ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > め組の大吾

7.56点(レビュー数:44人)

作者曽田正人

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1995年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:02:46

あらすじ 幼いころ火事の現場から消防官に助け出され、消防官に憧れていた朝比奈大吾は、高校卒業後消防官になった。半年間の研修を終え配属されたのは「めだか浜出張所」。めったに火事が出ない所から通称”め組”の異名をとる出張所である。

毎日のんきに仕事をする他の消防官に幻滅する大吾であるが、初めての現場で仕事の怖さと共に、彼らが鍛えぬかれたプロであること、人名救助の喜び等を知り自分も真のプロになることを誓うのであった・・・。

シェア
Check

め組の大吾のレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全44 件

10点 すぎモンさん

自分が知っている限りで、唯一の消防漫画にして名作。
今までまったくと言って良いほど、スポットの当たらなかった消防漫画。
そんな消防漫画が本当に面白いの??と読む前に不安にさしてしまうだろう。
だが曽田正人と言う男はそれを面白い漫画にしてしまう。
災害現場の中でこそ煌めく天性の才能を発揮する主人公を描いている。
消防とレスキュー隊と言う過酷な仕事、そんな災害現場で活躍する英雄の物語は、無駄の無い素晴らしい作品になっている。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-03-23 22:37:31] [修正:2011-03-23 22:37:31] [このレビューのURL]

7点 朔太さん

シャカリキに続いて天賦の才人を描く。

その後、昴に続く系譜で、ある程度続けて読むと、パターン化して

しまって、少し飽きが来るのも否めないところだが、

瞬間風速的な盛り上がり、テンションの高ぶり、人間の精神力の底力の

ようなものを描く新たな漫画の境地は、曽田ならではのものである。

消防士からレスキューへの道のりをこんなドラマチックに

普通描けるか?

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-28 22:17:41] [修正:2010-12-28 22:17:41] [このレビューのURL]

8点 トムカサハラさん

もう一人の主役は五味署長である。
そして、彼のモデルがあのF1ドライバーニキ・ラウダであることを知ると、感動はさらに増す。
なぜなら、五味署長が過去に受けた傷はニキ・ラウダの傷そのもの、エピソードもそのままだからだ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-02 23:08:28] [修正:2010-08-02 23:08:28] [このレビューのURL]

5点 臼井健士さん

消防士が主人公の漫画は珍しいが、それ以前になぜスポットライトが当てられなかったのかが不思議なくらいだった。
大吾の活躍はだんだんとエスカレートして、超人的な働きをするようになっていったのはちょっい現実離れし過ぎだ。
日本人の大吾がわざわざインドネシアの火災に行かなければならないほど各国の組織だって無能ではないはずだが・・・・。
元の恩師である女性教師と大吾の恋愛も蛇足だったと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-07-31 07:41:31] [修正:2010-07-31 07:41:31] [このレビューのURL]

8点 ランパードさん

この漫画は他の曽田作品と違って人が不幸にならないとその才能が必要とされない悲しき才能の持ち主、朝比奈大吾の消防士としての成長物語。
大吾が人命救助をするシーンは見ていて本当にぞくぞくするし絵から伝わってくる迫力と熱には読んでいて圧倒されてしまう。大吾が天才故の悩みで葛藤するも一つ一つ成長していく姿には天才が頂上に辿り着くまでの過程を見れたような気がしました。曽田先生は本当に天才を描くのが上手い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-07-30 06:29:00] [修正:2010-07-30 06:29:00] [このレビューのURL]

PR


め組の大吾と同じ作者の漫画

  • 総合点:7.75点

    レビュー数:48人

  • capeta

    総合点:8.04点

    レビュー数:47人

  • シャカリキ!

    総合点:7.9点

    レビュー数:43人

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る