ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > ヨコハマ買い出し紀行

7.75点(レビュー数:49人)

作者芦奈野ひとし

巻数14巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1994年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-12 13:08:16

あらすじ 舞台は、文明がほぼ滅びた近(?)未来。
のんびりとした時が流れ、のちに”夕凪の時代”と呼ばれる時代。
とある片田舎(神奈川県・三浦半島近辺)の西の岬で、小さな喫茶店を経営する主人公ロボット、アルファと、彼女を取り巻く人々との、穏やかな穏やかな物語。
(はてなダイアリーより)

備考 2009年10月より新装版が発売。

シェア
Check

ヨコハマ買い出し紀行のレビュー

点数別:
26件~ 30件を表示/全49 件

10点 tyuruinさん

緩やかな世界観を楽しめる漫画、一言で言うならこんな感じ。
全ストーリーにおいて疾走感を感じさせるシーンは零。
かといってアクションがあるわけでもなし、とにかく緩い。
たとえるなら昔所属していたサークルぐらい緩い(爆)。
この作品のすごいところは、緩さの中に圧倒的な存在感を表現しているところなんです。誇大なフィールドに佇む主人公、アルファさん。その存在感や否や。何物にも代えられません。
最後に、私がこの作品を読んで感じたもの、それは、世界の早さです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-12-31 15:43:04] [修正:2009-12-31 15:43:04] [このレビューのURL]

5点 三助さん

穏やかでのんびりとした世界に癒されます。
雰囲気マンガと言われる理由がよく分かります。

個人的にもう少し刺激があっても良かったかなー。
それでも結構好きですけどね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-29 20:02:57] [修正:2009-12-21 00:18:47] [このレビューのURL]

9点 もも治良さん

 文明が衰退している所だけは風の谷のナウシカといっしょですが、化け物がでまくって阿鼻叫喚、この世の恐怖がすべて詰まったみたいなあんな世界とは違って、ずいぶんとまた暖かく柔らかいものですね。
 こんな衰退はまさに人類の夢でしょう、終末ぐらい穏やかにゆっくりとしたいものです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-12-08 10:38:37] [修正:2009-12-08 16:54:59] [このレビューのURL]

9点 codyさん

ハラハラもドキドキもない、ただ時間が流れるだけの漫画。
アルファさんの周りだけが変わっていく、この何とも言えないメランコリックさと、普段は楽しげなアルファさんの涙にやられてしまいました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-09-01 17:58:25] [修正:2009-09-01 17:59:12] [このレビューのURL]

7点 bugbugさん

地球温暖化に異常気象
文明が衰退し、人類の命の灯は消えかかろうとしている、夕凪の時代
しかし、そんな世界に悲壮感はなく
ゆっくりとしと時間の中の、移りゆく季節、変わっていく世界、成長していく友人たちを
ポートレートのように、やわらかな描写のみを用い、漫画の世界に落とし込んでいく

まいった
完全にやられた。こんな漫画があったなんて知らなかった
ほとんど反則に近い

いわゆる雰囲気漫画だが、それは批判点になりえない
例えば、夕立の後の匂い立つ草木を、情景的に描写する
これは簡単なようでなかなかできない

合う合わないは当然あるだろう
私も最初は、疑問符をつけながら我慢して読み進めた

横浜近辺に住居を構える人は二度楽しめると思います
うらやましい

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-26 18:27:54] [修正:2009-06-05 06:12:21] [このレビューのURL]

PR


ヨコハマ買い出し紀行と同じ作者の漫画

芦奈野ひとしの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る