ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > め組の大吾

7.6点(レビュー数:43人)

作者曽田正人

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1995年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:02:46

あらすじ 幼いころ火事の現場から消防官に助け出され、消防官に憧れていた朝比奈大吾は、高校卒業後消防官になった。半年間の研修を終え配属されたのは「めだか浜出張所」。めったに火事が出ない所から通称”め組”の異名をとる出張所である。

毎日のんきに仕事をする他の消防官に幻滅する大吾であるが、初めての現場で仕事の怖さと共に、彼らが鍛えぬかれたプロであること、人名救助の喜び等を知り自分も真のプロになることを誓うのであった・・・。

シェア
Check

め組の大吾のレビュー

点数別:
36件~ 40件を表示/全43 件

8点 205-CTIさん

[ネタバレあり]

消防士を描いた漫画って他にはありませんよね…主人公の大吾と対立役(でいいのかな?)甘粕の活躍は特に魅力的ですね!

大吾の言動には消防士として如何なものなのかと思うものもありますが、漫画だと割り切れば良しですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-12-30 22:36:02] [修正:2006-03-16 16:19:25] [このレビューのURL]

8点 dollboxさん

命を賭けた救出シーンは鳥肌もんです。
ちょっとやり過ぎ感もあるが、許す!
感動と興奮に身をゆだねたいならこれを読むべし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-01-22 01:05:47] [修正:2006-01-22 01:05:47] [このレビューのURL]

7点 ムキッキーさん

[ネタバレあり]

葛藤する「天才」大吾のキャラが凄いですね。

しかし、自分自身は
大吾を見守る存在である渋い五味さん、また
大吾を認めないが、徐々に良い好敵手になってゆく甘粕士郎、
この二人が好きでした。
彼らの存在は物語のスパイスになって良かったと思います。

最終回は、大吾の神がかりっぷりに賛否両論ありそうですが
これからも苦悩しながらレスキューを続けてゆくであろう
彼の姿を示唆したところは良かったと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-12-08 21:09:53] [修正:2005-12-08 21:09:53] [このレビューのURL]

7点 なぱーむさん

[ネタバレあり]

絵は粗いがグイグイと
引っ張っていくおもしろさがあった。

ただ千石空港の火事以降は
話のスケールがでかくなり過ぎて
少しつまらなく感じた。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2005-06-14 20:32:18] [修正:2005-06-14 20:32:18] [このレビューのURL]

9点 paparaさん

物語が後半に近づくにつれて次第に悩み始める大吾。
消防士という職業は人の不幸と隣り合わせで存在する。
消防士としての使命に燃える一方苦悩する大吾。
その答を探しながら仕事をこなす。

「消防士」という特殊な職業を題材にした作品で敵は炎であり自分である。
火事場の緊張感は読んでいても伝わってきて一気に最後まで読める作品。
序盤からだんだん盛り上がっていき終盤は感動の涙を流せるはず。
特に千石空港の火事は物語の最高潮で
まるで映画を見ているかのような感覚に襲われる。

この作品は名作だ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-05-13 10:03:50] [修正:2005-05-13 10:03:50] [このレビューのURL]

PR


め組の大吾と同じ作者の漫画

  • 総合点:7.75点

    レビュー数:48人

  • capeta

    総合点:8.04点

    レビュー数:47人

  • シャカリキ!

    総合点:7.9点

    レビュー数:43人

曽田正人の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る