ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > ヴィンランド・サガ

7.5点(レビュー数:54人)

作者幸村誠

巻数22巻 (連載中)

連載誌月刊アフタヌーン:2005年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:45:54

あらすじ 時は11世紀。幼くして戦場を生きる場所に選んだ少年トルフィンは父の仇であるアシェラッド率いる一味に身を投じるも、幻の大陸「ヴィンランド」を目指す。海の戦士・ヴァイキングの物語。

備考 2005年4月より「週刊少年マガジン」(講談社)で連載が始まったが、2005年10月に週刊連載自体が無謀だったということで同誌での連載を終了。同年12月より「月刊アフタヌーン」(講談社)にて連載を再開し、現在に至る。 なお単行本は「マガジン版」の1・2巻が出されたあと、「アフタヌーン版」に装いを改めて1巻から再版されている。

シェア
Check

ヴィンランド・サガのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全54 件

7点 kikiさん

アシェラッドがカッコよすぎる!
めっちゃ強くって頭がきれて冷静かつ冷酷だけど大胆な行動に出ること
あり。そしてあの出生…ハゲでも素敵やん。
なもんでここ数巻はかなりテンション落ちて読んでます…。

書かれている方いらっしゃいますが、主人公のトルフィンが
いまいちすぎますよね。幼き頃は少年漫画のステレオタイプ
くさいし、成長してからはあの偉大なお父さんの教えが全く
生きてないし。トールズさんすごい人だったのかもしれないけど
子育て失敗してるやん。もっとズッシリ教えとかないと。

これから成長していくのだと分かりますが、いまいちな姿もう10巻
近くも見てるんだけど。(代わりにアシェラッドがカッコよかったけど)
このペースだとなんだかとてつもなく長い物語になりそうで
途中私が脱落しないか少し心配。

漫画や文学でもあまりなじみのない興味深い時代を描いているし、
描写が素晴らしい幸村誠氏だし、何よりもヴィンランド(北米の。
出てこないかもしれないけど)を見てみたいので期待しながら
続きを楽しみにしています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-23 19:44:11] [修正:2011-07-25 21:37:01] [このレビューのURL]

7点 booさん

大分話が分かってきたのでレビューを修正。

第1章では主人公トルフィンが父親を殺されてヴァイキングになった理由とヴァイキングによる陰惨な略奪やイングランド戦争が描かれる。
ここでは多少の葛藤はあるものの父親の仇をとるという目的しか見ていない単純な主人公で、ある意味プラネテスにおける序盤のハチマキみたいなものと考えてくれればいい。
第2章ではトルフィンは仇をとるという目的を失い、自失の中でクヌート王子を傷つけ奴隷に堕ちてしまう。第1章との表情と性格の違いは必見。
ここでようやくトルフィンは本来の自分に戻り、何もない状態から自分の意思で考え始める。奴隷からの脱却というのも意味深だ。ここからトルフィンの目覚めが描かれていくのか?
ちなみに作品中で章が分けられているわけではなく、個人の解釈です。

とりあえず、1章長すぎ!
完璧に8巻までが本筋でこのままの流れで進むのかなと思っていたのに、まさか壮大な前振りだったとは…。ヴィンランド・サガってタイトルなのにヴァイキングものっていうのはおかしいとは感じてはいたけどね。少し驚いた。
ちなみに第1章のヴァイキング編は卓越した画力で描かれるので見ごたえはあるもののそこを抜きにすると普通。神父が愛を語りだす所から王子覚醒までの展開は興味深かった。
第2章以降は最終的にトルフィンがヴィンランドに最終的に移住するまでを描くことになるのだろう。恐らく幸村先生としてもこちらが書きたいことなんだろうな。

魅力がないと評されがちなトルフィンだけど、彼がこれから手に入れるものを強調するためにあえて真っ白に描いてたんじゃないかな。第2章以降の展開やトルフィンの成長でどれだけ彼が魅力的な人物になれるかで評価は決まると思う。まだどう転ぶか分からないので7点のまま保留で。
幸村先生の愛や哲学的なストーリーは好みが分かれる所なのでうまくやってくれることを期待してます。期待と不安が半々ってとこ。
これからが本番ということは確かです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-06-11 21:25:48] [修正:2011-07-24 10:41:12] [このレビューのURL]

8点 chunya0816さん

viking、日本語にすると《海賊》である。

日本では某海賊マンガが破竹の勢いで流行しているが、私はあえてこちらの海賊マンガをお勧めしたい。

本作で描かれるヴァイキングという種族。
奪うわ強姦するわ殺すわ裏切るわで本当に最低な奴ら。

しかし彼らはあくまでも《誇り》を重んじる。

その行為全ては己はヴァイキングであるという《誇り》からの所以。
彼らの行動一つひとつに意味があるのだ。

歴史上最も卑劣で、でも最も勇敢で、もっとも男らしい種族。

昨今、草食系男子だとかユニセックスな男子が急増している。
私は是非とも彼らに本作を読んで男らしく生きて欲しいと切に願う。

男ならワンピースよりヴィンランドサガを読め。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-04-26 17:50:11] [修正:2011-04-26 17:50:11] [このレビューのURL]

8点 あおはなさん

正直、4巻までは何度かリタイヤしそうになったのですが、それ以降、特に王子登場のあたりからとても面白くなってきました。
現段階でのポイントは4巻、6巻、8巻くらいでしょうか。

幸村先生の作品は個人的にはいつもなのですが、「つかみで衝撃をうけてそのままよんでいくタイプではない」ようなので、1巻、2巻くらい読んで続きを読んでみようかなとお考えの方には幾分入りにくいように感じます。

海賊系の漫画と言えば、本作、ワンピース、フルココがありますが、個人的には本作が一番完成度が高いと感じています。

まあジャンルは一緒でも、各々タイプは全く異なる作品なので比べるのもおかしな話かもしれませんが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-03 09:45:05] [修正:2011-02-03 16:39:08] [このレビューのURL]

7点 bugbugさん

北欧ヴァイキングを描いた大河ドラマ的要素を含むマンガ
いかにもアフタヌーンらしいニッチ漫画です(褒め言葉)

作者の作品は好きなだけに、低い点数をつけるのは心苦しかったのですが
あまり評価できません
理由は
・主人公の目的意識に共感できない
・父親の設定がありきたりで、見せ場の演出が軽かった
・11世紀初頭の世界の世界観にしてはキレイすぎる
(完全に個人の趣味ですが、私はエログロ漫画が好きなので余計にそう思う、もっとベルセルク的な描写を期待しています)

アクションシーンの見せ方は上手いです

まだまだ、物語の序盤であるので、これから点数が上下する可能性があることを追記しておきます

2011.01.11追記
前作同様、「愛」をテーマに持ってきましたか
キリスト強の神父さんが愛を語り始めたあたりから、面白くなってきました。
完全に個人的な趣味ですが、グロ成分も増えてきて文句なし

ストーリーも良い意味で驚かされますし、今後も作者の問う「愛」から目が離せません

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-26 00:01:41] [修正:2011-01-12 04:10:44] [このレビューのURL]

PR


ヴィンランド・サガと同じ作者の漫画

幸村誠の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る