ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > め組の大吾

7.6点(レビュー数:43人)

作者曽田正人

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1995年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:02:46

あらすじ 幼いころ火事の現場から消防官に助け出され、消防官に憧れていた朝比奈大吾は、高校卒業後消防官になった。半年間の研修を終え配属されたのは「めだか浜出張所」。めったに火事が出ない所から通称”め組”の異名をとる出張所である。

毎日のんきに仕事をする他の消防官に幻滅する大吾であるが、初めての現場で仕事の怖さと共に、彼らが鍛えぬかれたプロであること、人名救助の喜び等を知り自分も真のプロになることを誓うのであった・・・。

シェア
Check

め組の大吾のレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全43 件

8点 フクポルさん

<所持歴:全巻。現在は売却>

この作品のジャンルってなんやろ?と考え、思いついたのが「ヒーロー物」
被災害者(要救助者)にとってレスキュー隊はやっぱヒーローでしょう。
あとヒーロー物の常とされているのが敵が次々と強くなるパワーインフレ
本作の場合、敵は災害な訳やけど、その規模は大きくなってる。
てことで、当たらずとも遠からずではないかと。

幸いにもリアルで災害に遭ったことがないので、描写内容について
どの程度リアリティがあるのかは分かりませんが、
緊迫感や助かった時の安堵感などは十分感じられました。
ただ、自分が経験した事がないからこそ、1つの作品として楽しめたのかも。


大吾と甘粕が「2人のA(エース)」と呼ばれるんですが、
Aってのは、2人の苗字の頭文字であると同時に
"切り札"のエース(ACE)と言う意味もあるんやろなぁ、と。
(作中では特に説明ありませんでしたが)
甘粕なんて結構初期からのキャラなんで、そんな時から
この事考えてたんなら凄い。(考えすぎかも)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-03-07 13:24:02] [修正:2010-02-07 21:38:43] [このレビューのURL]

6点 bugbugさん

熱量があり、人命救助にかける情熱が
感動的に描かれているので、読んで損はないと思いますが

主人公はもはやエスパーというかスーパーマン。リアリティのかけらもない
目的のためには他のことは目に入らない、という人物造形は
曽田先生お得意ですね
ただ、あまりに犯罪的すぎて、少し腑に落ちないことも

主人公の成長も独りよがりな、独善で
作品全体に流れる哲学が、受け入れがたいものが多い

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-02 14:20:41] [修正:2009-02-02 17:10:54] [このレビューのURL]

9点 れのーんさん

[ネタバレあり]

前作のシャカリキと比べると、ただ熱いだけでなく、深く考えさせられることなどがたくさんあってとてもよかったと思う。
「悲しい才能」の話は、悲しすぎて泣きそうになった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-26 23:48:05] [修正:2009-01-26 23:48:05] [このレビューのURL]

7点 トトさん

確かに熱い!!

でも正直、消防士という現実的、みじかすぎる題材で海外まで行ってしまったのはさすがにちょっとこれは・・・と思ってしまったし、ほぼ背景みたいな先生の存在の意味がイマイチわからない。
まー単純に好きになれなかった(笑)

最後をもう少しうまくまとめて先生の存在を小さくしてくれたら8〜9点。。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-12-17 18:37:32] [修正:2009-01-14 14:15:20] [このレビューのURL]

7点 理不尽みるくさん

こういう「天才主人公がひらめきで物事を解決していく」タイプの作品は
ネットで特に嫌われていると思っていたのでこの平均点は意外。

でも「熱」を描かせたら日本一の作者がこの題材を選んだのはバッチリだった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-23 17:13:16] [修正:2008-10-23 17:13:16] [このレビューのURL]

PR


め組の大吾と同じ作者の漫画

  • 総合点:7.75点

    レビュー数:48人

  • capeta

    総合点:8.04点

    レビュー数:47人

  • シャカリキ!

    総合点:7.9点

    レビュー数:43人

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る