ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > うしおととら

8点(レビュー数:167人)

作者藤田和日郎

巻数33巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1990年~ / 小学館

更新時刻 2012-10-15 02:25:06

あらすじ 主人公の「蒼月潮(あおつきうしお)」はとある事情により封印されていた妖怪「とら」を解き放ってしまい、妖怪を滅ぼす力を持つ不思議な槍を手に入れる。

「悪い妖怪なら退治する。」
「いつか喰ってやる。」

奇妙な最強コンビがここに誕生した。
その出会いはこれから始まる「旅」の序章だった・・・。

備考 文庫版全19巻、ワイド版全18巻。
第37回(平成3年度)小学館漫画賞(少年部門)受賞。
1997年星雲賞コミック部門賞受賞。
日本のメディア芸術100選マンガ部門選出(週刊少年サンデー連載作品で唯一の受賞)。

シェア
Check

うしおととらのレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全167 件

6点 pattayaさん

ネットでやたらと高評価だったので迷わずに大人買いしました。

もちろんおもしろいことはおもしろいのですが、先にからくりサーカスを読んでしまった為に伏線の張り方等いろいろな面でどうしても比較してしまい6点とさせて頂きました


一体一体の妖怪にすごく個性があってキャラも立っているのですが、人間側のキャラも含めて、いまいち感情移入できませんでした。
主人公が年齢相応なのでしょうが、少しクサく感じてしまいます
小中学生の時に読んでいればもう少し共感できるところがあったかもしれません

ストーリーは少年マンガの王道、バトル漫画です。
が、特に修行をして成長していくわけでもないですし、ただ圧倒的に主人公が強いといった感じです

藤田氏の画はけっして綺麗ではないですが、見せ場見せ場のコマで読者になにかアツいものをぶつけてきてくれる"画力"があります。
個人的に藤田氏は笑顔の描き方がピカイチだと思っているのですがそれは今作も健在です

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-10-06 00:43:18] [修正:2012-10-06 00:43:18] [このレビューのURL]

10点 kurenaijinさん

魂の作品。
全33巻という絶妙なボリュームの中で次の展開をもっと熱く、もっと面白くというパワーがガンガンと伝わってくる。

見方によってはご都合とされるかもしれないがこの完成度はそれを補って余りあるものを提供してくれる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-09-13 04:32:18] [修正:2012-09-13 04:32:18] [このレビューのURL]

5点 勾玉さん

注)ネタバレ有り
最終局面は確かに勢いがあって熱さがあるけど
ストーリーの運びが結構強引でご都合主義に感じる場面も多かった。

特に気になったのは2つ
まず、あのキャラが敵対するシーン
それまではどちらかというと頼りがいのある兄貴肌として描かれていたキャラが
いきなり心に闇をかかえたキャラとして再登場したのが、どうも腑に落ちない。
うしおの純粋さに中てられたと言いながら、何故かとらの方と闘ってる姿も滑稽で
ストーリーを盛り上げるため、かなり強引に敵対したように視える。

2つ目は獣の槍が破壊されるところ
ピンチになるどころか、むしろ粉々になった槍の破片が
仲間に寄生した婢妖を取り除いてくれる都合の良さ
しかもその後の修復に何の条件や制約も無く、簡単に元に戻るのも納得がいかなかった。

まあこういう強引さも、好きな人には取るに足らない問題なのかもしれない、
多分自分には作風自体が合わなかったんだと思う。
序盤の方でも、獣化したうしおを元に戻す方法で「え、何それ?」と思ってしまったし
登場人物も一人一人がストーリーに都合の良い行動を取っているように見えて
最初から最後まで熱中出来なかった。

ただ全体のストーリーラインは一貫してるし、収束していく物語も評価できる。
世間での評価は高すぎる気はするけど、少年漫画の王道と言われる所以は理解出来た。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-07-16 21:45:24] [修正:2012-07-16 21:45:24] [このレビューのURL]

6点 N0Bさん

完結しています。 全巻読みました。
少年漫画らしい「巨悪に立ち向かう正義感の強い主人公」をベースに妖怪モノを織り交ぜた感じ。
絵がかなり個性の濃いタッチなので、絵での好き嫌いは激しく出そう。個人的には少し苦手でした。
全33巻というそこそこの長さの作品なのに、途中での中だるみというか、無理な話の引き延ばしがあまりなく、しっかりとクライマックスまで伏線を回収しながら続くストーリー展開はすごく良いと思う。
ネットでのレビューやブログでの評価がかなり高いので読んでみたが、これは少年時代に読んでこその作品だと思った。
大人になってから読んだからか、主人公の熱血漢ぶりがうざく感じてしまったりで、キャラが立ってる登場人物は多いのにあまりキャラに対する愛着は湧きませんでした。
とはいえ、妖怪モノらしい作品の漂わす怪しさと、少年漫画らしい熱さのある、子供に読ませたい良作だと思います。 

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-07-11 13:09:19] [修正:2012-07-11 13:09:19] [このレビューのURL]

10点 TAKO3さん

問答無用でオススメできる漫画と言えばこれですね。

レビュー10点の基準に漫画というメディアを超え魂を揺るがし、人生に影響する作品と有りますが、この作品ほど魂を揺るがすという言葉が似合う漫画はそう無いでしょう。

魅力的な登場人物達がいつも一生懸命な姿は、見ていてとても清々しいです。

また少年漫画にも関わらず、話が一貫しているのもとても素晴らしいと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-06-20 08:53:12] [修正:2012-06-20 08:53:12] [このレビューのURL]

PR


うしおととらと同じ作者の漫画

藤田和日郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る