ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > め組の大吾

7.6点(レビュー数:43人)

作者曽田正人

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1995年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:02:46

あらすじ 幼いころ火事の現場から消防官に助け出され、消防官に憧れていた朝比奈大吾は、高校卒業後消防官になった。半年間の研修を終え配属されたのは「めだか浜出張所」。めったに火事が出ない所から通称”め組”の異名をとる出張所である。

毎日のんきに仕事をする他の消防官に幻滅する大吾であるが、初めての現場で仕事の怖さと共に、彼らが鍛えぬかれたプロであること、人名救助の喜び等を知り自分も真のプロになることを誓うのであった・・・。

シェア
Check

め組の大吾のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全43 件

9点 100gさん

漫画として面白いと思います。
これを楽しみに雑誌を買っていた人も居ると思います。
ただ、これを読んでこんな消防士を目指そうとか思う類の話ではないですね。
この漫画家の話は基本的に天才を描くみたいなストーリーなので、こんな人間は居ないと言ってもいいし、災害対応はチームワークで救助するほうにもリスクが有るので、勘違い人間は周りを巻き込み大事に至る可能性もあるでしょうし。
その点は作中でもしっかり描かれているので、物語として破綻しているとは思いません。
現実をベースとしたフィクションとしてはぐいぐい引き込まれるストーリーであるし、戦闘漫画みたいに敵が強くなるわけではなく、色々なタイプの災害をだして対応するというスタイルなので毎度熱くなれます(笑)
恋愛方向もこれ位で丁度いい感じだと思いますね。
お勧めできる漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-25 00:41:10] [修正:2011-11-25 00:41:10] [このレビューのURL]

8点 森エンテスさん

消防、レスキューを舞台にした『シャカリキ!』と言った感じで、作者の基本フォーマット通りの作品なのですが、とにかく面白いです。

他の作家が描いたら白けてしまう表現も曽田先生だと熱くなるんです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-10-15 03:10:03] [修正:2011-10-15 03:10:03] [このレビューのURL]

10点 長男さん

内容が濃く、どの話も完成度が高い。
とにかく勢いがあって、その上で主人公の成長をしっかり描けている。
主人公はだいぶ暴走気味だけど、緊迫感溢れる現場を打破する展開は純粋に興奮します。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-04 03:20:19] [修正:2011-09-04 03:20:19] [このレビューのURL]

7点 yiconさん

主人公の存在感が半端ない。でもこんな消防士のお世話にはなりたくない。他作品だったらこういうこと考えないんだけど(レーサーやダンサーに巻き込まれることなんて普通に生活していれば皆無でしょうし)、普通に生活していても消防士のお世話になる可能性はあるわけで。

ルールってなんなんでしょうね、ホント(意味もなく破る奴は論外だけど笑)。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-16 06:26:26] [修正:2011-08-16 06:27:40] [このレビューのURL]

8点 elsaさん

全編通してかなり無茶苦茶な救助シーンが満載です。
リアリティなんてものを求めているなら読まないほうがいいでしょう。

でも、個人的には漫画で天才を描くならこれくらいのことをしないと
駄目だろうと。

主人公がかかわった人が死なないというのは某医療漫画もそうですが、
作品の持つ力は圧倒的に大吾のほうが上です。

死なないことを納得させるだけの力が曽田氏にはあり、某医療漫画の
作者にはないということだろうと思います。

要するに大吾がカッコイイ。魅力的。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-15 21:57:21] [修正:2011-08-15 21:57:21] [このレビューのURL]

PR


め組の大吾と同じ作者の漫画

  • 総合点:7.75点

    レビュー数:48人

  • capeta

    総合点:8.04点

    レビュー数:47人

  • シャカリキ!

    総合点:7.9点

    レビュー数:43人

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る