ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > め組の大吾

7.6点(レビュー数:43人)

作者曽田正人

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1995年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:02:46

あらすじ 幼いころ火事の現場から消防官に助け出され、消防官に憧れていた朝比奈大吾は、高校卒業後消防官になった。半年間の研修を終え配属されたのは「めだか浜出張所」。めったに火事が出ない所から通称”め組”の異名をとる出張所である。

毎日のんきに仕事をする他の消防官に幻滅する大吾であるが、初めての現場で仕事の怖さと共に、彼らが鍛えぬかれたプロであること、人名救助の喜び等を知り自分も真のプロになることを誓うのであった・・・。

シェア
Check

め組の大吾のレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全43 件

8点 ひろっさんさん

作品後半はあまりにも神がかった大吾についていけなくなりましたが、レスキューに入る前までで終了していたら10点あげても良いくらい好きなマンガでした。

あまりにも大吾が凄すぎて、感情移入するのが難しいので、一度は救助に失敗する話を読みたかったと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-02-24 12:49:28] [修正:2007-02-24 12:49:28] [このレビューのURL]

9点 カルマさん

“闘う人間”を描いた名作。

臨場感たっぷりの救出シーンがとにかくカッコイイ。
大吾が思い悩み、成長する様をしっかり時間をかけて描いているのは流石だなぁ。

恋愛の過程には少し納得いかなかったりしましたが、それを差し引いても文句なく面白い漫画なので9点。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2006-12-22 21:20:18] [修正:2006-12-22 21:20:18] [このレビューのURL]

7点 彩香さん

とにかくかっこいい。
天才であるが故の苦悩というか、天才であるが故に誰にも受け入れてもらえない悲しさと、絶対にやり遂げてくれる信頼がある。

はじめのキャラクター設定はタダの馬鹿だったけど、どんどんかわいそうなくらい追い詰められていく。
特に鬼気迫る大吾の表情がよい。それとは逆に仕事が終わった後のガタガタ震えたり放心状態になる大吾がまたリアルでいい。
視線を乗り越えたからこその表情だからこっちも見てて大吾にのめりこめるんだと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-11-27 17:42:08] [修正:2006-11-27 17:42:08] [このレビューのURL]

8点 パンダマンさん

 この作者の作品は、ある時思い出したようにふと読みたくなる。
 なんでだろうと考えてみたら、「かっこいい」からだという結論になった。
 ポイントとなる場面のキャラクターに凄みがあるのだ。そこが「かっこいい」と感じ、それが「気持ちいい」、「迫力がある」に繋がり結果として「面白い」と感じるのだと思う
 め組の大吾は、この作者の他の作品よりも、そういうカッコイイと思わせるシーンがよくでており、みていてゾクゾクした感じが味わえる
 シャカリキの時のような新人らしい剥き出しの魂みたいのは感じないが、それでも色々こめられたものが感じとれる熱い作品だと思う

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-11-22 21:59:33] [修正:2006-11-22 21:59:33] [このレビューのURL]

7点 はと時計さん

曽田正人の漫画は安心して読める。
消防士を題材にここまで描けるものなのか。
実に上手い。流石だと思う。
救出の際の迫力のある描写は秀逸。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-11-18 22:32:30] [修正:2006-11-18 22:32:30] [このレビューのURL]

PR


め組の大吾と同じ作者の漫画

  • 総合点:7.75点

    レビュー数:48人

  • capeta

    総合点:8.04点

    レビュー数:47人

  • シャカリキ!

    総合点:7.9点

    レビュー数:43人

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る