレあり]

このマンガにとってロボットの戦闘はあくまでトッピングの
一つだと思います。それより登場人物の日常や戦いへの思いが
中心のマンガだと私は考えて読んでます。
鬼頭作品のなかでは最も一般向けな作品でしょう。
あと、勘違いしやすいようですが小学生はウシロカナ一人で
後の搭乗者はみんな中学生ですよ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-08-12 22:01:51] [修正:2007-08-12 22:49:21] [このレビューのURL]

PR


ぼくらのと同じ作者の漫画

鬼頭莫宏の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊IKKIの情報をもっと見る