ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > うしおととら

8点(レビュー数:167人)

作者藤田和日郎

巻数33巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1990年~ / 小学館

更新時刻 2012-10-15 02:25:06

あらすじ 主人公の「蒼月潮(あおつきうしお)」はとある事情により封印されていた妖怪「とら」を解き放ってしまい、妖怪を滅ぼす力を持つ不思議な槍を手に入れる。

「悪い妖怪なら退治する。」
「いつか喰ってやる。」

奇妙な最強コンビがここに誕生した。
その出会いはこれから始まる「旅」の序章だった・・・。

備考 文庫版全19巻、ワイド版全18巻。
第37回(平成3年度)小学館漫画賞(少年部門)受賞。
1997年星雲賞コミック部門賞受賞。
日本のメディア芸術100選マンガ部門選出(週刊少年サンデー連載作品で唯一の受賞)。

シェア
Check

うしおととらのレビュー

点数別:
36件~ 40件を表示/全167 件

8点 きひべどさん

盛り上がり方が凄いです。
最初の方は絵が見にくいのですが巻数を重ねるたびにうまくなっていきます。

うしおがちょっとウザいのが問題ですね。ベタな台詞を言ったり熱い性格。まぁ少年誌だから仕方がないけど・・・

でも一度読んだらはまるのは間違いなしです。ぜひ読んでみてください。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-06-19 17:59:59] [修正:2012-06-19 17:59:59] [このレビューのURL]

8点 ドルバッキーさん

後半の盛り上がりは半端じゃなかったです。


でも後半に繋げる為の軸を作り上げる過程が少しだるかったりします。

キャラクター一人一人に作者の愛情が感じられるいい漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-29 21:25:59] [修正:2012-03-29 21:25:59] [このレビューのURL]

10点 kagehiensさん

全力で風呂敷を広げて、全力で畳むことに成功した稀有な作品。

この作品の後、10年以上に渡ってそんな作品が発表されなかった(と私は思う)ことから如何に困難なことを成し遂げた作品であるのかということが言えると思う。

話によっては、舞台設定がまさに昭和の終わり頃のものがあったりするので、90年代より後にうまれた人はのめりこみにくい話もあるかもしれない。

しかし、何を足す必要も、何を引く必要も感じさせないクライマックスまでの演出の完成度の高さは、漫画史において堂々たる存在感を示している。

最後に付け加えて言うなら、この作品は、妖怪を多く登場させてそういったキャラクターが好きな人を惹きつけるだけにとどまらず、脇役を含めた色々な登場人物たちの口を通し、己に恥じない生き方とは何かということを読者に考えさせる名作である。読み終えたならばぜひ自らの次の一歩を踏み出す歩幅と方向をじっくり検討して欲しい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-08 00:13:02] [修正:2012-03-08 00:13:02] [このレビューのURL]

8点 sin00さん

 正統派の少年漫画的展開を独特な味付けで見せてくれる.漫画技法的には際立った何かがあるわけではないがこの作者独特の女性の太い眉はなぜかツボである.

 連載中は面白さが尻すぼみに感じたがまとめ読みすると終末への展開の「タメ」としては必然だったと感じられるし変に引き伸ばしたわけでもないので悪くはない.

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-18 07:24:12] [修正:2012-02-18 07:24:12] [このレビューのURL]

5点 ボルゾーさん

まずうしおのキャラがうざい。
正義感の押し売りみたいで、暑苦しい。

また、話ごとに出てくる女キャラがみんなうしおに惚れる展開がだるい。
この作者の萌え的な表現は自分にはきつい。

その他にも、寒気がするほどくっさいセリフやシーンが多く、痛々しく感じてしまう。

それでもとらや、しぐれなど好きなキャラもいたし、終盤の伏線を回収しながらの話の盛り上げ方は、秀逸だと思う。

全体的な作風は苦手だけど、物語の盛り上げ方やたたみ方は非常に良かったのでこの点数。

ナイスレビュー: 3

[投稿:2012-01-28 21:07:52] [修正:2012-01-28 21:07:52] [このレビューのURL]

PR


うしおととらと同じ作者の漫画

藤田和日郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る