「稲崎」さんのページ

総レビュー数: 69レビュー(全て表示) 最終投稿: 2009年12月03日

成績優秀な秀才君がイチからテニスを初めてプロを目指すストーリーです。
単なるスポ根マンガやギフテッド系と違い、主人公が論理的に戦いバランスを崩壊させる才能も使わないので試合シーンも楽しめます。


何よりこの漫画は面白いというより、凄い。
こういう主人公が初心者から始まる作品って
・むちゃくちゃな才能、血統、身体能力、根性でゴリ押し
・インフレに追いつくため、ある時期にいきなり不自然な理由で急成長
・格上の敵が舐めプしたりアホ化
・成長が遅いわりに何故か勝ちまくる
・愛だの恋だの怒りだの取ってつけたような理由で覚醒してワンパン

こういうあまり良くない要素に抵触しがちなのですが、この漫画は全てをクリアしていてパワーバランスを上手く保っています。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-08-28 13:22:20] [修正:2013-08-28 13:22:20] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

破門されかけのヤクザが、少年野球で監督をして日本一を目指すというお話です。
主人公が全てを失い要領とハッタリで乗り切る部分がメインで、チーム作りを見るのが好きな人にとっては面白いかもしれません。
最初は血も涙も無い主人公ですが、子供達と関わる内に更正していくところも見所です。
実は主人公がイチロー松井並の野球の大天才
プロトップクラスのピッチャーがコーチ
何故か子供の1人が会ったばかりの素性知らない主人公に異常に味方する
暴力で調教された依存症のダメ女が大金貢ぎにくる

と、人望も金も無い主人公が這い上がるためものすごーく都合の良い追い風要素満載ですがそこが気にならなければ楽しめるのでは。

残念だったのが、試合が1試合しか無かったところ。しかも練習試合
チームもようやく作ってここから皆で修行するのかとおもいきや終了
ヤクザパートを3分の1にしてちゃんと試合やってくれた方が盛り上がったと思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-25 08:04:58] [修正:2013-08-25 08:04:58] [このレビューのURL]

人間によく似たグールという怪物と人間の争いを描いた作品
一言で言うなら現代版寄生獣です。
寄生獣との違いは、グールは人間しか食料にできないのでほとんどのグールは仕方なく人間を捕食したり、人間の死体を漁っているといった感じです

人間である主人公は強力なグールの臓器を移植されハーフになり、人間とグールの間で板挟みになり苦しみながら戦っていきます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-04-26 03:16:43] [修正:2013-04-26 03:16:43] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

ファイアーエムブレムを知らない人からすると、ふつーのファンタージ漫画。
知っている人からすると、絵の凄い上手い同人作品といった感じです。

ロイは活躍しますが、原作の仲間達は、ランス、セシリア、ニイメ、パーシバル、ギネヴィア、チャドのみややフォーカスされる程度で、後はほぼ触れられていません。
敵は、ゼフィール、マードック、ナーシェンが主に活躍します。
特にナーシェンはアドリブが効いていてストーリーを引き立てるのに一役買っています。

敵味方にオリキャラがかなりいますが、皆キャラはしっかりと立っています。

あえて苦言を呈すなら、主人公のアルが時代遅れのステレオタイプの主人公で、
理想論者でありながら後期になるにつれて仲間と血統補正が無ければインフレについていけなかったのが残念でした
異常に小物に書かれたナーシェン相手に覚醒しなかったらどうなってたかわからなかったですし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-15 09:11:48] [修正:2013-02-15 09:11:48] [このレビューのURL]

女性の身体に触っただけで、何の下着をつけているかわかり、最適な下着を算出でき、触られた女性は快感を憶えるという超能力を持った主人公と、会長秘書のラブコメ漫画。

最初はまあまあ面白かったけど、こう長続きされると暇潰しで惰性で見る漫画程度でしか無いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-28 17:28:35] [修正:2013-01-28 17:28:35] [このレビューのURL]

先日完結しました。
男性キャラの立て方はとても上手だったのですが、生徒の女性キャラは一部を除いて個性があまりなくて、名前が思い出せない人ばかりでした。

多くの驚異的な敵の生物が襲いかかり、キャラが死ぬ時はちゃんと死ぬので程よい緊張感があり、
謎解きパートもややゆっくりでしたが、しっかり書かれていました。

問題はラストの4週です。
オチはネタバレになるので言いません(気になるならエデンの檻 最終回で検索すればいくらでも出てくる)が、多くの謎と伏線を残してしまい、正直頭に?が浮かぶものでした。
正直、作者が投げたとしか思えない結果でしたので大幅に減点しました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-28 17:17:30] [修正:2013-01-28 17:17:30] [このレビューのURL]

これだけ前半と後半で違う漫画も珍しい
初期は本当にリアル系。とんでも必殺技も無しに堅実な戦いを見せるボクシング漫画で、後半は主人公と仲間が気合と超必殺技で、どんどん強くなる敵にほぼ全勝、というあまりにも有名なシステムを最初に取り入れた内容に。
妙な迫力があって後半も読めるが、さすがに3回も4回もトーナメントを見ればこの後の展開が子供でも容易に予測できてしまうので、終盤はパラパラ適当にめくってました。

個人的に当たり屋で顎以外無敵のやつとの試合がベストバウトでした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-28 17:07:56] [修正:2013-01-28 17:07:56] [このレビューのURL]

140巻辺りから勢いが盛り返してきた様な気がします。
一応100巻直撃世代なのですが、その時期のPC解説やらインターネットをわかりやすく説明したり、
両さんが金儲けしようとする際に色んな雑学、旬のネタを解説してくれたのは子供ながらに、毎週色々知れて嬉しかった思い出があります。
120巻辺りは女性キャラが太い態度でゴチャゴチャやってて微妙でしたが、一話完結にしては完成度が高すぎですし、それでも全巻読みたくなるほどこの作品はパワーに満ち溢れてます。

あと子供のこち亀わかんない、つまんない、という意見はわかりますが、100巻以前の世代だったいいオッサンが今は面白くない、と小学生向けの漫画にケチつけるのはそのヅラずれてますよ、的な。
正直20巻以前も別にそこまで面白くないし、1人の人間が180巻ある中の全部を面白いと思えるなんて事はほぼ有り得ないんだから、
つまんない部分を探してケチつけるより楽しかった時期のことだけ触れとけばいいかと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-28 16:59:05] [修正:2013-01-28 17:00:02] [このレビューのURL]

6点 DAN DOH!!

三部作に別れていて、第二部以降は超人ゴルフ漫画なので、第一部にのみ触れます。
ダンドーという天性の才能を持つ純粋な少年がゴルフと出会い、強くなりながら周囲の人間を変えていくストーリーです。
キャラクターの立て方もうまく、ダンドーの才能が開花する後編までとんでも
プレーに頼らなかったのは見事です。
ゴルフ漫画としては非常に面白いですが、この作品には重大な欠陥が1つあります。
ダンドーへの試練があまりにも厳しすぎる。
主人公は苦労させてなんぼですが、修行のやり方がエグすぎます。
周囲の人間がいい意味ではなく、悪い意味でイカれてる奴や、嫌な奴ばかり。
ゴルフマンガに主人公を邪魔する悪役や、反則野郎は確かに必要ですが、毎試合小悪党やどうしようもないクズ大人、クズギャラリーにイカサマ野郎、ダンドーが何らかのトラブルを抱えているのが当たり前で、見てて辛くなります。
成長ストーリーや困難にこだわりすぎて、ベストコンディション同士で強敵と競い合う、という少年漫画の一番大事な部分を蔑ろにしています。
それが見れたのは主人公の兄貴分の戦いと、終盤だけでした。
あと、ダンドーが休めと言われたのに、足ケガしてる状態で二日間徹夜でコース調べまわったのは凄いと言うよりドン引きしました。
主人公に感情移入できない場面が多かったのが残念です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-26 18:07:56] [修正:2013-01-26 18:07:56] [このレビューのURL]

8点 BECK

小市民でしかないコユキが、魑魅魍魎うろつくバンドや芸能界、外人勢、ネットスラングを使うなら「勝ち組DQNリア充」の世界で揉まれながら成長していく姿はとても素晴らしかった。
性格の悪い敵役、小物、極悪人は多くいたが、そんな彼らもコユキ達の音楽は認めていた点も良かった。
音楽を知らない人でも楽しめるので、オススメしたい一作。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-12-10 02:58:56] [修正:2011-12-10 02:58:56] [このレビューのURL]

<<前の10件
1234567