ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > ヨコハマ買い出し紀行

7.75点(レビュー数:49人)

作者芦奈野ひとし

巻数14巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1994年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-12 13:08:16

あらすじ 舞台は、文明がほぼ滅びた近(?)未来。
のんびりとした時が流れ、のちに”夕凪の時代”と呼ばれる時代。
とある片田舎(神奈川県・三浦半島近辺)の西の岬で、小さな喫茶店を経営する主人公ロボット、アルファと、彼女を取り巻く人々との、穏やかな穏やかな物語。
(はてなダイアリーより)

備考 2009年10月より新装版が発売。

シェア
Check

ヨコハマ買い出し紀行のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全49 件

ここで評価高かったので一読してみました。

文明が荒廃した世界観って、SFの廃墟とかイメージしますが、こういうのもあるんですね。
この緩い雰囲気なら終焉してもいい感じもしますが。

情景や日常描写も美しく、穏やかです。
人間関係も一切ギスギスしないので、安心して読めます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-30 22:40:15] [修正:2014-10-30 22:40:15] [このレビューのURL]

8点 テムさん

このマンガがここで高評価されてること、すごく嬉しいですね!

ストーリー足るストーリーは存在せず、作品の世界の中に流れる
風、音、におい、時間、変化を「味わう」マンガであるため、添加物いっぱいの最近のマンガに慣れすぎていると尚更に何も起こらない、退屈と感じてしまうだろうなぁ、そういう人の方が多数派だろうなぁと勝手に思っていたので。
(添加物いっぱいのマンガも好きですけどね)

絶対に万人向けではなく、合う、合わないは確実にあるマンガ。

この作品が合う人というのはとどのつまり、
アルファさんのような性格の人かも知れないですね。
生活のなかの小さな変化、出来事に楽しみを見出すことの出来る人。
休日、目が覚めたら夕方だったとして、
時にはそんな日もあっていっか、それもなんか幸せだなと思えるような人。
あと散歩好きな方とか。
まあ低刺激なことは確か。

この作品と感覚があった人にとっては、
自分のお気に入りの場所を見つけたようなそんな気持ちになること請け合いです
自分にとってこのマンガは
ゆったりのんびりしたいとき、嫌なことがあったとき、そういう時に何度でも読み返す特別なマンガです。 

ナイスレビュー: 3

[投稿:2014-04-02 21:27:54] [修正:2014-04-02 21:27:54] [このレビューのURL]

3点 gundam22vさん

日常漫画ってやつですかね。
似てると言われる
「ARIA」は全然大丈夫だったんですが、これは退屈で
数巻で読むとやめてしまいました。
漫画の出来自体よりも相性の問題を感じましたね。
この手の漫画は退屈と感じてしまったらそれまでなので。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-11 00:48:43] [修正:2013-09-11 00:48:43] [このレビューのURL]

7点 fasterさん

良い意味で雰囲気漫画。

さびしい風景などが良い味を出していて、ゆっくりとすぎていく時の流れを楽しむような作風。

人と人がつながっていき世界が広がっていく。
そんな雰囲気が好きな人にお勧めできる漫画だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-10-24 00:56:32] [修正:2013-07-25 00:46:53] [このレビューのURL]

6点 pazzoさん

世界観と風景になじめるかどうかが全て。
特に展開があるわけでもないし、台詞も少ない。

人類の夕暮れを、慈しみの心を持って描いている作者が好き。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-07-09 23:29:04] [修正:2013-07-09 23:29:04] [このレビューのURL]

PR


ヨコハマ買い出し紀行と同じ作者の漫画

芦奈野ひとしの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る