ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 神戸在住

7.8点(レビュー数:40人)

作者木村紺

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1999年~ / 講談社

更新時刻 2011-03-24 14:36:21

あらすじ 高校卒業後、東京から神戸に引っ越してきた、神戸の総合大学芸術科に通う「辰木 桂」の大学生活を中心とした日常を描いたエッセイ作品。

備考 2002年5月 第31回日本漫画家協会賞新人賞を受賞

シェア
Check

神戸在住のレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全40 件

10点 toro357さん

読者を選ぶ作品です。
感性にぴったりはまれば、ずっと残る作品だと思います。

最終巻を読み終えて、余韻に浸れる漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-01-23 23:06:03] [修正:2008-01-23 23:06:03] [このレビューのURL]

10点 ゆきやさん

漫画において、人が死ぬ場面に直面した時、ほとんどの漫画家が安易な方向へ逃げがちです。もしくは死そのものを避けようとします。個人の人生に触れた相手がいなくなった時、人はもっと生々しい心理状態を迷走するはずです。
この作品では様々な障害を越える様が丁寧に、決して近道などを模索せずに描かれています。

漫画をエンターテイメントとしてのみ捉えるなら、この作品を楽しめない。しかし、漫画に意義を求めるならこの作品を愛せるのでは。僕はそう思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-06-14 20:35:59] [修正:2007-06-14 20:35:59] [このレビューのURL]

10点 えあさん

なるほど、人間賛歌。

阪神大震災の話など、読んでいて胸が痛かった。

人の死に直面した時、私も涙が熱かったのを覚えている。

障害を持っている人に対して、他人の自分がその人の限界のラインを線引きしてしまっている事を気付かされて、自分が嫌になった。

そんな自分でも過度の自己嫌悪に陥らず生きていけるのは、周りの人に支えられているからだ。

人間賛歌、そして生命謳歌。
そんなエッセイ風漫画。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-05-26 16:03:40] [修正:2007-05-26 16:03:40] [このレビューのURL]

10点 ytさん

このサイトで知って読みました。
2巻くらいで、「この漫画はこういう漫画なんだな」というのがハッキリ理解できました。
次第に主役や主役を取り巻く連中全員に感情移入し、一話一話全てが輝き出しました。

この作品では人の死や障害についても、避けずにきちんと綴られてます。最高の人間賛歌です。欠点は一切無し。迷わず10点。


褒め過ぎましたが、これは評価の分かれる漫画ではあると思います。派手な漫画では無いので、退屈に感じる人もいるでしょうし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-05-06 12:19:20] [修正:2007-05-06 12:19:20] [このレビューのURL]

8点 Dr.Strangeloveさん

俺は京都在住だけど
神戸も何度か行ったことがある。

あの町は本当に良い所だよ。
一度は行ってみてほしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-04-30 12:33:45] [修正:2007-04-30 12:33:45] [このレビューのURL]

PR


神戸在住と同じ作者の漫画

木村紺の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る