ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 神戸在住

7.8点(レビュー数:40人)

作者木村紺

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1999年~ / 講談社

更新時刻 2011-03-24 14:36:21

あらすじ 高校卒業後、東京から神戸に引っ越してきた、神戸の総合大学芸術科に通う「辰木 桂」の大学生活を中心とした日常を描いたエッセイ作品。

備考 2002年5月 第31回日本漫画家協会賞新人賞を受賞

シェア
Check

神戸在住のレビュー

点数別:
26件~ 30件を表示/全40 件

10点 ネスネスさん

人生における喜怒哀楽の教科書。
他のレビュアーさんがうまく形容するように、まさしく「人間賛歌」です。

震災、人種、障害、性的マイノリティ、
様々なテーマを扱ったこの作品内では多くの人が死にます。


ご覧の通り賛否両論の作品です。
漫画を自分の中で定義づけてから読んでください。

「エンターテイメント」なのか、「アート」なのか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-11-24 11:22:50] [修正:2008-11-24 11:22:50] [このレビューのURL]

7点 Sealさん

今まで読んだことが無かった作品だが、このサイトでの評判がいいので借りて読んでみた。
が、この漫画は日常を描いたエッセイのような形式なので一気に読む作品ではありませんでした。
神戸に住む大学生の主人公の約3年間の日々を描いているが、一話一話なかなか読ませてくれるエッセイだ。
平穏な日常だけでなく、震災の思い出や、大切な人の死等のエピソードを描くことで全体として起伏ができている。その時々の人物の内面描写がリアルで素晴らしい。
絵はパッと見は弱々しいなって思ったけど、ベタもトーンも使わず町並みや人物をあそこまで描いているんだから作者の画力は高いと思う。人物の書き分けもしっかりできている。

最初にも書いたが一気読みするには退屈な作品だと思う。
でもたまに本棚から取り出して読んだりする分にはオススメです。読めば読むほど味が出てくるだろう。
当方大阪在住ですが神戸で遊んだことは無いので、今度時間がある時に買い物がてら神戸を歩いてみたい。そんな気分にさせてくれた漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-09-29 19:05:47] [修正:2008-09-29 19:05:47] [このレビューのURL]

4点 DEIMOSさん

漫画というものの多様性と、それが読み手を選別するものだということを改めて認識させられる作品。

この漫画が描きたいものは頭では理解できるし、それが一部の読者に支持されるのも頷ける。
が、過剰な演出のエンタメ漫画に慣れすぎた私にとっては、いかんせん退屈に感じられてしまうのだ。

もっとも、私自身にも馴染み深い神戸という地を舞台にして、リアルな「生と死」を巧みに描く姿勢は、否定のしようがないのだけれど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-07-22 07:04:11] [修正:2008-07-22 07:04:11] [このレビューのURL]

10点 げそビンタさん

最初に言ってしまえば、この作品に流れる世界観・人間観、ゆるやかで豊潤な時間の描かれ方など、それらすべてが今の自分を形成する巨大な価値観となっているため、改めて客観的にあらを探したりべた褒めしたりなどすると迷走して収拾つかなること請け合い。
なので、ただ一言だけの感想を言わせて頂きます。


辰木パパの白スーツはイカし過ぎやな!


すまん、大好きですねん。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-02-07 12:30:36] [修正:2008-02-07 12:30:36] [このレビューのURL]

10点 たにやんさん

人間賛歌。
愛してます。
僕のバイブルです。

震災の問題、
人種差別、
人の死、
丁寧に扱ってます。
凄まじいクオリティーです。

それ以外は単なる日常で、
微妙な時もあるんですけどね。

何気ない日常の中に溢れたドラマ、
そんな大学生活も着実に卒業に近づいており、
いつまでも主人公の桂の成長を見届けれなくて残念。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-05-04 14:13:35] [修正:2008-01-25 14:32:39] [このレビューのURL]

PR


神戸在住と同じ作者の漫画

木村紺の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る