ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 神戸在住

7.8点(レビュー数:40人)

作者木村紺

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1999年~ / 講談社

更新時刻 2011-03-24 14:36:21

あらすじ 高校卒業後、東京から神戸に引っ越してきた、神戸の総合大学芸術科に通う「辰木 桂」の大学生活を中心とした日常を描いたエッセイ作品。

備考 2002年5月 第31回日本漫画家協会賞新人賞を受賞

シェア
Check

神戸在住のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全40 件

4点 fanさん

結構好き嫌いが分かれる漫画だと思う。
俺にはあまり合わなかった。
何回か読めば感想も変わってくるのかな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-10 10:44:33] [修正:2011-03-17 14:28:44] [このレビューのURL]

5点 jdf54jさん

サインペン1本で書いたような画風の割に校内や街の雰囲気、
人と人とのコミュニケーションの暖かさは
よく伝わってるし、セリフも考えて喋らせてるのもわかるんだけど
学生の内輪ノリを延々みせられているようで、如何せん
読み進めるのが苦痛だった。
セリフは多いものの、ヤマなしオチなし、ただただ日常が流れてるだけ

友達からの絵葉書に、近況報告としてこの漫画のスタイルで
1ページ描かれていたら
受け取った方も情感溢れんばかりかと思うが
漫画として何冊も読むのはきついなあ。
大人向けのシャレた雰囲気を出すために
意図的に漫画的な展開を削っているように見える。
これに近い漫画家だとわたせせいぞうとか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-29 03:41:10] [修正:2010-12-29 04:25:14] [このレビューのURL]

8点 森エンテスさん

この作品を初めて読んだのは単行本の1巻が発売された直後だったのですが、その後全ての巻数を発売日に購入して、何度も読み返している大好きな作品です。

架空の主人公の架空のキャンパスライフを描いたエッセイ調の作品なのですが、そこに描かれている空気感が素晴らしいです。

物語もほっこり出来る物から、タイトルからも想像できる大震災や大事な人との死別という重い話まで、しっかりと描かれていて、そこに主人公の人生を垣間見れるような気がします。

僕にとっての名作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-25 18:26:30] [修正:2010-10-25 18:26:30] [このレビューのURL]

6点 まっちょさん

うーん、好みの分かれる作品なんでしょうか・・・。私には合いませんでした。
ほのぼのとしたタッチとエッセイ風のストーリーなので、一気に読ませるというよりかは、のんびり気が向いたときに本棚からとる、といった感じで読むのが合ってるのかも。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-15 01:00:04] [修正:2010-09-15 01:00:04] [このレビューのURL]

6点 レトさん

一言で言ってしまえば私には合いませんでした。
素朴な絵柄とモノローグ、ほのぼのとした人物間の雰囲気の描き方に特筆すべきものがあるのは認めます。
しかし、私はどちらかといえば性悪説よりな擦れた人間なのでこのような「善人しか登場しない人間讃歌」には読んでいて歯痒さを覚えてしまうのです。
人間の罪や愚かな一面を描きつつも根底の善意を描く、というヒューマニズムなら評価したいのですが(F先生や冨樫先生など)。
ただ、主人公の「生きる歓び」を体現するような生き方に憧れたりはします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-06 13:34:05] [修正:2010-09-06 13:34:05] [このレビューのURL]

PR


神戸在住と同じ作者の漫画

木村紺の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る