ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > うしおととら

8点(レビュー数:167人)

作者藤田和日郎

巻数33巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1990年~ / 小学館

更新時刻 2012-10-15 02:25:06

あらすじ 主人公の「蒼月潮(あおつきうしお)」はとある事情により封印されていた妖怪「とら」を解き放ってしまい、妖怪を滅ぼす力を持つ不思議な槍を手に入れる。

「悪い妖怪なら退治する。」
「いつか喰ってやる。」

奇妙な最強コンビがここに誕生した。
その出会いはこれから始まる「旅」の序章だった・・・。

備考 文庫版全19巻、ワイド版全18巻。
第37回(平成3年度)小学館漫画賞(少年部門)受賞。
1997年星雲賞コミック部門賞受賞。
日本のメディア芸術100選マンガ部門選出(週刊少年サンデー連載作品で唯一の受賞)。

シェア
Check

うしおととらのレビュー

点数別:
51件~ 55件を表示/全167 件

9点 軍人さん

とにかく熱い漫画です。
少年漫画のお手本のような展開で終盤は涙なくしては読めませんでした。
ただ序盤少し盛り上がりに欠けるのでそこで読むのを挫折する方もいるかもしれません。

私が一番好きなキャラクターはとらです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-23 15:52:04] [修正:2011-01-23 15:52:04] [このレビューのURL]

9点 funkanimeさん

割と最初の方から大ボスの名前が出ます。最後は力押しみたいな感じですが、この漫画において大事なのはそんなことじゃない!とは言い切れるですが、では何を読めば良いのかというと難しい。恐らく読めば肌で感じ取ることが出来るのでないか?とは思います。
が、あえて説明すれば妖怪や人間と心を通わす事でしょうか。決して何でもかんでも倒してばかりではないんです。読んでると色々感じるはず、ぜひ一読。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-23 01:37:00] [修正:2010-11-23 01:37:00] [このレビューのURL]

6点 マサキレンさん

王道の少年漫画でありストーリーも作画も勢いがあって素晴らしい。

ただ個人的な感想としては、明確な主題もないし内容も最後は結局力押しでワンパターンな展開だと思う。
しかも事前に他の似たような作品を読んだことがあったせいか、題材的にも特に新鮮味を感じなかった。

一番最初にこの作品に出会っていれば、他のレビュアーと同様に楽しめていたかも知れない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-16 20:32:55] [修正:2010-11-16 20:37:51] [このレビューのURL]

10点 りゅういーそーさん

神漫画ですね、分かります。

この本を読んでみろ、と紹介されたとき作画雑だなーととか思ってた自分をぶん殴ってやりたいです。このレベルに達すると作画とか関係ないと思いました。

まず、最低10箇所は泣きました。あれ?自分泣いてる、って気付いたときはすでにうしとらの世界にどっぷりと浸かっていたんですね。

少年漫画で泣くことは今までありませんでしたが、初めて泣いた漫画です。


正直に言わせてもらいますけど

この漫画を読めて(あえて)よかった!!!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-14 21:24:46] [修正:2010-11-14 21:26:30] [このレビューのURL]

7点 あおはなさん

普通に面白い。そしてうしお、ただただ熱い!ただからくりサーカスに比べると伏線の張り方ははっきりと弱いですね。途中を完全に読み飛ばしても大丈夫になってきちゃうし。一回目は必ず全て読まないとラストででてくるキャラクターがさっぱり分からなくなるので困りますが、読み返すにあたっては完全に主要部分だけでよくなるのでそれが分かるのです。そういったいみではまさに「うしおととら」に関連した伏線以外はどうだったのかなという感じがいまではしていますが。面白いですが、今ではそういう意味で少し長いと感じてしまいます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-03 17:35:14] [修正:2010-11-03 18:31:41] [このレビューのURL]

PR


うしおととらと同じ作者の漫画

藤田和日郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る