「parana」さんのページ

総レビュー数: 64レビュー(全て表示) 最終投稿: 2013年12月23日

赤ちゃんと僕で知られる羅川真里茂先生の短編集。
3作品が収録されているが、それぞれが80ページ以上あって読みごたえがある。

この短編集は、何の予備知識もなく読んで欲しいところなので
あまり語らないことにするが、
キーワードはズバリ
「罪」、「禁断」そして「優しさ」。

どの作品もまずキャラクター設定の良さが光り、
キャラクター設定の良さを殺すことなくストーリーが見事に展開していく。
3作品とも短編といいながらページ数がそれなりに多いのであるが、
ページ数以上にドラマが盛り込まれているように感じられる。
そしてどの作品も最後は心に優しくジーンと響く。

実力のあるマンガ家の短編集って、いいですね。
(泣ける度2★★☆☆☆)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-14 11:08:40] [修正:2015-03-14 11:08:40] [このレビューのURL]

神戸に移り住むことになった控えめで平凡な女子大生の
何気ない大学生活をエッセイ風に綴ったマンガ。

何のヤマもオチもないストーリーが多く雰囲気マンガの類であるが、
スクリーントーンを使わない柔らかな画風とマッチして
柔らかな雰囲気を醸し出し、
登場人物一人一人のキャラクターも良く出来ており
読み進めていくうちに不思議とその雰囲気に引き込まれていく。
舞台を神戸にしたのもよい。

柔らかな雰囲気のマンガながら
震災、人の死、障碍者、人種など重いテーマも扱っていて
柔らかな雰囲気が話があまり重くならないように中和してくれて
いい感じで心に響く。
1度読んでみて損はないマンガだ。
(泣ける度3★★★☆☆)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-07 09:29:09] [修正:2015-02-07 09:29:09] [このレビューのURL]

7点 砂時計

あまり恋愛系少女マンガには触手が伸びないのですが
泣ける作品と聞いて読んでみたところ、当たりでした。
大ゴマの使い方が上手で読みやすく、
ストーリーも適度に笑えるところがあり、
急展開も色々あって全10巻すんなり読めました。

下に落ちて貯まった砂→過去
今落下中の砂→現在
上に貯まっている砂→未来
のように過去、現在、未来を象徴する砂時計。
主人公にとって重要なアイテムである砂時計。
そんな砂時計を意識してか
主人公の年齢と季節が各話のタイトルに入り、
ストーリーが時系列に進んでいく。

主人公は母親の自殺という暗い影に包まれ、
ストーリーが進むにつれて暗い影が色濃くなっていくのですが
登場人物の心理描写が良く、程良くせつなくさせられました。

個人的には最終話の1話前が良かったです。
あと、番外編で単行本2冊も出さないでも…って思いました。
(泣ける度3★★★☆☆)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-06 21:48:11] [修正:2014-10-06 21:48:11] [このレビューのURL]

7点 Shoichi

伝説の裏プロ桜井章一氏をモデルにした麻雀マンガ。
運の要素が大きい麻雀において
「20年間無敗の男」というキャッチフレーズには
男のロマンを抱かざるをえない。

裏技を駆使して闘う治外法権麻雀で物語は一気に盛り上がりを見せ、阿佐田哲也の登場でその盛り上がりを保ち、裏プロ引退を胸に秘めた最終決戦で綺麗にストーリーが収まった良作。

麻雀の世界において、プロは確率(デジタル)を超えたところに存在すべきであり
、ショーイチはまさしくプロと言える存在であろう。
(ただ本作品はやはりマンガなので、実際の桜井氏の半生がどこまで誇張されて描かれているのか気になるところではある。)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-09-15 21:30:36] [修正:2014-09-15 21:30:36] [このレビューのURL]

事故をきっかけにオバケが見えるようになった少年
一路のハートフルコメディ。

腕白でやんちゃな主人公の一路は、
本当にダメな子なんだけどどこか憎めず、
オバケを成仏させるべく奮闘するのが痛快であり、
所々涙腺を刺激する。

一路以外の登場人物もそれぞれ味があって
カッコいい人、ヒロイン的なものがあまり出てこないが
悪ガキ一路を中心とした世界には逆にそれが良い。

2?3話で一つの物語が完結する形式になっており
番外編を含め全5巻という長さも非常に読みやすくGOOD。
(泣ける度3★★★☆☆)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-07-19 16:25:30] [修正:2014-07-19 16:25:30] [このレビューのURL]

7点 銀と金

ギャンブルマンガの大家、福本伸行の初期作品。
金やギャンブルに対する哲学や心理戦・頭脳戦での駆け引きなど
福本作品の面白さが十分に詰まっているし、
(「ざわざわ」というおなじみの心理描写も出てくる)
最近の福本作品と比べると、ストーリーの引き延ばしがなくテンポよく読み進められる。

古いマンガであるがそれほど古さを感じさせないし、
福本マンガを面白いと思ったことがある人ならぜひ一度は読んでおくべき作品だ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-06-21 15:32:50] [修正:2014-06-26 23:52:40] [このレビューのURL]

手塚治虫の後期作品で硬派なサスペンス作。
アドルフ・ヒトラーの出生の秘密が記された書面を巡って
点々と描かれたストーリーが一つの線に繋がって行く様は圧巻。
ストーリーは複雑ながら綺麗にまとまっており、読む者を夢中にさせる。
手塚先生のストーリーセンスを称賛せざるを得ない。

ただ、ページの都合か、ヒトラー死後のストーリーが大分端折られているのが残念。
最低限、カミルがパレスチナに行き様変わりした経緯は描写して欲しかった。
また、できればランプvs峠の最終決戦が読みたかった。
ストーリーの端折りさえなければ、確実にもっと高得点の評価を付けたことだろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-24 11:53:54] [修正:2014-05-24 11:53:54] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

泣けるマンガという聞いて読んでみました。
読み始めは「アッシュが英二をなぜそこまで気にかけるんだろう、動機がうすいな」という感じで、読み進めていくうちに「なんだBL物か…」、「コマ割りが単調で重要なシーンなのにコマ割りをもっと上手く使えば…」と惜しい気持がありました。
でも、最後まで読んだときには、心に残るものがあって「読んでよかった」と思えた作品でした。

最後のアッシュあての英二の手紙には、「友情」とか「愛情(BL)」とかを超えたもの、「魂の解放」が描かれていたように思います。
図書館でつっぷしているアッシュを寝ていると勘違いして図書館の女性が起こそうとしたものの、アッシュの幸せそうな顔をみて起こさなかったシーンは、最高でした。
エンディングについては、読者にもっとこうして欲しかったって色々と思わせながらも、マンガとして一番美しい終わり方をしていると思います。
(泣ける度4★★★★☆)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-12-23 10:45:00] [修正:2014-05-17 10:19:44] [このレビューのURL]

麻雀技術には定評のある片山氏による麻雀レクチャーマンガ。
雀歴が浅い人が麻雀を上手くなるために知っておくべきことの宝庫であり
初級?中級者にはマジお勧め。

マンガの方も、女流麻雀プロは客寄せパンダという現状を踏まえ、
女流麻雀プロという世界をたくさんの個性のあるキャラを活躍させて描いている。
特に主人公のミーコとその師匠の波溜は非常に魅力的だし、脇役の鯣プロでさえ味がある。
ストーリーの完結の仕方も良かった。

ただ、麻雀レクチャーマンガである都合上、
個性のあるキャラの打ち筋の絡み合った激しい闘牌はなく、
闘牌がかなりあっさりしている。

色々と個性のあるキャラがいただけに、もっと濃い闘牌シーンも読みたかった。
そういうわけで、麻雀上級者には片山氏の作品でも「ノーマーク爆牌党」をお勧めします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-13 20:14:50] [修正:2014-05-13 20:14:50] [このレビューのURL]

魔界の王様を決める戦いに巻き込まれ、
「やさしい王さまになる」ことを目指して闘うガッシュのひた向きさと、
仲間同士の必死に協力しあう姿が心に響いてくる、少年漫画のまさしく王道を行く作品。

途中、バトルの内容がワンパターンになりややダレたり
不要なところでギャグに走ったりするところもあったが、
ストーリーが進むにつれて仲間が増え、そして消えていき、
ガッシュのひた向きさと仲間同士の必死に協力しあう気持ちは
ストーリー終盤に向うにつれてどんどんと強くなり
最後には泣けるほど気持ちのいいものに昇華されていった。
そしてエピローグまでバッチリの完璧な終わり方。

泣ける作品と聞いて読んだのですが、終盤は泣けて読後に心地良い余韻もありました。
(泣ける度5★★★★★)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-03 11:04:26] [修正:2014-05-03 11:04:26] [このレビューのURL]

<<前の10件
12